秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

公開日: : 最終更新日:2018/06/02 ファッション, ミニマルライフ

tramando コーデ

週末、出かけようとして突然の気温低下に悩む。

なんだなんだ、急に寒くなっちゃって、寂しいじゃないか。

さてこの秋、逃してはならないアイテムは、コーディネートはどれだっけ?と、ターゲットを並べて再確認してみる。

今の時期を逃すと登場させる機会がないアイテムというものが少なからずあるのです。

秋しかできないコーディネートを逃さない

161210knit

思った以上に寒かった日はオーバーサイズのニットにストレートデニム、足元はチェルシーブーツ、アクセントにストールというシンプルなコーデをセレクトしました。

関連 40代でドクターマーチンは本当にイタい。

シンプルに、といいつつ、ストールはアメコミ風プリントだし、鞄もスタッズだらけのパンクなデザインなので全然ナチュラル系ではないのですが、あまりにすっきり美しくまとめるよりこれくらいアホらしさがあるほうが好きなのです。

ざっくりしたニットは真冬ももちろん着回したいアイテム。でも、アウターなしでこれ一枚で外を歩ける期間って短いし、室内はエアコンがききまくっている真冬には少々使い勝手が悪かったりもする。

袖がないので寒い時期には意外に出番のないファーベスト、見た目ほどは暖かくないので真冬には使えないスヌードも、今この季節を逃したら残念、また来年、となってしまうので、忘れず重点的に使うこととしましょう。

とか思ってたら翌日はえらく暑くなったので秋は悩ましい。

相変わらず手持ちアイテムフル稼働な秋ファッション計画ですが、そろそろ入れ替え時期が来ているものもある。残念ながら、よく使うものほど劣化は激しく一生ものにはなり得ない。「その時」を見誤ることなきようにしたいものです。

出したいところは遠慮せずに出せばいい

ファーベストコーデ

以前はトップスもボトムスもピタッとしたタイトなシルエットのものばかり好んで着ていたけれど、近頃はラインは曖昧にしたい欲が強くなり、オーバーサイズのニットとか、ワイドデニムあたりを多用しております。あまりズルズルと野暮ったくならないバランスを心がけてはいますが、気分はダルダル。

関連 ワイドデニムの秋 カジュアルを手抜きにしない方法。

これ、ある程度の年齢になったら体のラインがハッキリとわかるようなアイテムは避けたいよね、というのではなく。いや、それも多少はあるし、日々街を眺めていて作り上げられた気分であるらしく、トレンドにも十分左右されているわけだけど、あくまで個人的な「気分」。何も全中年女性が共有すべき認識ではなく、単に自分が今求めているバランスがゆるめである、というだけです。

くどいな。

つまり、個人的にはいくつになっても出せるところは出したほうがいいと思うのですよ。足のキレイな人はガツンと膝下見せてパンプス履いたらそれだけでバランスよくなるのだから、隠すのは勿体ない。私が足に自身あったら、絶対に出しまくります。毎日スカートですよ。マダム的迫力コーデを謳歌しますよ。

もちろん、出すならば肌問題とか毛問題とかそれなりのメンテナンスが必至であり、その詰めが甘いとあらあら出さなきゃよかったのになんてことにもなりがちですが、出すからこそ気合が入って常に手入れが行き届く、ってこともありますからね。家に人を招き入れる頻度を上げれば部屋が片付く方式と同じ。

そして、おばさんのミニスカートは迷惑論は実はあるあるじゃない説も。「説」って自分が言ってるだけですけども。

関連 おばさんのミニスカートは迷惑論。

要するに、ババンと見せつけるのが今の自分に心地よいスタイルならば、気分ならば、ガンガン見せたらいいよねえ、と。もちろんパンツ見えちゃうほどはやりすぎだし、あれもこれも出しまくったならば職質待ったなし。しかしキレイな足を見せつける程度の行為になんの問題がありましょうか。

ミニマリストの持たない暮らし

現時点で足はおろか、特にアピールしたいポイントが見つからない私はこの秋も得意の痛いおばさんファッションを謳歌することにいたします。あっちゅう間に寒くなるもんね。秋は、今この瞬間だけ。

 




関連記事

By: Maegan Tintari

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

By: Sam Churchill[/caption] へええ、と思ったのですが。 参

記事を読む

ギョサン デニム

ギョサンの季節になりました。

By: Basheer Tome[/caption] さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

記事を読む

shinbashi_5

もう働きたくないんです。

完結していない長編漫画を読み続けるのが苦手です。 30巻くらいまで出ていて、今なお連載

記事を読む

shinjukusta

久しぶりのヒール、流行らないブーツ。

先日、久しぶりにヒールを履きました。ヒールといっても華奢なパンプスの類ではなく、ヒールありの

記事を読む

By: Frédérique Voisin-Demery

減らす日々終了、荷物は2割減ったのか。

By: Frédérique Voisin-Demery[/caption] 引き続き月初の

記事を読む

By: Sergio  Pescaico

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

By: Freya Spargo

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

ipod_code1

Facebookアプリをアンインストール。

いつのまにかprime readingなるものが始まっているではないか。 以前旅のお供

記事を読む

doma2

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

trash

モノを減らす最適な方法、引越し10日間で捨てたモノたち。

40過ぎてわざわざシェアハウスに入居した理由のひとつが「モノを減らしたい」からであると書きま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

トルティージャの献立
トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日

shinbashi_7
忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまい

ねぎ卵丼献立
玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

1812_kinugawa_23
ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑