秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

公開日: : 最終更新日:2018/06/02 ファッション, ミニマルライフ

tramando コーデ

週末、出かけようとして突然の気温低下に悩む。

なんだなんだ、急に寒くなっちゃって、寂しいじゃないか。

さてこの秋、逃してはならないアイテムは、コーディネートはどれだっけ?と、ターゲットを並べて再確認してみる。

今の時期を逃すと登場させる機会がないアイテムというものが少なからずあるのです。

秋しかできないコーディネートを逃さない

161210knit

思った以上に寒かった日はオーバーサイズのニットにストレートデニム、足元はチェルシーブーツ、アクセントにストールというシンプルなコーデをセレクトしました。

関連 40代でドクターマーチンは本当にイタい。

シンプルに、といいつつ、ストールはアメコミ風プリントだし、鞄もスタッズだらけのパンクなデザインなので全然ナチュラル系ではないのですが、あまりにすっきり美しくまとめるよりこれくらいアホらしさがあるほうが好きなのです。

ざっくりしたニットは真冬ももちろん着回したいアイテム。でも、アウターなしでこれ一枚で外を歩ける期間って短いし、室内はエアコンがききまくっている真冬には少々使い勝手が悪かったりもする。

袖がないので寒い時期には意外に出番のないファーベスト、見た目ほどは暖かくないので真冬には使えないスヌードも、今この季節を逃したら残念、また来年、となってしまうので、忘れず重点的に使うこととしましょう。

とか思ってたら翌日はえらく暑くなったので秋は悩ましい。

相変わらず手持ちアイテムフル稼働な秋ファッション計画ですが、そろそろ入れ替え時期が来ているものもある。残念ながら、よく使うものほど劣化は激しく一生ものにはなり得ない。「その時」を見誤ることなきようにしたいものです。

出したいところは遠慮せずに出せばいい

ファーベストコーデ

以前はトップスもボトムスもピタッとしたタイトなシルエットのものばかり好んで着ていたけれど、近頃はラインは曖昧にしたい欲が強くなり、オーバーサイズのニットとか、ワイドデニムあたりを多用しております。あまりズルズルと野暮ったくならないバランスを心がけてはいますが、気分はダルダル。

関連 ワイドデニムの秋 カジュアルを手抜きにしない方法。

これ、ある程度の年齢になったら体のラインがハッキリとわかるようなアイテムは避けたいよね、というのではなく。いや、それも多少はあるし、日々街を眺めていて作り上げられた気分であるらしく、トレンドにも十分左右されているわけだけど、あくまで個人的な「気分」。何も全中年女性が共有すべき認識ではなく、単に自分が今求めているバランスがゆるめである、というだけです。

くどいな。

つまり、個人的にはいくつになっても出せるところは出したほうがいいと思うのですよ。足のキレイな人はガツンと膝下見せてパンプス履いたらそれだけでバランスよくなるのだから、隠すのは勿体ない。私が足に自身あったら、絶対に出しまくります。毎日スカートですよ。マダム的迫力コーデを謳歌しますよ。

もちろん、出すならば肌問題とか毛問題とかそれなりのメンテナンスが必至であり、その詰めが甘いとあらあら出さなきゃよかったのになんてことにもなりがちですが、出すからこそ気合が入って常に手入れが行き届く、ってこともありますからね。家に人を招き入れる頻度を上げれば部屋が片付く方式と同じ。

そして、おばさんのミニスカートは迷惑論は実はあるあるじゃない説も。「説」って自分が言ってるだけですけども。

関連 おばさんのミニスカートは迷惑論。

要するに、ババンと見せつけるのが今の自分に心地よいスタイルならば、気分ならば、ガンガン見せたらいいよねえ、と。もちろんパンツ見えちゃうほどはやりすぎだし、あれもこれも出しまくったならば職質待ったなし。しかしキレイな足を見せつける程度の行為になんの問題がありましょうか。

ミニマリストの持たない暮らし

現時点で足はおろか、特にアピールしたいポイントが見つからない私はこの秋も得意の痛いおばさんファッションを謳歌することにいたします。あっちゅう間に寒くなるもんね。秋は、今この瞬間だけ。

 




関連記事

収納のない部屋用にストレージボックスを買ってみた。

先日から検討していた収納問題について、ようやく一歩前進しそうです。 >>参

記事を読む

持ち物の中で、一番大きなものは何 ?

現在、私の持ち物の総数は一般家庭の平均的な数には遠く及ばないかもしれませんが、洋服や鞄、靴な

記事を読む

旅支度より面倒になったこと。

旅に出たがるくせに、荷造りは苦手。そう言い続けてきたけれど、旅の荷物を極力減らせるようになっ

記事を読む

自動更新のお知らせ、ちょっと意味がわからない。

早いもので、契約期間満了しました。 WiMAX2+ギガ放題プランにてMX03へ機種変更

記事を読む

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

By: DQmountaingirl[/caption] 40代くらいになると女性がみなこぞ

記事を読む

まだ足りない、もっと欲しい、と思うもの。

By: Nicolas Vigier[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記録し

記事を読む

持たない暮らし、友達と一緒に買い物に行ったらどうする?

By: David Evers[/caption] 自分は必要なものしか買いたくないが、友達と一

記事を読む

ミニマリストのキッチン

70代ミニマリスト主婦の夏 ’17 。

70代ミニマリスト主婦の暮らしぶりについて、帰省の度に観察し続けています。 関連 70

記事を読む

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅の荷物について考えています。 また旅行かよ!といい加減言われそうですが。 関連 旅人への道。

記事を読む

Facebookアプリをアンインストール。

いつのまにかprime readingなるものが始まっているではないか。 以前旅のお供

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑