両国 麦酒倶楽部ポパイでクラフトビールに迷う 東京散歩・墨田区

公開日: : 一人飲み, 東京散歩

sumida_54

墨田区散歩の続きです。

関連 江戸東京博物館はゆっくり見たい 東京散歩・墨田区

思いの外内容が濃かった江戸東京博物館を中抜けしなければいけなかった理由はただ一つ、酒を呑むため。

15:00の開店と同時に潜り込まないと待つ羽目になるだろうなと踏んでいたのですが、やはり予感は的中しました。

麦酒倶楽部ポパイでオーサマセット

sumida_57

向かった先は江戸東京博物館から徒歩5分程の位置にあるビアバー・麦酒倶楽部ポパイ。平日は17時オープンですが土曜・祝日は15時からやっているので早くからソワソワと時間を気にしていたというわけです。
ビールが美味しい季節だし、おそらく開店時間から結構入るだろうなあとは思っていたのですが、現実は予想以上。私が開店直後にカウンター席について1杯目を口にする頃には店内ほぼ満席でした。

まだ15時ですよ?3時、オヤツの時間なのに。まあ、酒飲みにとってはビールもオヤツみたいなものでしょうか。

sumida_99

カウンター席はタップがずらりのいい眺め。びっちり書き込まれたメニューを読んでいるだけでも退屈しません。

ところでこちらにはメニュー表に王冠マークがついているビールをオーダーすると1杯につきハーフサイズのおつまみ1品が無料でついてくる20時まで限定のサービス「オーサマセット」なるものが存在します。オーサマってなんじゃらほいですが、サイトを見ると「おつかれさまセット」の略のようで。つまりはハッピーアワー的なアレですね。

ベアードビールライジングサンペールエール

さてどこから行こうかと散々悩んだ挙句1杯目はベアードビールライジングサンペールエールをセレクト。ふわっと香りよく爽快な飲み心地ににっこり、夏はやっぱりビールよね。手前はつきだしのハムサラダ。

sumida_98

ライジングサンのオーサマセットにてソーセージとザワークラウトをつけてもらいました。

「とりあえず生ね!」

みたいな感じで冷えたビールを一気に飲み干す居酒屋的ノリも確実に楽しいのだけど、ここはまずビールの種類が多過ぎて「とりあえず」では選べないし、それぞれの個性に応じたグラスにきちんと注がれたベストな状態で味わえるのが醍醐味。とりあえず、じゃなくて、1杯1杯真摯に向き合いましょう、という気にさせられます。

ビール単体でもみっちりと楽しめるのだから、ハーフサイズとはいえ1杯に1品のつまみが付くなんてこれまた十分過ぎる。逆に言えばこの一皿をアテに3杯くらいは余裕で呑めるんじゃないだろうか。

魚沼ライスヴァイツェン

暑さにかまけて1杯目はついつい一気にいってしまってすぐに2杯目の魚沼ライスヴァイツェン。これ、ものすごく個性的な香りがしてずっとくんくん嗅いでしまったのだけどなんだろう。ヴァイツェン特有のフルーティーな香りとはちょっと違ったのだけど、米の風味からくるものなのかしら?

sumida_100

1杯に1品だと余っちゃうくらいだよね、とかいいつつまたオーサマセットにて豆腐カプレーゼをチョイス。やっぱり1品はあっさりサラダっぽいものも食べたいじゃないか。

と、2杯目のビールとしかと向き合っているとビール談義に花を咲かせるグループの様子が耳にイン。

「んー、これは好き、モロIPAって感じだよ」
「トップに酵母がくる感じは悪くないけど、冷たいうちが勝負かなあ」
「こっちはややイースティー過ぎる、◯◯でこなだ飲んだ××に近いね」

と、ビールを飲まない人が聞いたらなんじゃそりゃの大評論会。喧々諤々の様を遠巻きに聞きながら江戸東京博物館でのお江戸クイズバトルをぼんやりと思い出す。いやはや、何事にもマニアは存在するもので。なんか羨ましいぞ。

なんて考えているとカウンターの密度が徐々に増して行き、立ち飲みじゃないのにダークダックス状態待ったなし。ずらりと並んだタップの間を軽やかに行き交うスタッフさんをじろじろ見ながらビールを味わえるカウンター席は特等席、なんだけど、あまりにお隣さんとの密度が高くなっちゃうとこの時期は何かと大変ですね。

sumida_102

ダークメンバーとなるもめげずに3杯目のスワンレイクアンバーエール。1,2杯目とは打って変わってガツンとくる苦さが心地良し。

sumida_103

そしてやっぱりまだ食べる。ビールにポテトフライ、いいよね。ハーフサイズじゃないと一人でポテトフライなんてオーダーできないもんね。しかもここのポテトフライはしっかりホクホクみっちり美味くて尚嬉しい。選べるおつまみはこの他ピザとか生ハムなんていうシンプルなものばかりなんだけれど、ちょこちょこあれこれ食べたい一人飲みにオーサマセットはとてもありがたいシステム。他の料理メニューもビールに合いそうで魅力的ではあるのだけれど、一人だとついついオーサマ頼りになってしまうというものです。

ビール談義には参加せず一人で静かに飲んでいる人でもかなりゆっくりと味わっておられるのもここが所謂グビグビプハー系の店とは違うところ。が、一人酒では長居しない主義の私は3杯目にて離脱、ダーク卒業。メンバーズカードを華麗に提示しお会計を済ませ店を後にしたのでした。

そう、ものすごーく久しぶりに来たけれど、私だってれっきとした会員なんですよ。幽霊会員ですな。

sumida_55

3杯飲んでもまだ外は明るくテラス席も満席。ああ、カウンターもいいけど外も気持ちいいかもね。と、久しぶりのポパイを満喫して再び江戸東京博物館に舞い戻ったのでした。

==============
麦酒倶楽部POPEYE
東京都墨田区両国2-18-7
TEL 03-3633-2120
==============

sumida_89

最近は家飲みが楽しすぎてどうも一人外飲み不精になってる感があるけど、こんな風に外でしか呑めない酒ってあるからねえ。ラクさ優先してサボってないで酒場にもちょくちょく出向こう、と改めて誓いつつ両国駅へ向かう。

sumida_91

sumida_92

sumida_96

sumida_95

あれ、電車乗っちゃった。帰りは日も落ちて多少涼しくなってるだろうから今度こそ秋葉原まで歩こうと思ってたのにうっかり両国駅から乗っちゃった。

「東京散歩」なのに全然散歩をしないで博物館行って酒呑んで帰る、というただのお出かけになってしまった墨田区散歩。まあこういうパターンもありだよねと自己弁護しつつ気付けば残りわずか4区。

さあ、終盤はどう攻めて行きましょうか。
散歩に不向きな夏だしね。

 




関連記事

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

今日から年末年始休暇の方が多いでしょうか。 年内にやろうと決めていたことを実行するため

記事を読む

東京散歩。近場の旅でも旅は旅。

旅が好きです。 海外もいいけど、日本国内でまだ行ったことのない場所もあるなあ、というこ

記事を読む

石鍋商店で出会う東京のくず餅 東京散歩・北区。

飛鳥山公園の紫陽花散策、続きです。 東京散歩と言えば、出先で酒を飲むのがお約束になって

記事を読む

生まれも育ちも葛飾柴又。東京散歩・葛飾区

近場であっても旅は旅。 ということで改めて東京を巡ることを思いつき。 参考 東京散歩。近場の

記事を読む

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

珍しくスーツを着なくちゃいけない仕事があり、これまた珍しく黒のラウンドトゥパンプスなぞを引っ

記事を読む

ほとんど埼玉?成増駅を歩く 東京散歩・板橋区。

近くの旅でも旅は旅。 ということで東京23区内を改めて練り歩くお遊びを細々と続けており

記事を読む

70’S原宿カルチャーを代官山で。東京散歩・渋谷区

近場の旅でも旅は旅。 ということで改めて東京都内をしっかり「歩く」お遊びを続けています

記事を読む

荻窪 川勢で鰻串焼き一通りと熱燗を。東京散歩・杉並区

杉並散歩も終盤です。 紅葉を楽しんだ後は荻窪駅へ。 関連 大田黒公園で少し遅めの

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

大はし

酒を飲まない1週間 もう酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない。

抜歯のせいでなんと1週間も酒が飲めませんでした。 関連 食べない生活 お腹ぶよぶよ大作

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    東京散歩、区編も残り4区ですか。
    コンプリートされたら市編決行を楽しみにしてます 笑

    調布の深大寺蕎麦、府中のときわ納豆、八王子ラーメン
    青梅の澤乃井酒蔵etc…
    話題はかなりあります。

    色んなブロガーさんが記事にしてますが、
    果たしてcrispyさんならどう料理するのかな?、と。

    ドリフ世代の筈なので、東村山も…w

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      >果たしてcrispyさんならどう料理するのかな?

      いやいやいや、ハードル上げないでください〜。

      東村山はその昔一瞬だけ降り立ったことがあるのですが、おぅ、ここが…というなんとも言えない気分になりました。地方出身者あるあるです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑