キレイなおばあさんは好きですか。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

NY地下鉄の乗り方

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょう。

1931年NY生まれの86歳、カルメン・デロリフィチェ。15歳でVOGUEの表紙を飾っておりモデル歴はなんと70年以上。
いやーすごい。トレードマークの白髪も見事に美しい。

関連 白髪を染めないという選択肢。

やっぱり外国人か、という感じで、日本人がこの雰囲気を狙うのはかなりハードル高いけれど、とにかくかっこいい白髪のお手本のような人ですね。




キレイなおばあさんは好きですか

彼女の美しさは持って生まれた資質が大きく、さらにスーパーモデルとしての経験と実績で長年蓄積されたがゆえの作品であって、当然ながら普通の人が真似できるものではない。

だからびっくりするほどキレイ。なんだけど、おばあちゃんだなとも思う。いやいや若く見えるでしょ下手したら60代とか?と思えばまあそうかもしれないけど、それでもちゃんとおばあちゃん然としている。

がっつりフォトショ入れた広告写真は別として、映像でみれば顔はシワだらけだし、完全なる白髪。それがまたカッコイイんだけど、若く見せることに執着しすぎる不自然さがないというか、ちゃんとした老人でもあるなと思う。

40代、50代くらいでちょこっとキレイな女性に対してはいうてもおばさんでしょ?という意地悪な意見がチラホラ飛び交いがちですが、80代の女性にここまで圧倒的なパワーを見せつけられるともうぐうの音も出ませんわね。

キレイなおばあさん、好きです。

触りたくなる手

ところで現在歯の治療中であります。

関連 歯の治療は地獄の苦しみ。

歯石除去だけでギャーギャーうるさいヘタレ患者なりに頑張っているのですが、先日ふと目に入った先生の指先の美しさに息を飲みました。

なんかね、しっとりしている。水分を十分含んでいるであろう様子が見ただけでハッキリわかり、そっと握りたくなるような瑞々しさ。いや、当然握ったりなんかしませんよ?握りませんけど、うっかりそういう行動に出てしまいそうな美しい手だったのです。

やはり手を使うお仕事だから丁寧なケアをしておられるのでしょうか。それとも天然の美しさなのでしょうか。

そういえば昔、美容系を専門に活動しているライターの友人と飲んでいる時

「私はねえ、顔だけじゃなくて手も相当気合い入れて手入れしてるからね。手はホントに自信あんのよ。これ絶対触りたくなる手だからね?」

とかなんとか言い出して、そこまで言うならちょっくら拝見。とばかりに触ってみると、それはそれは驚くばかりにもちもちぴちぴちの手で、うわあああ何これめっちゃ気持ちいいんですけど!と大騒ぎしながらみんなで触り倒したという思い出があります。

酔っ払った一人の女をこれまた酔っ払った複数の男女が触りまくる(手だけだけど)、深夜2時の地獄絵図。しかし酔っていたとはいえ、彼女の手のやわらかさはその後仲間内でも語り草となったほど。ずっと手荒れがひどくガサガサな手と付き合っていた私は心底憧れたのでした。

友人は職業柄あらゆるコスメを駆使してハンドケアにも余念がなかった、はず。先生はどうだろうか。エイジングケアができるハンドクリームとなるとサンパーのファースト ハンド クリームがメジャーアイテムだけど、やはり先生もこの辺りを使っておられるのだろうか。今度聞いてみよう。

ご自慢ポイントのある後半を遊ぶ

ny_dt_21

カルメン・デロリフィチェから話があちこち飛んでしまいました。

80過ぎてなおある種完璧な美を維持し続けるのは容易なことではないし、そもそも普通の人が目指すところでもない。

10代、20代、まだ見ぬ無限の可能性にドキドキしながら果敢に攻めていく頃を過ぎても、美しさとか強さとかなんらかの技術とか知識とか技とか一発芸とかなんでもいいから、ここだけは人様に自信を持ってお見せできます的な何かを極める。という目標があると人生後半戦もそれなりに愉快なものにできるのではないかと思うのです。

当然こんなものは80過ぎた時限定の話じゃなくて、人生のどの段階でもあったほうがいいに決まっているのだけど、今の自分には何にもありません、って場合もある。私だってこれといって自信のあるパーツなんてないし、誰もが爆笑間違いなしのかくし芸もできないばかりか、スベリ芸すら持ち合わせていない。強いていうなら爪が硬い、くらいか。しかし果たしてこれで一体どういう芸ができるのかわからない。

ミニマリストの持たない暮らし

そこそこ長く生きてきたけど、何ひとつ形にできかなったなあ。などと運が良ければあと数十年あるらしい人生をくよくよ生きるも一つの道。そして後半になるまで何もできなかったからこそご自慢ポイントになり得るものを見つけて、伸ばしてみるか。などというゆるいお遊びに興じるもまた一つのやり方。

関連 毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

お?これならちょっとだけできるかも!
などとしょうもないことに熱中していて、ふと気がつけば今生が終了していましたよ。なんてのもそう悪くはないかもね。

 






関連記事

moalboal_2016_42

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

shoppingbag

この夏いちばん大きな買い物。

この夏、もっとも大きな買い物をしました。 夏どころか、現時点では2017年度でも上位入

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

By: Mainstream

白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

By: farhad sadykov[/caption] いやいやいや。 それじゃなく

記事を読む

knit17

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

moalboal-restaurant_12

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

休肝日、胃をカラにして考えた。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。 休肝日設定開始当初はずっと休肝及び休胃日

記事を読む

By: hans van den berg

コンタクトが目の中で無くなる不思議と恐怖。

By: hans van den berg[/caption] 以前はメガネを使用することが

記事を読む

Taipeidog

変化に気づく大切さ お腹ぶよぶよ大作戦。

願ってもいないのに、どんどん膨張してゆく腹回りの肉。 関連 おなかぶよぶよ大作戦。

記事を読む

By: Daniel Oines

白髪を染めたくはないけれど、気になる髪色。

By: Daniel Oines[/caption] 白髪が増えたような気がします。 気の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

osaka_shinsekai_15
コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買

鶏もも肉塩焼き献立
鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。 と、張り切

arakawa28
自分大好きな人、自己肯定感の育て方。

友人がお子さんの幼稚園の順番待ち真っ最中だという。 なん

ota_64
夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立
ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくな

→もっと見る

PAGE TOP ↑