キレイなおばあさんは好きですか。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

NY地下鉄の乗り方

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょう。

1931年NY生まれの86歳、カルメン・デロリフィチェ。15歳でVOGUEの表紙を飾っておりモデル歴はなんと70年以上。
いやーすごい。トレードマークの白髪も見事に美しい。

関連 白髪を染めないという選択肢。

やっぱり外国人か、という感じで、日本人がこの雰囲気を狙うのはかなりハードル高いけれど、とにかくかっこいい白髪のお手本のような人ですね。

キレイなおばあさんは好きですか

彼女の美しさは持って生まれた資質が大きく、さらにスーパーモデルとしての経験と実績で長年蓄積されたがゆえの作品であって、当然ながら普通の人が真似できるものではない。

だからびっくりするほどキレイ。なんだけど、おばあちゃんだなとも思う。いやいや若く見えるでしょ下手したら60代とか?と思えばまあそうかもしれないけど、それでもちゃんとおばあちゃん然としている。

がっつりフォトショ入れた広告写真は別として、映像でみれば顔はシワだらけだし、完全なる白髪。それがまたカッコイイんだけど、若く見せることに執着しすぎる不自然さがないというか、ちゃんとした老人でもあるなと思う。

40代、50代くらいでちょこっとキレイな女性に対してはいうてもおばさんでしょ?という意地悪な意見がチラホラ飛び交いがちですが、80代の女性にここまで圧倒的なパワーを見せつけられるともうぐうの音も出ませんわね。

キレイなおばあさん、好きです。

触りたくなる手

ところで現在歯の治療中であります。

関連 歯の治療は地獄の苦しみ。

歯石除去だけでギャーギャーうるさいヘタレ患者なりに頑張っているのですが、先日ふと目に入った先生の指先の美しさに息を飲みました。

なんかね、しっとりしている。水分を十分含んでいるであろう様子が見ただけでハッキリわかり、そっと握りたくなるような瑞々しさ。いや、当然握ったりなんかしませんよ?握りませんけど、うっかりそういう行動に出てしまいそうな美しい手だったのです。

やはり手を使うお仕事だから丁寧なケアをしておられるのでしょうか。それとも天然の美しさなのでしょうか。

そういえば昔、美容系を専門に活動しているライターの友人と飲んでいる時

「私はねえ、顔だけじゃなくて手も相当気合い入れて手入れしてるからね。手はホントに自信あんのよ。これ絶対触りたくなる手だからね?」

とかなんとか言い出して、そこまで言うならちょっくら拝見。とばかりに触ってみると、それはそれは驚くばかりにもちもちぴちぴちの手で、うわあああ何これめっちゃ気持ちいいんですけど!と大騒ぎしながらみんなで触り倒したという思い出があります。

酔っ払った一人の女をこれまた酔っ払った複数の男女が触りまくる(手だけだけど)、深夜2時の地獄絵図。しかし酔っていたとはいえ、彼女の手のやわらかさはその後仲間内でも語り草となったほど。ずっと手荒れがひどくガサガサな手と付き合っていた私は心底憧れたのでした。

友人は職業柄あらゆるコスメを駆使してハンドケアにも余念がなかった、はず。先生はどうだろうか。エイジングケアができるハンドクリームとなるとサンパーのファースト ハンド クリームがメジャーアイテムだけど、やはり先生もこの辺りを使っておられるのだろうか。今度聞いてみよう。

ご自慢ポイントのある後半を遊ぶ

ny_dt_21

カルメン・デロリフィチェから話があちこち飛んでしまいました。

80過ぎてなおある種完璧な美を維持し続けるのは容易なことではないし、そもそも普通の人が目指すところでもない。

10代、20代、まだ見ぬ無限の可能性にドキドキしながら果敢に攻めていく頃を過ぎても、美しさとか強さとかなんらかの技術とか知識とか技とか一発芸とかなんでもいいから、ここだけは人様に自信を持ってお見せできます的な何かを極める。という目標があると人生後半戦もそれなりに愉快なものにできるのではないかと思うのです。

当然こんなものは80過ぎた時限定の話じゃなくて、人生のどの段階でもあったほうがいいに決まっているのだけど、今の自分には何にもありません、って場合もある。私だってこれといって自信のあるパーツなんてないし、誰もが爆笑間違いなしのかくし芸もできないばかりか、スベリ芸すら持ち合わせていない。強いていうなら爪が硬い、くらいか。しかし果たしてこれで一体どういう芸ができるのかわからない。

ミニマリストの持たない暮らし

そこそこ長く生きてきたけど、何ひとつ形にできかなったなあ。などと運が良ければあと数十年あるらしい人生をくよくよ生きるも一つの道。そして後半になるまで何もできなかったからこそご自慢ポイントになり得るものを見つけて、伸ばしてみるか。などというゆるいお遊びに興じるもまた一つのやり方。

関連 毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

お?これならちょっとだけできるかも!
などとしょうもないことに熱中していて、ふと気がつけば今生が終了していましたよ。なんてのもそう悪くはないかもね。

 




関連記事

ほうれい線改善 舌回しストレッチが泣くほど辛い。

以前に比べてスキンケアにかけるアイテム数も時間もコストもかなり減りましたが、肌の調子はいいで

記事を読む

迷惑をかけない老後を送るために、一番大切なこと。

By: Christian Scheja[/caption] 「おひとりさまの老後」「家族に迷惑

記事を読む

40代がきちんとメイクしてもどこかしっくりこない、その原因。

By: RustyClark (hottnfunkyradio.com)[/caption]

記事を読む

パドルブラシ

湯シャン生活9ヶ月。一度もシャンプーしたことがない髪。

By: Dennis Wong[/caption] シャンプーを使わなくなってから9ヶ月が経

記事を読む

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

何かを捨てる、手放す時のパターンにはいくつかあって。 これはもう役目を終えたな、などと

記事を読む

幼少の頃から刷り込まれた不具合の知識。

すっかりレギュラーコンテンツの座を確保している、定期歯科検診ネタ。今年は1月、5月、8月に検

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰。

相変わらず、眠りが浅いです。 迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。 現在絶

記事を読む

方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「安室ちゃん行ってきたー、最後に

記事を読む

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

手湿疹ケア1ヶ月
手指消毒で手がツラい。

ひどい手湿疹が再発してしまい、うなだれています。薄れゆく記憶

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだ

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

→もっと見る

PAGE TOP ↑