携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

公開日: : 最終更新日:2020/05/21 生き方と考え方

「携帯嫌だ、持ちたくないって人ってさ、予期せず誰かにインターホン鳴らされるのも苦手とか言うよね」

小上がりのテーブルに運ばれてきたもつ焼きをかじりながら友人が言いました。

おお、わかってるねえ。というか、私と似た意見の人が他にもいるんだ。

関連 携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

そうそう、そうなのよ、と、おしんこをつつきながら私は頷く。

携帯が嫌なのか電話が苦手なのか単に相手がダメなのか

「でもさあ、例えばラブラブ(死語)の彼氏が予告なく家に来てピンポンしてくれたらそれは嬉しいわけだろ?結局、セールスとかに対応するのが面倒ってだけで、突然の来訪とか携帯云々の問題じゃないんだよ」

友人の意見はこう続きました。

「いや、どっちもだめだろう」

「?」

「仮にだ。合鍵を渡すほどの親密な関係だったとしても、一緒に住んでるわけでもないのに突然ピンポン鳴らして『きちゃった』は怖すぎるでしょう」

「え?」

「え?」

なんかいろいろと噛み合っていないのはお互い相当呑んでいたから、だけではありません。この後友人のいやいやその感覚はおかしいだろう『きちゃった』を女性は喜ぶはずだという逆襲が始まったのですが、結局この会話がどこに着地したかは失念。

楽しい夜でした。

さてこの酔っ払いの雑談に正解などありません。そして彼も私も間違ってはいない。ただ『きちゃった』に対する考え方が異なるというだけのことです。

この場合はただの世間話だし、単なる見解の相違であるとお互い理解して話しているのでこれが原因で

「おまえとは気が合わない、もう絶交だ!」

みたいなことにはなりようがありません。が、ちょっと状況が違えばただ1点の議論において互いを理解できないがために相手を丸ごと拒否してしまうようなもったいないことも起こり得ます。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

もったいない。
パクチーが嫌いでもタイ料理は美味しく食べられることに気づかずタイを避けて生きていくくらいのもったいなさであります。

関連 パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

いや、この話に直接パクチーは関係ないんだけど、パクチーが嫌いだからといってタイそのものを遠ざける必要はないわけで。

平凡な人間の非凡な人生

多くの人がそうであるように、私も自分自身を平凡な人物であると認識しています。あまり真っ当な人生を歩んではこなかったとはいえ、特別な才能もなく、目立った特徴も持たず、背丈も体格もそこそこの標準値。歌も踊りもできなければマニア層に大受けするニッチな趣味もありません。

しかし「平凡」だからといって自分の考え方が世間一般の標準値であると思い込むのは大いなる勘違いで、ましてや正解でなんてあるはずもなく。別に

「私ってちょっと人とは違うから〜」

なんて変わり者アピールする必要はないけれど、普通な自分の考えが世間の標準値ではない、という認識は持っておいたほうがいいだろうとは思うのです。そうじゃないと自分と異なる感覚をぶつけられる毎に

「普通はそうじゃないでしょう?」

なんて自分の中での常識をまるで世界標準であるがごとく相手を非難したり、ああ私のまわりは常識のないおかしな人ばかり、なんて不要なストレスを抱え込むことになってしまいそうだから。

関連 ストレスを力に変える教科書 その思い込みは何のため?

あなたはあなた、私は私。お互い好きなように生きてきましょう。

かなり大人になってからようやくこの考えが腑に落ちて対人関係はそこそこ楽にはなりました。とはいえ年を取ったからといって悟りを開いたわけでも何かを諦めたわけでもないのでまだまだ障害にはぶつかるけれど、つまらないことでいちいち喧嘩したりはしません。

だって、喧嘩嫌いなんだもの。殴るのも殴られるのも痛いし別におもしろくないからね。




関連記事

大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背

記事を読む

迷惑をかけない老後を送るために、一番大切なこと。

By: Christian Scheja[/caption] 「おひとりさまの老後」「家族に迷惑

記事を読む

開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃないですか。もしくは「男女兼用」

記事を読む

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、

記事を読む

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

毎日ブログを書き続ける人のブログ論。

奥さん、2月です。 毎月月初は先月のブログ振り返り記事を書いています。 ブログ運営記

記事を読む

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

あなたの考えを1,000文字以内で述べなさい。

By: Leo Hidalgo[/caption] 昨日書いた記事、一晩寝かせてタイトルだけ

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑