つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

公開日: : 最終更新日:2017/03/23 ミニマルライフ, 生き方と考え方

ものをあまり持たず、買わず、当然趣味のコレクションもしない。取り立てて変わったことにもチャレンジせず、刺激も求めず、淡々と日々が過ぎていく。

シンプルに生きるとか、持たない暮らしとか、なんかいっちょまえのポリシーがあるような雰囲気醸し出してるけど、実際何にもない人生なんてただただつまらないだけだよね。

お前が言うなではありますが、それも一つの意見としてなんとなくわかるのです。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

以前こんなことも書いていたし。



つまらない暮らしの物悲しさ

ところで

「つまらない」

とはなんぞや。

1 おもしろくない。興味をひかない。「―◦ない映画」
2 とりあげる価値がない。大したものではない。「―◦ないものですが、お収めください」
3 意味がない。ばかげている。「―◦ないうわさ話で時間をつぶす」
4 それだけのかいがない。ひきあわない。「ここでやめたらそれこそ―◦ない」(goo辞書

生き方や暮らし方に対して使われる「つまらない」は、おもしろくない、興味をひかないに当てはまるでしょうか。つまらないの対義語が楽しいとか面白いであることを考えるとなんだか随分物悲しいですね。

つまらないとか退屈だと感じるのはなぜか。そんな答えの出ないことをぐちぐち考えるのが好きなので以前もこのテーマで書いています。

関連 毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

だからでしょうか、結構多いんですよ

「人生 つまらない」
「持たない暮らし つまらない」

などのキーワードで検索してたどり着く方が。

私自身モノはたくさん持ってはいないけれど退屈とかつまらないなんて考えている余裕がないもので、人生をつまらないと感じている(かもしれない)人が意外に多いことに驚いてしまうのです。シンプルライフがつまらない、というキーワードで検索するのはモノが少ない暮らしに興味を持って試してはみたけど合わなかったか、そもそもの考え方が理解できないゆえなのか、果たしてどちらなのかはわからないけれど。

誰にでもあるつまらない時期

思うに、自分の人生をつまらないと感じる人は結構な能力をお持ちなのではないでしょうか。なんというか、アクティブというかアグレッシブというか、基本的に活動的なタイプであり有能であるからこそ何もしていない時間が少しでもあると不安になってしまう。

関連 短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

ボーッとしてるタイプの人間からすればとにかく生産性の高い行動をとっていないと不安になる働き者タイプの人はなんだか眩しくて羨ましいのですが、当の本人は日々襲い来る退屈やつまらなさと戦っておられるのでしょうか。それはそれで確かに疲れそうだけれど、きっとそういう人はつまらないと口に出す前に何か刺激となる対象を見つけて素早く行動するのでしょう。よって、つまらないと日々思い悩む人はまた別のタイプなのかもしれません。

さて、人生には誰もがつまらないと感じる時期が少なからずあるはずです。
周りの人間のやることなすことみんなくらだなく見えて、こいつら何も考えてないんじゃないかとすら思ってしまう思春期なんて代表的なつまらない時期。ここでこじらせるといろいろヤバイですよね。まあ斜に構えてこその中二病であり、至極真っ当な成長の仕方とも言えるのですが。

そしてもう少し大人になり社会のあれこれを知ると逆に自分の無力さやつまらなさに苛まれたりもする。見えるものを見えると言えないことが多すぎたり、誰も彼も利口に思えて今日も眠れなかったりするアレですね。

そんなこんな清濁併せ呑んでみな成長していくわけですが、それを単に「大人になった」で終わらせてしまうのは少々乱暴な話。年を取ったら自動的になんでもかんでも納得できるようになるわけじゃないもんね。

つまらない暮らしの犯人は誰だ

だが、しかし。だがしかしですよ。

人生の舵取りとか暮らしの組み立て方に関しては大人に圧倒的なアドバンテージがあるのは揺るぎない事実。子供時代は自らの生活や行動に責任がなく気楽だけれどやりたいことを自分の力で自由にはできない。もちろん子供時代ならではの自由や楽しさもあるけれど、大人になってからのほうがつまらなさ排除は俄然捗ります。つまるもつまらないも、自分でどうにかできるもの。

モノが多いも少ないも買うも買わないも大いに主観に左右されること、よって明確な定義なんてない。物質的欲求を追い求める人生はつまらない、とか、シンプルライフはつまらない、とか好みの暮らしは数々あれど、それぞれ自分に合う生き方を見つけて実践すればいいだけのことです。
なんてそんなにサクッと実践できたなら誰も苦労しませんが、理想の実現が難しいからこそ日々挑戦を続けるのであり、その過程でつまらないなんて感じる暇はない気がするのですがどうでしょう。もしかしたら人生イージーモード過ぎてつまらない、のでしょうか。それはそれですごく羨ましい。私にも幾許かのイージーをわけてください。

とても怖い話だけど、つまらないのは環境とか状況とか仕事とか家庭とかモノが溢れた暮らしとかシンプルライフなんかじゃなくて、自分自身の思考そのものなのかもしれません。平凡な毎日ではつまらないと感じる活動的な潜在能力があるのにそれをただ持て余しているのはあまりにももったいない。

そういや私のような引きこもり寸前のコミュニケーション下手な人間ほど空想癖が強く退屈しにくいのだ、と「内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」に書いてありました。そうかも。じゃあやっぱり退屈を感じるのってむしろいいことのような気がしませんか。

ミニマリストの持たない暮らし

と、ここまで書いてふと気付いたのですが、もしかしたら「つまらない」のキーワードで検索され読まれているのは私の書いてることがつまらないからという可能性も無きにしもあらず。つまらない人間の書くブログはつまらないとはこれまた真理。日々精進であります。

 




関連記事

bottles.min

今日捨てたもの 8/29 使わない香水の処分方法。

毎日何かひとつを捨てるルールを設定している今月。 残すところあと2日となりました。

記事を読む

By: See-ming Lee

酒に強い、弱いは体質による 都道府県別酒豪型遺伝子出現率。

By: The British Library[/caption] 先日SNSでこんな記事が

記事を読む

By: Emily May

今日捨てたもの 最低限の調理器具。

By: Emily May[/caption] 食べるのも呑むのも大好きなので基本的に外食好

記事を読む

By: Timothy Vollmer

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

gyosan

夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

先日下着を入れている引き出しをあけてみたら、いつのまにか靴下が一足だけになっていました。

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

narita1512233

荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

記事を読む

By: Andy Arthur

リサイクルショップに持ち込んで叱られた話。

By: Kitty Terwolbeck[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記

記事を読む

whiteliving.min

収納のない部屋用にストレージボックスを買ってみた。

先日から検討していた収納問題について、ようやく一歩前進しそうです。 >>参

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Kaohsiung_lunchbox_4
徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目に

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒
高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全

ipod_code2
物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め
たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め、ちぢみほうれん草とえのきのゆずびたし献立。

本日2/14はバレンタインデーですね。 バレンタインは製

daikanyama35
あなたの仕事は、なぜ終わらないのか。

40も半ばを過ぎているので、20代の頃と同じような動き方は、も

→もっと見る

PAGE TOP ↑