秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さんまのしょうが蒸し献立

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。

今年は豊漁という耳寄りなニュースがあった途端に北が揺れ、さすがに難しいのかしらと思いきや、秋刀魚を取り巻く環境は徐々に整ってきつつあるようで。

確かに、つやつやとしたそれが、程よい価格で店頭に並んでいる。

誠にありがとうございます。

秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立

秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立

  • しめじと三つ葉の味噌汁
  • ぬか漬け
  • キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え
  • 秋刀魚のしょうが蒸し

しめじと三つ葉の味噌汁

しめじと三つ葉の味噌汁

しめじと三つ葉がたっぷり入った味噌汁。出汁はしめじと昆布のダブル出汁です。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなす、大根皮、にんじんの3種盛り。

キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え

キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え

こちらは先日の残りものにわさびを加えただけ。

秋刀魚のしょうが蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し

秋刀魚は頭とお腹を取りよく洗い、塩を振ってしばらくおき、出てきた水分を拭き取り筒型に切ります。フライパンに秋刀魚を並べ、薄切りのしょうがをのせ、酒をまわしかけて蓋をして蒸し煮に。秋刀魚に火が入ってふっくらしたところでうつわに盛り、大根おろしとレモンを添えます。

外ではもう食べたけど、家では今年初登場の秋刀魚。焼くより煮るより最もお手軽な酒蒸しにていったのですが、ちょっと腑に落ちない点があります。酒蒸しの秋刀魚とひや酒。大好物の組み合わせではありますが、あと一歩なのです。

日本酒にあうおつまみ

この日の秋刀魚、そこそこ大きくて、かなりお安かったのです。アラいいですね、と早速ひっつかんだのはいいけれど、おいおいすだちがないじゃないかすだちが。秋刀魚にはすだちでしょうに、なぜ売っていないのだ。

今季初ものとなれば、そりゃすだちをぎゅっといきたい。すだちがないならまた別日にするか、と怯みはするも、気持ちは既に秋刀魚一色。不本意ながら、代替のレモンにて決着したのでした。

いや、レモンも好きよ。美味しいよ。でも、すだちが欲しかった。そういう意味でのあと一歩。

秋刀魚を使ったレシピ

まあまだ慌てるような時間じゃない。そのうちすだちも添えましょう、そして煮ましょう、焼きましょう。確認してみると昨年はシーズン中に6尾を摂取しておりました。さて、今年は何尾いけるかな?

 




関連記事

家飲み献立 9/14 ビールか、ワインか?アンチョビポテト。

今日は朝からアンチョビを食べると決めていました。 って、昨日と同じパターンですが、なんでし

記事を読む

焼きネギ、紅芯大根のはちみつ甘酢漬け

白和え、焼きネギ、紅芯大根のはちみつ酢漬けで晩酌。

晩酌は毎日のことなので、残りものや余り食材をスライドさせて翌日に消費するなんてのは日常茶飯事

記事を読む

晩酌 おつまみ

1人暮らしの家飲みメニュー オクラ豆腐、青梗菜のオイル蒸し。

豚とか鶏とか肉料理の割合が多い我が家の家飲み献立。 肉好きだから、ということもあるので

記事を読む

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。 デリバリーを利用するなんて、

記事を読む

1人暮らしの家飲みおつまみ

ゴーヤと卵の炒め物、キャベツの煮浸し。

9月ですね、秋ですね。 といいつつマイペースに夏野菜を食べ続ける次第です。 もう

記事を読む

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。 まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だし、冷凍できるのも当然といえば

記事を読む

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

普段は手に取らない食材も積極的に試しましょう。などと言っておきながらこの体たらく。 メ

記事を読む

晩酌献立5品

わさび菜とツナの和え物、かぼちゃの塩煮。

休肝+休胃明けの夜。 休肝日って週に2日くらい設定したほうがいいらしいので、さてこれからど

記事を読む

キャベツの味噌汁 ぬか漬け 砂肝ポン酢漬け きのこのホイル蒸し

きのこのホイル蒸し、砂肝ポン酢漬け献立。

きのこって1種類を焼いたり煮たりもいいけれど、いろんな種類を混ぜて料理すると格段に旨くなりま

記事を読む

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑