9月 捨てたものリストと買ったもの ’15

公開日: : 最終更新日:2019/06/21 ミニマルライフ, 捨てる

1ヶ月間に捨てたものと買ったものを振り返るのは月の初めの儀式です。

参考 これまでに捨てたものリストと買ったもの

と言っても、捨てたものに関してはそろそろさほど大きな動きはありません。それでも買ったものを記録しておくのは後々役に立ちそうな気がしています。

何しろ、無駄に物持ちがいいのが長所であり欠点でもある私。自分の感覚に頼るのではなく購入時期から鑑みて自動的に捨てる時期を算出する、といった方法を用いたほうがよいモノもあるのでは、と考えています。

自分で時期を見極められないとは、あまり格好のいい話ではないけれど。

 

9月 1ヶ月で捨てたものリスト

150927lg

150930lg

9月に買ったもの

  • 靴下

古くなって捨てたものと入れ替えに新しい靴下を購入しました。
まあ「買った」といってもほぼ消耗品ですが、冷え性対策のあったか靴下を処分した代わりに5本指ソックスを投入。

 

これからの時期活躍してくれるとよいなあと期待しています。頼むよー。

 

買い物と同じくらい楽しいこと

もともと買い物が大好きな人間ですが、最近買い物と同じくらい楽しめていることがあります。

それは、今すでに持っているものをいかにより使うかを考えること。主に洋服に関してその傾向が強まりつつあります。

参考 秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

昔はちょっと着るものに困ったらあるものを生かすコーディネイトを深く考えずにとりあえず新しい服を買って凌いでいました。

その結果、一度着ただけでお蔵入りになるアイテムも少なくはなく。

まあ買い物自体が楽しかったことは否めませんが、これ以上無意味に服の数だけ増やしてもその分センスが磨かれるわけではないとわかった今。これからは新しい洋服を買い漁るのではなく、より自分にあったファッションを探求する方向に向かっていくのだと思います。

モノを持たずに身軽に暮らす

未来のことはわからないので、もしかしたらまた買い漁る日々が来るのかもしれないけれど。
いや、多分来ないかな。

 




関連記事

ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額、買取相場はおいくら?

By: Joe Shlabotnik[/caption] この秋冬ファッションのメインテーマ

記事を読む

片付け上手と整理下手、その特性を比較する。

By: tommerton2010[/caption] シンプルで物を持たない暮らしを実践し

記事を読む

苦しみながら捨てても意味がない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

Amazonのあわせ買い検索方法とお得に買い物する方法。

By: Stephen Woods[/caption] 先日生活用品があれこれ切れたのでAm

記事を読む

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結局何も買わずに終わる。それが私

記事を読む

ホーム画面の謎。

By: raneko[/caption] ずっと不思議に思っていることがあります。 そ

記事を読む

ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

服を少しづつ減らしている近頃ですが、古くなったから、痛んでしまったからといった事情以外での私

記事を読む

ミニマリストのキッチン

80代ミニマリスト主婦の変化。

ミニマリスト主婦シリーズ、2021です。ミニマリスト主婦の記録今年は例のアレがアレなもので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑