荷物を持たない都会のホテル暮らし。

公開日: : 最終更新日:2018/04/19 ミニマルライフ

NY ホテルエジソン ツインルーム

引っ越したという知人の話をよくよく聞いてみると、現在はホテルを拠点として生活していると言う。

同じ部屋に長年住んでいたとしても、ホテルの一室は「住まい」とは全く異なる空間。日常でありながら旅の途中のような非日常が続く、なんだか不思議な感覚。

いいなあ、憧れのホテル暮らし。

などとうっかり淀川長治的なそれを思い浮かべてしまう私ですが、本人はそんな優雅なもんじゃないから、と笑うのでした。

都会のホテル暮らしの現状

taipei_hotel_15

彼女は仕事の都合で数ヶ月から1年単位で勤務地が変わる生活をもう長く続けています。

これまではその都度引っ越しを繰り返してきたけれど一般賃貸を細かく出入りするのは面倒だしコストもかかる。ならば入居も転居もしやすいシェアハウスはどうだろう。いや、いっそのこと長期滞在できるゲストハウスがいいのでは、といろいろなスタイルを模索した結果、現在の自分にいちばん心地よい方法がホテル住まいだった、とのこと。

ホテル暮らしといっても憧れのラグジュアリーホテルのスイートルームで悠々自適の生活、というものではなく、簡素で機能的、なおかつ経済的なホテルをいくつか抑えておいて、仕事や用途に合わせて使い分けているそうで。

それでも家賃に代わる宿泊費は月20万円程度かかるので、単身者の住居費としてはそこそこのコスト。都内で暮らすにしても定住したほうが幾分安くつくし、住民票の問題などもあるけれど、それでも今はこの生活を続けたいと言います。

その理由は健康問題であったり、自身なりに考える定住のリスクであったり。現在体調にいくつかの問題を抱える知人にとって、思い立ったらすぐに住まいを移動できる生活は一見忙しないようで、非常に安らげるものなのだとか。

へえー、いいなあ、楽しそう。確かに今のあなたならそういう選択もありだよね。という私に対して、そんなの落ち着かないじゃん、絶対嫌!という別の友人。住まいに求めるものは人それぞれ、といったところでしょうか。

ホテル暮らし、荷物はどうする

room mate laura hotel_6

そして気になる荷物の保管に関しては、トランクルームを利用しているそう。ここ数年移動の多い生活をしていたこともあって、大型の荷物はほとんどなく、毎日必要な身の回りのものは移動時にバックパックに十分詰め込める程度の量だと悟ったのだとか。確かに、こういう生活ならトランクルームが便利でしょう。

関連 トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

他にも何人か中長期でホテル暮らしをしている知人がいますが、彼らはいろんなホテルを転々とするのではなく、ホテルのレジデンス棟に中長期居住しているといったスタイル。

関連 セブ島のホテル暮らしで実践する持たない生活。

東京にもこういうスタイルの住まいはいくつかありますね。

参考 ホテルに暮らす(ホテル&レジデンス六本木)

移動型ホテル暮らしも、定住型ホテル暮らしも、いずれも自分で空間にがっつり手を入れるようなことはできないので、自分好みの部屋で住まいたい、ゆっくり空間を育てて行きたいと考える人には不向きでしょう。

「いつかは夢のマイホーム」が万人の当たり前ではなくなり、多様な働き方、暮らし方を選択できる今。賃貸住宅を取り巻く環境も変化し、一風変わったスタイルで暮らす世帯がもっと増える、のか。

ミニマリストの持たない暮らし

そんなことを考えつつ昔なされた不動産未来予想などを読んでいるとバックトゥザフューチャー的混乱に陥るのでした。あの頃の未来が今ここにある不思議。

 




関連記事

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

By: Grannies Kitchen

旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。

By: Grannies Kitchen[/caption] 旅の荷物を減らしたい、そして好

記事を読む

suginami_35

ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

マドンナへのご質問を頂戴いたしました。 70代ミニマリスト主婦のファッション。

記事を読む

note16

2017年のスケジュール帳はどうする。

あああすっきりした。 昨日時間の使い方云々と書いた矢先ではありますが。 関連 デ

記事を読む

checkup.min

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

140830lg2

今日捨てたもの 8/30 妙な「思い込み」を発見する。

毎日何かひとつを捨てるこの試み。 いよいよゴール間近となりました。 読み物として

記事を読む

By: Güldem Üstün

欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

旅先で何か素敵な出会いがあればケチらず迷わず手に入れます、と言っていた先月。 関連 旅

記事を読む

suma1608_25

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

aomonoyokocho15

非常時の備え、普段使いをスライドする。

住環境に恵まれていることもあり、普段から食材のストックはほとんど持たずに生活しています。

記事を読む

bedroom

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

トルティージャの献立
トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日

shinbashi_7
忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまい

ねぎ卵丼献立
玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

1812_kinugawa_23
ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑