理想的な第二の使い道。

公開日: : 最終更新日:2019/04/11 ミニマルライフ

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

変なところが母に似たのか、冷蔵庫の中に食材がたくさんあるとストレスを感じます。

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

一人暮らしで平日はほぼ自炊、つくりおきもしないので、食材の回転率はいい。というか、数日以内に食べきれるものしか買わないし、置かないことが殆どです。

当然、冷蔵庫の生身が把握しきれずカオスな状態になり、臭う。などというトラブルとはほぼ無縁なのですが、先日珍しくやってしまいました。

出がらしに頼ってみる

新玉ねぎのオニオンスライス

新玉ねぎをスライスして山盛り食べるのが好きでして。

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

季節がきたのでさっそくボウルに山盛りにしてむしゃむしゃやっていたのですが、訳あってその皿を冷蔵庫に入れていたら、大変なことになってしまいました。庫内がまんま玉ねぎといった趣の、余りに力強い香り。

数日経てばすぐ取れるだろうと思ってたけど、全然取れない。さすが玉ねぎ、アリシンアリシン。

アリシン解消の為だけにわざわざ脱臭剤を導入するのはイヤ。だったので、なんとなくコーヒーの出がらしを入れて一晩おいたところ、見事に玉ねぎ臭が消えておりました。すごいなコーヒー。

理想的な第二の使い道

ボダム

普段自宅でコーヒーを飲む時は、フレンチプレスを使っています。

フレンチプレスコーヒーメーカーを久しぶりに使う。

当然ながら、日々フレッシュな出がらしが製造される。

まだこんなにいい香りするのにお役御免なんだな、もう1回戦えないかな、と思いつつ捨てていたものの、コーヒー出がらし脱臭って結構メジャーな手法ですよね。そういや昔、灰皿にコーヒーの出がらし入れている喫茶店とかあったなあ。近頃はカフェも完全分煙or禁煙なので、見かける機会はなくなったけど。

調べてみると、ドリップした後のコーヒー粉を一旦乾燥させて脱臭剤として使うのが一般的だそうな。無精者の私は乾かさずに冷蔵庫に放り込んで一晩で取り除いてしまったけど、乾かして常駐脱臭剤として第二の人生というか粉生を歩んで貰えばいいのか。まあ、冷蔵庫は滅多なことでは臭わないので、使うなら靴箱とかかしら。

生活感溢れるパッケージが苦手なのでキムコとか買うのやだなあと思っていたので、救われました。

生活感のない部屋を作る方法とその効果。

あれ、今キムコってまだある?と思ったら、全然ありました。いかにも効きそうなパッケージだね、キムコ。あ、パッケージは使用前に剥がすから、生活感云々の心配いらないのか。でも、コーヒーで事足りる。

メインのお役目を終えた出がらしが、次なる使い道を獲得して、再び役に立っている。

限りなく出がらしに近い私だってこう、まだ何かしら別の使い道があるのではないかしらと、なんとなく遠い目になっています。




関連記事

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

臭くないバブーシュ

1年で捨てる、早いか遅いか。

検証結果、1年でした。 ルームシューズの寿命、臭い。 1年でダメになるって早くな

記事を読む

小さい折り畳み傘

傘がない。

梅雨真っ只中なのに、傘がない。 ビニール傘を最後に使ったのはいつだったか。 以前

記事を読む

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

もう働きたくないんです。

完結していない長編漫画を読み続けるのが苦手です。 30巻くらいまで出ていて、今なお連載中で、数

記事を読む

2016年、買ってよかったものベスト3。

月初といえば毎度お馴染み定期ポスト、なのですが。 関連 これまでに捨てたものリストと買

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

持たない暮らしの年末大掃除 ’17 いろいろ捨てる。

だらだら持ち続けていた大物をようやく捨てました。 関連 使わないもののゆくえ、捨てられ

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、わけぎのナンプラー和え献立。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人暮らしなので、さほど多くは持ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑