さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鯖と新玉ねぎのサラダ

新玉ねぎが並び始めましたね。

日の出時間が早まったり、上着を変えたくなったり、花の香りがしたり。季節の移り変わりを感じる瞬間は多々あれど、八百屋の店先というのもなかなかダイレクトな季節感でそそります。

新玉ねぎといえば、鯖缶。

幾度となく食べているこのつまみで、2019春初めての新玉ねぎを楽しもうではないですか。

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたしで晩酌

鯖と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立

  • 白菜の酒粕味噌汁
  • かくや漬け
  • セロリのおひたし
  • 鯖と新玉ねぎのサラダ

白菜の酒粕味噌汁

白菜の酒粕味噌汁

最近すっかり定番化している酒粕味噌汁。いりこ出汁でざく切りにした白菜をとろりと煮て、酒粕と味噌を溶き入れたら完成。吸い口にはゆずの皮を。

かくや漬け

かくや漬け

漬かりすぎて酸っぱくなったぬか漬けを刻み、ごま、大葉、しょうが汁で和えたもの。ぬか漬けの内訳はにんじん、大根皮、白菜など。

セロリのおひたし

セロリのおひたし

筋を取って斜め薄切りにしたセロリをさっとゆで、薄味の出汁しょうゆにひたして鰹節をのせたもの。

さばと新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ

薄切りにして水にさらした玉ねぎと鯖水煮缶をうつわに盛り、千切りの大葉をのせ黒七味を振ります。

このままでもよし、レモンなどの柑橘をぎゅっと絞ってもよし、ポン酢やしょうゆをちょろりとかけてもよし。味付けは鯖缶の塩分具合と相談しましょう。そして純米酒を添えましょう。本日は新玉ねぎにあわせて春らしく、ひやでいきますよ。

日本酒にあうおつまみレシピ

冒頭でも書きましたが、これは新玉ねぎを楽しむつまみ。さば缶メインと見せかけて、全てを牛耳っているのは新玉ねぎだったのだ。と、食べ始めると気付きます。言うなれば梅干しと白飯の関係性。白飯が進む梅干し、新玉ねぎが進むさば缶、関係性はよく似ています。

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

ところでさば缶ってまた流行っているのでしょうか。スーパーの缶詰コーナーで、さば缶人気品薄ご容赦云々といったPOPを見かけました。

数年前から頻繁に巻き起こっている気がするさば缶ムーブメント。もはや定番人気食材の仲間入りを果たした、のですかね。健康やらダイエットやらの効果は別としても、普通に旨いもんね。

味噌味とかしょうゆ味とかカレー味とか、さば缶にもいろいろあるけれど、何せこの食べ方が好きな私は、毎度飽きもせず水煮一択であります。

血管を強くする「水煮缶」健康生活




関連記事

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場をそわそわ

記事を読む

れんこんチーズ焼き

れんこんチーズ焼き、梅えのき納豆献立。

元ネタは、フライパンで焼くチーズトーストです。 食パンをれんこんに変えても似たような焼

記事を読む

此君純米無濾過生原酒

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒で晩酌 鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

鳥取にやってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 今回は初訪問の酒屋にて

記事を読む

飲める献立 9/5 焼き厚揚げ、鶏皮とザーサイの和え物。

週末ですね。 今週の東京はいまいちすっきりしない天気が続いていたので、久しぶりに暑くカ

記事を読む

鯛のかぶと煮献立

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立。

習慣で日々の晩酌献立を撮影し、ちまちまと記録し続けております。 暮らしの定点観測のすす

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、揚げなすの味噌汁献立。

毎晩食事と一緒に酒を飲むもので、飲酒を考慮した妙な献立が多いですが、基本は地味なものが好きで

記事を読む

笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

いやー、笑った。 笑いました。 先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわり

記事を読む

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油っぽくて濃い味の中華料理とか、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑