70代ミニマリスト主婦のキッチン。

公開日: : 最終更新日:2019/07/14 ミニマルライフ

kobe_18aw

お正月は帰省して両親宅で過ごすと決めているので2016年もいつもと同じような年明けを迎えました。

「いつもと同じように」

ってのがこれまたありがたいことなんですけども。

私と家族との付き合いは超ドライなので普段めったなことでは電話なんてしないし、両親はメールもしないし、会うのは年に1度、正月のみ。よって、毎回1年ぶりのご対面となるわけですが、ここ数年は帰省する度にちょっと緊張するんですよね。

70代ミニマリスト主婦の台所

緊張する理由は、変化が見えるのが怖いから。

両親はすでに70代半ばですがおかげさまで夫婦二人穏やかに過ごしています。
モノはあればあるほどいい、タダで貰えるものなら使い道がわからないものでもなんでも貰う!という典型的昭和気質の父とモノを持たずにすっきり暮らしたい派の母の間で時折意見の食い違いは見られるものの、比較的すっきりと暮らしているほう。

おまけに2人とも綺麗好きで几帳面なため、同世代の友人たちが度々頭を悩ませている

「散らかった親の家を片付けたい」

という問題とは無縁です。

関連 帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

それでも、いや、だからこそ、1年ぶりに見る両親の家の様子に変化があることを恐れてしまうのです。あれだけ綺麗に部屋を整えて暮らしていた2人の家がもしも散らかっていたら、彼らに何かしらの変化が起きている証拠だから。

が、1年ぶりに見た家の中は相変わらずで一安心。

それでは70代ミニマリスト主婦の台所をご覧ください。

ミニマリストのキッチン

自分の部屋の写真は一切公開しないくせに親の家を晒す鬼娘crispy-lifeです、こんにちは。ちなみに両親はこのブログのことを知りません。

なんとなく写真撮ってみたけど、ホント何にもないなあ。

ここで毎日毎食きちんと料理はしてるんですけどね、モノを出しっぱなしにするのが嫌いなようです。

そして今回の帰省で私にはミッションがありました。

関連 実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

とにかくモノを持ちたい派の父の反対に合うかなあと予想していたのですがそんなことはなく、無事ミッションコンプリート。一家総出のお片づけ作業はなかなか楽しいレクリエーションでありました。

「ミニマリスト」は既に死語となりにけり

ところで鬼娘ことわたくし、去年世間を騒がせた言葉に実は少々怯えていました。

関連 老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

ずっと自営業だった父と専業主婦の母の年金受給額は一般的なそれよりも遥かに少なく、既にリタイヤしているので収入は他になく、蓄えや財産の類は一切持たず、頼れる親族もいない。って、私や兄弟はいますけども。それなりに頼りになるとは思いますけども。

テレビさえあればそれで幸せ、ワイドショー大好きお気楽主婦の母が貧困老人に関するあれこれを知らないはずがありません。悲観的な母が自分のことを言われているのだと思って落ち込みやしないだろうか、などと少々気になっていたのです。

が、全くの杞憂でした。
ああー、下流老人?とかいうんでしょ?酷いネーミングよねえ、あれってウチのことかしら〜、ないならないで楽しくやってけるけどねえ、うふふふ、とのこと。

そうだった。母はもう以前のように愚痴ばかりで悲観的なヒステリック主婦ではないのでした。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

よかった。
完全に余計な御世話でした。

その話題に続いて母は

「最近は身の回りの品を厳選して少ないモノだけで暮らす人のことをナントカっていうらしいよ」

とも言っていたっけ。繰り返しますが母はこのブログの存在を知りません。ていうか、あなたもミニマリスト気質だよ。

ミニマリストの持たない暮らし

しかしあれだ、カタカナに弱いうちの母でさえ知っているとは流行語大賞恐るべしですね。そしてミニマリストという言葉は既に変に消費され尽くしてもう死語になりつつあるということですね。いいか悪いかわからないけども、昨今の「流行」ってそんなもんでしょう。

トレンドを追求しまくったファッションやメイクを取り入れれば取り入れる程洋服の消費サイクルが早まって行き、昔の写真を見るのが恐ろしくなっていくのと同様、「流行り」と定義された言葉は耳にするのがなんだか気恥ずかしくなっていくもの。

それでも多くのモノを持たない暮らし自体は一過性のブームではなくひとつのライフスタイル、考え方として定着しているし、今後も続いていくのでしょう。モノを持たずに身軽に生きていきたい、なんて、別に昨日今日始まった新しいやり方でもないしね。





関連記事

CheQinn Bangkok Chic Hostel

思い出の品を使い切る。

今回の旅に持参したものの中には既に処分していても不思議ではないものがいくつか含まれています。

記事を読む

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

40代、なんだか今までの服が似合わなくなった。 この問題と同時に出てくるのが 「40

記事を読む

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

暖かいは正義ですな。 関連 もう、おしゃれを諦める。 おしゃれを諦めて、暖をとる

記事を読む

新機能を求めて買い物しない。

スマホなし生活はギリギリ回避したものの、二代目iPodはすでに発注済みでした。 スマー

記事を読む

ボダム

理想的な第二の使い道。

変なところが母に似たのか、冷蔵庫の中に食材がたくさんあるとストレスを感じます。 70代

記事を読む

今日捨てたもの 8/13 どこのか、何のかわからない鍵。

今月は毎日何か1つづつ手放すと決め、日々実行しています。 1つ。 といっても厳密

記事を読む

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

目玉焼き丼

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

一人暮らしの料理について、以前調味料に関する「最低限の調味料8つ!これだけあれば十分自炊できる。

記事を読む

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑