鯛あらと豆腐のしょうが蒸し、紅芯大根サラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し

本日は景気良くお頭つきの鯛、じゃなくて、お頭だけいただきます。

「あら」や「かま」に弱い体質は、未だ健在です。

まぐろの尾の身ステーキ、白菜のサラダ献立。

魚屋やスーパーの鮮魚売り場では、切り身やサク界隈よりもむしろあらコーナーを重点的に攻めてしまいます。あらは入手するのも食するのも、トレジャーハンティング的たのしさがありますね。

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し、紅芯大根サラダで晩酌

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し、紅芯大根サラダ献立

  • 小松菜と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 紅芯大根のサラダ
  • 鯛あらと豆腐のしょうが蒸し

小松菜と油揚げの味噌汁

小松菜と油揚げの味噌汁

いりこ出汁に小松菜と油揚げの組み合わせ。もしかするとここ数ヶ月の登場頻度ダントツNO1の味噌汁かもしれない。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは黄色にんじんとかぶ。

紅芯大根のサラダ

紅芯大根のサラダ

薄く切って水にさらした紅芯大根をうまみオイル、酢、しょうゆを合わせたドレッシングで和えたサラダ。

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し

霜降りして汚れやうろこを取り除いた鯛あらと木綿豆腐をフライパンに入れます。薄切りのしょうがをのせ、粗塩をふり酒を回しかけてふたをして火にかけ、鯛の色が変わったらわかめを投入。さっと火を通してうつわに盛ります。

鯛あらは頭が真っ二つに割られた状態のものを購入しました。盛り付けがアレなものでおどろおどろしいビジュアルにはなっていますが、味は怖くなんかありません。薄い塩味としょうがとわかめの風味がついているのでこのままでも十分。途中でしょうゆやポン酢をたらして味を変えてもよし。

ちびちびほぐしながらちびちび飲むつまみなので、やや時間に余裕のある時用の献立ですね。酒は冷やした純米吟醸。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、いただきものの調味料「静岡産わさびとしらすの食べるオリーブオイル」を本日無事使い切りました。生野菜、ゆで野菜、パスタにチャーハン、オイル蒸し、冷奴など、活用法はいろいろありました。

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

普段の味付けは塩、胡椒、しょうゆ、酒、みりん、味噌あたりでどうにかなってしまう粗食体質なもので、この手の「ものすごく美味しい系調味料」はどうにも持て余してしまうのだけど、今回はダメにすることなく全部使い切れてよかった。

いろんなものが入っているリッチな調味料は、私の舌には美味しすぎるのだな。と、昔食べるラー油が流行った時にも感じたことを思い出す。

シンプルライフの成れの果て。

とはいえ、美味しいものは当然好きだし、未知との遭遇もウェルカム。いつもお土産差し入れを下さる友人知人のみなさま、毎度ありがとうございます。これからも何卒よろしくお願いいたします。

 




関連記事

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。 新年に考える今年の食計画。 す

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

イカとセロリのネギ塩炒め

イカとセロリのネギ塩炒め、小松菜とにんじんのオイル蒸し。

イカとセロリの組み合わせといえば中華和えを作ることが多いです。 関連 イカとセロリの中

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

出羽桜 つや姫

山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸で晩酌。鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立。

鶏むね肉を食べるとなると、蒸し鶏になるパターンが多い。 蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

肉じゃが献立

はちみつ肉じゃが、生白菜の梅おかか和え献立。

先日塩味ポテトサラダにした赤いじゃがいも。 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

油揚げのふきみそチーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね?

記事を読む

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

蕎麦屋で呑むのが大好きで、いろんな店に出向きます。 そして基本的には昼間に行くのが好き。(写真

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑