お金と自由と持たない暮らし。

公開日: : 最終更新日:2015/10/14 ミニマルライフ, 生き方と考え方

girlsbe

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。

参考 お金と自由~なぜ貯められないのか~(仙石浩明の日記)

この記事は日立製作所出身で元KLabCTOの仙石浩明氏が立命館大学で行なった講義に関する内容をまとめたものとのこと。「お金」に関する考え方、付き合い方について触れられています。
お金といえばつい先日、ここでもこんな記事を書いてましたね。

参考 モノを持たないミニマルな生活で「節約」できるのか。

 

お金も時間も足りないわけがない

money

基本的にはお金に関する考察ですが、これ、モノを持つことに関しても同じだと感じました。

すごく不思議だったから今でも覚えているんですけど、 同期入社の人が、入社早々、みんな車を新車で買ったんですよ。 もちろん好きだったら、買ってもいいと思いますよ。 レーサーを目指しているとか、 峠を攻めたいとかっていう人は買ったらいいと思うんです。
でもそんなに好きでもなくて、たまにしか車を使わないような人でも、 みんな車を買ったんで、不思議だなと思いましたね。 私に言わせるとありえないんですけど。 みなさん、好きでもないことにばっかりお金を使っているんじゃないですかね。

いやいや、まさにおっしゃるとおり。
私たちはつい「みんな持ってるから」とか「話題の商品だから」という至極自発的ではない理由でモノを買う傾向があります。
それが新製法で人気のカップ麺とかなら大きな問題はないですが、新車とかマイホームになると「この年になったらみんな持ってるから」などという無意味な理由で手に入れるべきではないですよね。

でも、少し前まで殆どの人がそんな消費をしていたわけです。

◆良い召使い
– お金は自由を得るための手段
– お金をどう使うか主体的に考える
– チャレンジするための強力な道具

◆悪い主人 (充分なお金が無いと…)
– お金は生活の手段
– 使い方を考えるまでもなく出費がかさむ
– お金のために働く, お金に振り回される
– お金を失う恐怖で、チャレンジができない
– お金の不安がストレスに

これ、そのままそっくりモノにも言い換えできますよね。

◆良い召使い
– モノは自由を得るための手段
– モノをどう使うか主体的に考える
– チャレンジするための強力な道具

◆悪い主人 (充分なモノが無いと…)
– モノは生活の手段
– 使い方を考えるまでもなく出費がかさむ
– モノのために働く, モノに振り回される
– モノを失う恐怖で、チャレンジができない
– モノの不安がストレスに

モノを持たないシンプルな暮らしで誰しもが幸せになれるとは思いません。
でも、部屋にたくさんのモノを所有しているにも関わらず現在の生活に全く満足できない、という人は、モノを持つ暮らしに向いていないのかも。
モノを買いすぎるせいで金銭的な余裕がないという状況なら尚更です。

 

危険なのはバブルの残り香を知る40代かも

women

私たちが20代の頃はまさに

世界中の大人達が寄ってたかってウブな若者にお金を使わせようと知恵を絞る中、 お金を使うのを我慢するのは至難の業ですが、 さらに周囲の同僚からも、 「ケチ」 だの 「そんなに貯めてどうするんだ?」 などと、 冷たい視線を浴びることになります。

こういう時代でした。
そう考えると、今の40代って結構危険かもしれませんね。自分にとって本当に必要なものなのかどうかなんて考えることすらせず

「40代ならこれくらい持ってるのが常識だから」

なんて理由で不要なモノをたくさん買って、身動きが取れなくなってしまう。バブルの残り香を感じて過ごした若い頃に刷り込まれた感覚を今尚追い求めて辛い思いをしている人も少なくないかもしれません。

参考 少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

この講義を聴いた大学生たちはラッキーですね。まあ、まだ若いから将来のことなんて考えられないだろうし、あれこれ楽しみたいという世代だし、もしかしたらこの話の重みはさほどわからなかったかもしれませんが。

私はお金も大切にしますが、それよりも「自由」と「時間」があることが重要だと感じているので(だからフリーランスなんでしょうね…)さほど大事ではないモノを保管するために時間とお金を使ったり、モノのために働かなければならないような「モノに縛られた生活」はやっぱりしたくないなあ。

と、これを読んで改めて考えたのでした。

同じブログにあった仙石氏が前職を退任された時の文章も興味深かった。

積極的に今の仕事を捨てるべきでしょう。 部下 (or 後輩) が成長してきて、 自分の代わりがつとまるようになったら、 全てその部下に任せてしまい、 新しいことにチャレンジするわけです。 そうすれば部下も育つし、 自分を変えることができます。 運がよければ新たな成長フェーズに入れるかもしれません。

得たものを手放す勇気を持ち、新しい環境に挑むことを恐れない。
この方のお部屋がどうなっているのかはわかりませんが、根本はミニマリスト思考の持ち主なのでは、と思うのですがどうなんでしょう。

 




関連記事

金属音が響き渡る靴、ヒールのかかとは早めに直したほうがいい。

モノは少ないけれど物持ちはいい私。 気に入ったものは長く使いたいので、不具合が生じた場合ではでき

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

そんな自分に腹がたつ。

By: @sage_solar[/caption] 毎月の閲覧数TOP3にまでは入らないまで

記事を読む

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。 2015-2021年の「買

記事を読む

場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

By: Chris Potter[/caption] 場所を取るので捨てたいけど捨てられない

記事を読む

今日捨てたもの 8/23 似合わなくて使えない帽子。

8月は毎日一つづつモノを手放すというルールを設定し、日々実行しています。 今日は旅に関

記事を読む

片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して

記事を読む

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの1ヶ月の支出。老後に備え、いかにして小さく暮らすか。

現役世代のゴールがちらりちらりと見えてきた50代。友人知人と

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

→もっと見る

PAGE TOP ↑