手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

公開日: : 最終更新日:2019/03/17 ファッション, ミニマルライフ

code1

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、真っ当な企業とお仕事をするのなら、それ相応の装いをすべし。スーツなり何なり、それっぽい何かを、速やかに買い足すべし。

そう考えていた時代が、私にもありました。

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

結局、買い足さなかったのはお話しした通りです。どうにかこうにか、冬の「オフィスカジュアル」をやり過ごすことができたようです。

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル・冬

pumpus_2

生まれつきのおふざけ色が透けて見えぬように、かと言って、「きちんとした」を取り違えて借りてきた猫みたいにならぬように、持っている数少ないアイテムを駆使して過ごした冬でした。ローテローテ、またローテ。週が明けたら、またローテ。

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

ボトムはほ黒か白、ベージュのパンツ、トップスはVネックのニットやクルーネックカーディガンにジャケットを羽織ったり羽織らなかったり。こういう派手な色合いのものは遠慮すべきなのかしら?などと当初はびくびくしていたものの、結局信じられない柄(アメコミ風とか)のストールも多用しました。

靴は基本スニーカー。必要があれば、現場でパンプスなどに履き替えるという力技。

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

そして最近ではサイドゴアブーツまで導入する有様で、どこがどうオフィス仕様なのだという感じになってきました。

そうです。状況を見ながら少しづつ、「オフィスカジュアル」の定義を勝手に広げているのです。

その日のスケジュールや打ち合わせの相手によってはジャケット着用、足元はパンプス、というわかりやすいスタイル必至の時もあるにはある。けれど、それ以外のシーンならばもうちょい自由な、自分っぽいスタイルで問題ないと判断しました。

慌てて訳のわからないスーツとか揃えなくてよかった。いくら私がやくざな商売を営んでいるとはいえ、社会人歴は早20数年。どうにかできるもんですね。

デニムを履けない問題

lightdenim

仕事でさすがにデニムは履けぬ。さて、どうすべか。その不安が、私のコーディネート眼を曇らせたのでありましょう。

普段の生活でデニムばかり履いていると、デニムが使えない場面で途端に何を着ればいいのかわからなくなるのです。

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

デニムを履けないなら履けないで、どうにかなる。これがわかっただけでも、今回の仕事をした意義があったというものです。

とはいえ、普段はやっぱりデニムとか、モッズコートとか、プルオーバーとか、ローゲージニットとか、おなじみのゆるゆるアイテムを溺愛した冬だった。いや、平日に多少なりともきちんとした格好をする機会が多かったから、ゆるゆるへの愛がより増したと言うべきか。

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

この冬の普段着は、スカート+レギンスorカラータイツの組み合わせもよくやりました。スカートにレギンスって、15年前くらいに流行った気がする懐かしいコンビなのだけど、最近また人気を取り戻したのでしょうか。ちょくちょく見かける気がします。

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

まあ、私などはトレンドを意識しているわけではなく、防寒の意味合いが強いのですけどもね。ニットスカートにタイツとか、あったかいよね。

そんな冬アイテムとも、そろそろおさらばできそうな季節がやってまいりました。春からは、オンの場面でもできるだけ自分好みのスタイルに寄せていく計画です。




関連記事

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

おひとりさまのマネープラン 独身女性向け無料セミナーに行ってみた。

By: woodleywonderworks[/caption] 独身女性のマネープランについて

記事を読む

パスケースに入れるものと入りがちなもの。

By: Chris Potter[/caption] 去年の夏、財布に関してこんな記事を書

記事を読む

ミニマリストの部屋着(冬編)

本当は12月に入ってから書こうと思っていたのですが、本日あまりに寒いのでもう冬が来たってことでい

記事を読む

持たない暮らしの秋ファッション(5)最期通告を受けたロングブーツ。

いやあ、すっかり寒くなりました。 このシリーズ「秋」となってますが、気分的にはすでに「秋冬

記事を読む

6月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Vinoth Chandar[/caption] いつもの定例ポストです。 ブログを始め

記事を読む

買い物にだけ酷く臆病なのはなぜ。

先日ブログを書いている途中で回線が途切れたので、あれ?充電し忘れた? とルーターを確認すると

記事を読む

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから

記事を読む

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

予定はできるだけ少ないほうがいい。

By: flik[/caption] テキパキ動けるタイプではない。 そう自覚している

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑