手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

公開日: : 最終更新日:2019/03/17 ファッション, ミニマルライフ

code1

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、真っ当な企業とお仕事をするのなら、それ相応の装いをすべし。スーツなり何なり、それっぽい何かを、速やかに買い足すべし。

そう考えていた時代が、私にもありました。

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

結局、買い足さなかったのはお話しした通りです。どうにかこうにか、冬の「オフィスカジュアル」をやり過ごすことができたようです。

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル・冬

pumpus_2

生まれつきのおふざけ色が透けて見えぬように、かと言って、「きちんとした」を取り違えて借りてきた猫みたいにならぬように、持っている数少ないアイテムを駆使して過ごした冬でした。ローテローテ、またローテ。週が明けたら、またローテ。

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

ボトムはほ黒か白、ベージュのパンツ、トップスはVネックのニットやクルーネックカーディガンにジャケットを羽織ったり羽織らなかったり。こういう派手な色合いのものは遠慮すべきなのかしら?などと当初はびくびくしていたものの、結局信じられない柄(アメコミ風とか)のストールも多用しました。

靴は基本スニーカー。必要があれば、現場でパンプスなどに履き替えるという力技。

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

そして最近ではサイドゴアブーツまで導入する有様で、どこがどうオフィス仕様なのだという感じになってきました。

そうです。状況を見ながら少しづつ、「オフィスカジュアル」の定義を勝手に広げているのです。

その日のスケジュールや打ち合わせの相手によってはジャケット着用、足元はパンプス、というわかりやすいスタイル必至の時もあるにはある。けれど、それ以外のシーンならばもうちょい自由な、自分っぽいスタイルで問題ないと判断しました。

慌てて訳のわからないスーツとか揃えなくてよかった。いくら私がやくざな商売を営んでいるとはいえ、社会人歴は早20数年。どうにかできるもんですね。

デニムを履けない問題

lightdenim

仕事でさすがにデニムは履けぬ。さて、どうすべか。その不安が、私のコーディネート眼を曇らせたのでありましょう。

普段の生活でデニムばかり履いていると、デニムが使えない場面で途端に何を着ればいいのかわからなくなるのです。

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

デニムを履けないなら履けないで、どうにかなる。これがわかっただけでも、今回の仕事をした意義があったというものです。

とはいえ、普段はやっぱりデニムとか、モッズコートとか、プルオーバーとか、ローゲージニットとか、おなじみのゆるゆるアイテムを溺愛した冬だった。いや、平日に多少なりともきちんとした格好をする機会が多かったから、ゆるゆるへの愛がより増したと言うべきか。

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

この冬の普段着は、スカート+レギンスorカラータイツの組み合わせもよくやりました。スカートにレギンスって、15年前くらいに流行った気がする懐かしいコンビなのだけど、最近また人気を取り戻したのでしょうか。ちょくちょく見かける気がします。

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

まあ、私などはトレンドを意識しているわけではなく、防寒の意味合いが強いのですけどもね。ニットスカートにタイツとか、あったかいよね。

そんな冬アイテムとも、そろそろおさらばできそうな季節がやってまいりました。春からは、オンの場面でもできるだけ自分好みのスタイルに寄せていく計画です。




関連記事

壊れたカメラの処分、売る?手放す?

By: nhoffmann75[/caption] 次の旅は手提げひとつで行きましょう。

記事を読む

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

By: The U.S. National Archives[/caption] 読んでるだ

記事を読む

似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

寒いじゃないか。 ということで、もちろん長袖。ちょい厚手のグレーのTシャツにワイドデニ

記事を読む

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

プライムデー、セールで張り切って買ったもの。

夏物狙いでセールに挑んだけど、何も買えませんでした。という無意味な報告をしたあのセールではな

記事を読む

秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

By: Sandra Cohen-Rose and Colin Rose[/caption]

記事を読む

70代ミニマリスト主婦の財布。

年末年始は地元に帰省すると決めております。 これは年がら年中なんの予定もなく自由気まま

記事を読む

40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。 テーマは「シックでおしゃれは譲れないけど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑