パンプスは40代のコンフォートシューズ。

公開日: : ファッション

履かない靴

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。

履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なのか、と毎回ビビりながら、履く。一時はもう手出ししないかと思われたヒールではありましたが、ここへきてまさかの人気再熱、登板回数多しなのです。

但し、以前と同じようには行きません。丸腰では到底無理なので、もちろん例の「お守り」で保険をかけています。

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

パンプスは40代のコンフォートシューズ

confort-pumpus

トレンド云々の話をすると今時はあまりに高いヒールは流行らないのでしょうが、最近はそこそこの高さがあるのに歩きやすいパンプスが簡単に見つかるようになりました。その要因は、女性の社会進出なんでしょうか。

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

デザイン重視で動くことを想定されていない靴ではなく、外をガシガシ歩き回れるきちんとしたパンプスの需要が大きい、ということなのかなと。

その昔、ヒールは気合いで履いていた。

この高さ、このデザイン、この位置から伸びるヒール。こりゃ絶対歩けないな、と思っても、見た目よければすべてよし。一瞬の自己満足を叶えるためならエンヤコラと勢いで購入、案の定数回の着用で挫折。そんなことを繰り返した若かりし日を思い出す。

それはそれで楽しかったんだけど、今はもうできない。できないよ。

40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

だいたい履けない靴は買わないし、歩けない靴は履かない。でも、相変わらスタイル詐称に未練が残る往生際の悪い私にとって、歩きやすいパンプスってのは非常に使い勝手がいいのです。

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

しかしもうそろそろ足長詐称もいいのでは、とも思う。インソールを入れないスニーカーを頻繁に履くことで現実のスタイルにも悲しいかな慣れてきたことだし、昔は大の苦手だったフラットシューズってのもいいな、とも思い始めています。

足るを知るってこういうことでしょうか。違いますね。

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

さて、最近好んで履いているのはプレーンもプレーン、どシンプルなパンプス。色もヌードベージュとか。面白みもへったくれもあったもんじゃないけど、とにかく歩きやすく合わせやすいので重宝しており、こりゃある意味コンフォートシューズだわいと思っている次第。

今日捨てたもの 20年後に選ぶ靴。

20年前は見た目重視で履き心地度外視だったというのに、いやはや、人間変わるもんですね。

再び訪れたこのヒールブームはしばらく続きそうだけど、時期的には一旦はさよなら、かな。何しろわたくし、ストッキングというものを一切履かないもので、冬場のパンプスは無理なのですよ。昔は真冬でも素足にパンプスやってたけど。そんなことやってるから冷えるんだって話だけど。

今週あたり一気に冷え込みそうだし、そろそろブーツに移行しますか。

40代でドクターマーチンは本当にイタい。

秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

 




関連記事

少ないアイテムをおしゃれに着こなしたい人におススメの本。

ミニマリスト志向の女性にとって、最も有効な断捨離方法は「洋服を減らすこと」です。 しか

記事を読む

洋服を捨てれば、減らせば、幸せになれるのか。

By: Francisco Anzola[/caption] たくさん洋服を持っていないとお

記事を読む

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

冬のブーツはこれ1足。イタくない大人のサイドゴア。

40代でDr.マーチンのブーツを履くのはイタい。そう書いてから早4年が経過しておりました。

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだった

記事を読む

捨てる、捨てないを判断する簡単な方法。

By: emdot[/caption] 珍しく気分がすっきりしない朝。 こういう時はさ

記事を読む

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンバッグで冬支度。

By: Thomas8047[/caption] 去年の今頃は部屋が寒い寒いとのたうち回って

記事を読む

小さい折り畳み傘

片付ける度に出てくる、妙なもの。

比較的時間はあれど、ずっと雨続きの週末。 わざわざ出かける気にもなれず、なんとなく部屋

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑