パンプスは40代のコンフォートシューズ。

公開日: : ファッション

履かない靴

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。

履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なのか、と毎回ビビりながら、履く。一時はもう手出ししないかと思われたヒールではありましたが、ここへきてまさかの人気再熱、登板回数多しなのです。

但し、以前と同じようには行きません。丸腰では到底無理なので、もちろん例の「お守り」で保険をかけています。

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

パンプスは40代のコンフォートシューズ

confort-pumpus

トレンド云々の話をすると今時はあまりに高いヒールは流行らないのでしょうが、最近はそこそこの高さがあるのに歩きやすいパンプスが簡単に見つかるようになりました。その要因は、女性の社会進出なんでしょうか。

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

デザイン重視で動くことを想定されていない靴ではなく、外をガシガシ歩き回れるきちんとしたパンプスの需要が大きい、ということなのかなと。

その昔、ヒールは気合いで履いていた。

この高さ、このデザイン、この位置から伸びるヒール。こりゃ絶対歩けないな、と思っても、見た目よければすべてよし。一瞬の自己満足を叶えるためならエンヤコラと勢いで購入、案の定数回の着用で挫折。そんなことを繰り返した若かりし日を思い出す。

それはそれで楽しかったんだけど、今はもうできない。できないよ。

40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

だいたい履けない靴は買わないし、歩けない靴は履かない。でも、相変わらスタイル詐称に未練が残る往生際の悪い私にとって、歩きやすいパンプスってのは非常に使い勝手がいいのです。

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

しかしもうそろそろ足長詐称もいいのでは、とも思う。インソールを入れないスニーカーを頻繁に履くことで現実のスタイルにも悲しいかな慣れてきたことだし、昔は大の苦手だったフラットシューズってのもいいな、とも思い始めています。

足るを知るってこういうことでしょうか。違いますね。

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

さて、最近好んで履いているのはプレーンもプレーン、どシンプルなパンプス。色もヌードベージュとか。面白みもへったくれもあったもんじゃないけど、とにかく歩きやすく合わせやすいので重宝しており、こりゃある意味コンフォートシューズだわいと思っている次第。

今日捨てたもの 20年後に選ぶ靴。

20年前は見た目重視で履き心地度外視だったというのに、いやはや、人間変わるもんですね。

再び訪れたこのヒールブームはしばらく続きそうだけど、時期的には一旦はさよなら、かな。何しろわたくし、ストッキングというものを一切履かないもので、冬場のパンプスは無理なのですよ。昔は真冬でも素足にパンプスやってたけど。そんなことやってるから冷えるんだって話だけど。

今週あたり一気に冷え込みそうだし、そろそろブーツに移行しますか。

40代でドクターマーチンは本当にイタい。

秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

 




関連記事

つらい巻き爪、足底の角質化が改善する簡単な方法。

By: Mark Evans[/caption] ヒールのある靴が好きで、長年7cm~10c

記事を読む

10月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

夏の断捨離キャンペーン実施月間と比べるとさほど大きな動きはありませんが。 参考 8月

記事を読む

洋服を捨てれば、減らせば、幸せになれるのか。

By: Francisco Anzola[/caption] たくさん洋服を持っていないとお

記事を読む

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

冬のブーツはこれ1足。イタくない大人のサイドゴア。

40代でDr.マーチンのブーツを履くのはイタい。そう書いてから早4年が経過しておりました。

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

酷く暑い夏、何を着る?

さほど汗をかかない体質。だったのは、もう遠い昔のことのようです。 近頃は自宅から駅ま

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

ミニマリストの部屋着(2015春の結論)

By: Jaakko Holster[/caption] もうすぐ春ですね。 あまりの寒さに怯

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑