おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

公開日: : 最終更新日:2018/12/22 ファッション, 一人飲み

shinbashi_2

珍しくスーツを着なくちゃいけない仕事があり、これまた珍しく黒のラウンドトゥパンプスなぞを引っ張り出す。

一時に比べるとパンプス着用率は高まりつつあるこの頃だけれど、基本はポインテッドトゥ派なのです。

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

いつものパンプスよりヒールは低いし、クッション入りで柔らかいし、楽勝楽勝。と「丸腰」で出掛けたものの、帰りの電車に乗り込む頃にはすっかり疲れ果てておりました。

パンプスなのに、お守りを忘れる

pumpus_2

丸腰で、出かける。

ヒールのある靴で出かける時は、必ず持っているあのお守りを、この日に限って持っていなかったのです。

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

頓珍漢。トン吉チン平カン太。自分の不甲斐なさにガッカリしつつも時は夕暮れ本日は金曜日。どこかで一杯やって帰ろうかな、とあちこちの店に思いを巡らせて電車に揺られること20分。結局、一刻も早く靴を脱ぎたくなって、まっすぐ帰宅したのでした。

まっすぐ帰宅しつつも時は夕暮れ本日は金曜日。スーツを脱いでデニムとプルオーバーにコート、足元はスニーカーという毎度おなじみ冬のご近所ファッションに身を包み、再び駅方向へと歩くでしょう。そりゃ、行くでしょう。

普段は着ないワンピースかなんか着て、めかしこんで出かけるのは、好き。着ているもの、履いているもの、身につけるもので気分が変わることって大いにいあるから、ファッションってお遊び要素強いなあと思うのです。

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

でも、普段着でご近所徘徊する楽しさも負けず劣らず。一旦帰ってわざわざ着替えるのは面倒っちゃあ面倒なんだけど、時間が許すなら敢えてその手間を選択して、ラフな格好と軽やかな足取りで、飾り気ない店で、お気楽に飲みたい。そんな気分には、素直に従おうじゃないか。

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由

new_coat

痛みから解放され、あまりにもうれしくて、スキップしそうな勢いで大通りを南下する。そういやこの道入ったところに未訪のスタンディングバーがあったよな、と覗いてみれば好都合のノーゲスト。スキップで入店。

遅い時間はいつも満席のイメージがあるから、きっとスタート遅めの店なんだろうね、とりあえずビール下さい。

滞在時間1時間弱。ビール2杯にハイボール1杯、気の利いた小皿つまみをつついてニヤニヤ過ごすその間、オーダーに纏わる最低限のやりとり以外、若い店主は一言も話さない、話しかけてこようとしない。

おいおい、いい店じゃないか。

一人で酒を飲むならば 一人飲みの店選び ’18SS。

沈黙を一切恐れない私。ご近所ファッションにてご近所店開拓中の折には、完全放置がなによりもありがたいのであります。

あまりに居心地よくうれしかったので、その旨店主にしかと伝えてスキップで退店。上機嫌のまま天玉そばキメて帰宅しました。

めかしこんで素敵バーでカッコつけて飲むのとはまた別のこんなお楽しみを存分に味わうには、やっぱりご近所ファッションだよねえ。と、妙な方向の自己肯定に浸る冬の帰り道。

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

ただ、願わくば、最低ラインの底上げを。ご近所ファッションにも一縷の望みと一定のロマンを。過剰でなくとも、ささやかなこだわりを。そのためには雰囲気イケメンになるしか道はないのだ。

雰囲気イケメン最強説。

なかなか気温が下がってこないのでぐずぐずと渋っていたけれど、とうとうコートにライナーを装着しました。ああ12月だ、冬だ冬。

 




関連記事

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

台湾一人旅でもちょっと一杯したい!台湾一周一人旅の食事 その2。

少し時間が空いてしまいましたが、台湾の食まとめ第2弾。 関連 台湾一人旅でもローカルフ

記事を読む

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限らずですが、一人旅での食事は気

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。 履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なの

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑