白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

公開日: : 最終更新日:2019/03/16 やりたいことほしいもの, ファッション

white-pants

白のパンツに頼りきった生活を送っています。

パンツって、下着じゃないです。ズボンのほう。

スカート少なめパンツ多めのスタイルはこの秋も変わらず継続中。

しかしながら、我が定番ボトムであるデニムを選ぶのは如何なものか、とためらわれる場面において、白の頼もしさは格別です。

カジュアル以上、フェミニン未満

NB

普段ラフなスタイルが多すぎるせいか、私のイメージが貧困すぎるからか、ボトムに白を持ってくるだけで自分が2ランクくらいちゃんとした人に見えるような気がします。きっと気のせいなのでしょうが、それでもいい。たまには私だって、ちゃんとした人のフリがしたい。

ということで、以前から夏場には白のアンクルパンツを愛用しておりました。足元にプレーンなパンプスを持ってきてさらりとシャツでも羽織れば、お固めの仕事でも行けますからね。

でも、この手のアンクルパンツってややフェミニンが過ぎるのです。ウエストゴム風情が何をフェミニンかという話ですが、私が普段使いするには無理があるし、季節感も強い。ならばデニム以上、アンクルパンツ未満の印象を作ることができれば、季節問わず白の恩恵に預かれるのではないか。そう考えて、最近白のスキニーデニムを投入しました。

これが狙った通りの位置にハマり、満足しております。

デニム大好きカジュアル上等な私ですが、カジュアルといってもガチ系のスポーツテイストやアウトドアには縁もゆかりもない超のつくインドア派。

リュックサックしょって街に出ない。

結局私の求めるカジュアルとは偏に

「ラクな服」

のことなのでしょう。着心地、コーディネートのしやすさ、お手入れの気楽さ。全てにおいてラクな服がよい。

時代はオーバーサイズ真っ只中。スキニーはすでに過去の遺物ではと思わなくもないけれど、トップスとのバランスを考慮して投入したい場面はまだまだ多いのです。

おばさんが着ている服は流行遅れ

new_coat

トレンドを意識することがなくなって、久しい。

40も過ぎれば、トレンドが恥ずかしくなる。

毎年雑誌やらを参考にしながらトレンドを意識したアイテムを買い足す、なんて気の利いたことはしなくなっちゃったし、第一線からすると恥ずかしさ満載のトレンド外しまくりファッションなんだろうな。そう考えて後学のために

「今年も着てたら恥ずかしい!流行遅れのアイテム」

界隈の記事をザッピングしてみたらば、出るわ出るわ、若いお嬢さん方の涙ぐましい懸命な努力と厳しいご意見の数々。

スキニーも、ワイドパンツも、キャミソールも、カーディガンも、モッズコートもトレンチコートも時と場合によっては全てアウトオブデート。あれもダメ、これもヤダで素直に従えば着衣そのものすら叶わぬレベル。これでは素っ裸で外出するしか術はなく、もはや職質待ったなし。

高い位置にアンテナを張るのは、何かと大変なものですね。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

とりわけ印象的だったのは、今そんなの着てるのはおばさんだけ、若い子はそんなコーデはもうやってない、などの「おばさんが着ている服、これ即ち流行遅れ」なる見解。

確かに、ファッションに限らずあらゆるトレンドはキャズム越えの時点で勢いも輝きも失っていると言える。上司のおじさんらが嬉々としてfacebookに参入してきた時点で若者が一目散に他SNSへ逃げ出した現象もそういうことなのでしょう。

おばさんが嫌われる理由。

あらあら、なんだかごめんなさいねえ、という気もしなくはありませんが、私も社会生活を営むにあたっては最低限の着衣は必要。さすれば今年の秋冬はトレンド度外視の白パンツに頼って爽やかに過ごそうではないですか。

さらっとTシャツ、スニーカーもよし、オーバーサイズのニットとヌードカラーのパンプスに合わせるもアリ、で、なかなか重宝しています。

 




関連記事

11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

11月は大きなものは捨てていませんが、それでもちょこまかと整理していたような。 改めて並べてみる

記事を読む

金属音が響き渡る靴、ヒールのかかとは早めに直したほうがいい。

モノは少ないけれど物持ちはいい私。 気に入ったものは長く使いたいので、不具合が生じた場合ではでき

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

サングラスが好きです。 「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

記事を読む

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

暖かいは正義ですな。 関連 もう、おしゃれを諦める。 おしゃれを諦めて、暖をとる

記事を読む

パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

思っていたほど大変ではなかったので、調子に乗ってみました。 別にこれ履いてフルマラソン

記事を読む

Ines de la Fressange×UNIQLO をチェックしてきた。

先日から気になっていたユニクロのイネスコラボコレクション。 今日大型店舗の近くを通りかかっ

記事を読む

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

普通の服がおしゃれ、じゃない。少ない服を着回す弊害。

By: Leon Brocard[/caption] ようやく気温も安定してきた今日この頃、

記事を読む

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

先日の衣替えの際に、もういい加減いいかなと思ったものがもうひとつ。 春への衣替え、ペラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑