白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

公開日: : 最終更新日:2019/03/16 やりたいことほしいもの, ファッション

white-pants

白のパンツに頼りきった生活を送っています。

パンツって、下着じゃないです。ズボンのほう。

スカート少なめパンツ多めのスタイルはこの秋も変わらず継続中。

しかしながら、我が定番ボトムであるデニムを選ぶのは如何なものか、とためらわれる場面において、白の頼もしさは格別です。

カジュアル以上、フェミニン未満

NB

普段ラフなスタイルが多すぎるせいか、私のイメージが貧困すぎるからか、ボトムに白を持ってくるだけで自分が2ランクくらいちゃんとした人に見えるような気がします。きっと気のせいなのでしょうが、それでもいい。たまには私だって、ちゃんとした人のフリがしたい。

ということで、以前から夏場には白のアンクルパンツを愛用しておりました。足元にプレーンなパンプスを持ってきてさらりとシャツでも羽織れば、お固めの仕事でも行けますからね。

でも、この手のアンクルパンツってややフェミニンが過ぎるのです。ウエストゴム風情が何をフェミニンかという話ですが、私が普段使いするには無理があるし、季節感も強い。ならばデニム以上、アンクルパンツ未満の印象を作ることができれば、季節問わず白の恩恵に預かれるのではないか。そう考えて、最近白のスキニーデニムを投入しました。

これが狙った通りの位置にハマり、満足しております。

デニム大好きカジュアル上等な私ですが、カジュアルといってもガチ系のスポーツテイストやアウトドアには縁もゆかりもない超のつくインドア派。

リュックサックしょって街に出ない。

結局私の求めるカジュアルとは偏に

「ラクな服」

のことなのでしょう。着心地、コーディネートのしやすさ、お手入れの気楽さ。全てにおいてラクな服がよい。

時代はオーバーサイズ真っ只中。スキニーはすでに過去の遺物ではと思わなくもないけれど、トップスとのバランスを考慮して投入したい場面はまだまだ多いのです。

おばさんが着ている服は流行遅れ

new_coat

トレンドを意識することがなくなって、久しい。

40も過ぎれば、トレンドが恥ずかしくなる。

毎年雑誌やらを参考にしながらトレンドを意識したアイテムを買い足す、なんて気の利いたことはしなくなっちゃったし、第一線からすると恥ずかしさ満載のトレンド外しまくりファッションなんだろうな。そう考えて後学のために

「今年も着てたら恥ずかしい!流行遅れのアイテム」

界隈の記事をザッピングしてみたらば、出るわ出るわ、若いお嬢さん方の涙ぐましい懸命な努力と厳しいご意見の数々。

スキニーも、ワイドパンツも、キャミソールも、カーディガンも、モッズコートもトレンチコートも時と場合によっては全てアウトオブデート。あれもダメ、これもヤダで素直に従えば着衣そのものすら叶わぬレベル。これでは素っ裸で外出するしか術はなく、もはや職質待ったなし。

高い位置にアンテナを張るのは、何かと大変なものですね。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

とりわけ印象的だったのは、今そんなの着てるのはおばさんだけ、若い子はそんなコーデはもうやってない、などの「おばさんが着ている服、これ即ち流行遅れ」なる見解。

確かに、ファッションに限らずあらゆるトレンドはキャズム越えの時点で勢いも輝きも失っていると言える。上司のおじさんらが嬉々としてfacebookに参入してきた時点で若者が一目散に他SNSへ逃げ出した現象もそういうことなのでしょう。

おばさんが嫌われる理由。

あらあら、なんだかごめんなさいねえ、という気もしなくはありませんが、私も社会生活を営むにあたっては最低限の着衣は必要。さすれば今年の秋冬はトレンド度外視の白パンツに頼って爽やかに過ごそうではないですか。

さらっとTシャツ、スニーカーもよし、オーバーサイズのニットとヌードカラーのパンプスに合わせるもアリ、で、なかなか重宝しています。

 




関連記事

トランクひとつで暮らす未来は、すぐそこに。

一人身で持ち物も少なく、身軽なので、引っ越しが好きです。ひとところに止まらず転居を繰り返して

記事を読む

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

こなれた着こなし、ユニクロ着てて恥ずかしくない?

こなれた着こなしとかこなれ感なる、それは一体どういうスタイルのことを指しているのでしょうかと

記事を読む

大人の学びは無駄ばかり。

サマータイムを導入してからなかなかいい感じです。 関連 活動時間を増やす 自分に最適な

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

先日食事に出かけた時のこと。待ち合わせ場所に現れた友人の足元に目がいきました。 最近は

記事を読む

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあるイ

記事を読む

少ない服でも怠惰を痛感、春の試着会。

そろそろ本格的に暖かくなってきたので、クローゼットを整理しました。 「整理」といって

記事を読む

L.L beanのトートを旅のお供に、と考える。

By: Sheila Sund[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が嫌いな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑