持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

公開日: : 最終更新日:2020/04/11 ミニマルライフ




たべくら農園

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいりました。

持たない暮らしも、シンプルライフも、すべては都会の便利さの上に成り立っているものであり、自分の力ではどうにもなりません。

依存ありきの儚いシンプルライフ。

騒動の早期収束を願いつつ、さて自分もどう対応すべきかと考えるのであります。

ストックを持たない暮らしの備蓄。

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

災害時の備蓄に関する考え方は、ずっと変わっていません。

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

今回は災害ではないけれど、緊急時。豊富な食材ストックがあれば、いろいろ安心ではあるでしょう。

が、普段持たない生活をしている自分みたいな人間が、ここぞとばかりに買い込むことは、さらなる混乱につながるのかしらんとも思う。

だからというわけではないけれど、今あるものでどれくらいもつのかなと考えていると、あった、ありました。秘密兵器が。

わたしには、黒くて大きいあれがある。

実は先日、ずっしりと重いようかんをいただいたのです。

普段自分用に購入して食べることがないようかん。いや、好きなんだけど、棒状のちゃんとしたようかんって、一人暮らしの身にはなかなかハードルが高い甘味じゃないですか。食べたいけど、手が出せない。

この度上等なようかんをいただき、うっきうきで包装を開け、添付のしおりを読んで、初めて知る。ようかんって、1年も保つんですね。しっかり甘いし、ずっしり腹にたまるし、非常食として有能なんですね。って、こんなの世間の常識ですよね。無知ですみません。

お相手は非常食用にと考えて選んでくれたわけでないでしょうが、この時期にこの贈り物、なんて素敵なタイミングなのかしらとますますうれしくなったのでした。誠にありがとう存じます。

もしも運悪く食材を買いそびれることがあっても、私にはこのようかんがある。つまみ用に常備している素焼きナッツもあるし、もちろん、命の水である酒もある。

素焼きアーモンドに飽きたらミックスナッツがおすすめ。

なんとかなりそうですね。いざとなれば、あの手もあるしね。

ファスティング(家断食)の記録と効果 その1~なぜ断食?~

まあ、この作戦を実施するには、それ相応の準備が必要ですけどね。




関連記事

Facebookアプリをアンインストール。

いつのまにかprime readingなるものが始まっているではないか。 以前旅のお供

記事を読む

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

ミニマリスト主婦は80歳。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦も2020年に80歳を迎えます。 70代ミニマリスト

記事を読む

なくなったらつまらないものそれは。

突如発生した妙な出来事について、丸1日考えてみても全然理解できずにいます。 昨日夕方

記事を読む

2016年、買ってよかったものベスト3。

月初といえば毎度お馴染み定期ポスト、なのですが。 関連 これまでに捨てたものリストと買

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

軽い鞄、汚れた女疑惑のその後。

購入してからまだ2ヶ月しか経っていないのにどういうこと? もしかして私はベトネベートハンドな

記事を読む

大量に処分したネイル用品。

使わないメイク用品や化粧品サンプルなどと一緒に大量にネイル用品も大量に処分しました。

記事を読む

40代のニベアはありか、ナシか。

By: Justus Blümer[/caption] スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

春に向けて何をどう着ようかなと考え始めています。 と言っても、何を買おうかな、ではなく、今ある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑