旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

公開日: : ミニマルライフ, 旅人への道

Kaohsiung_157

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。
旅に出る毎に思うのだけど、こうして何事もなく楽しく旅を終えて無事帰って来られるのは本当にありがたい。事件や事故に巻き込まれないのは一人旅ゆえに人並み以上に気をつけているからでもありますが、ただただ幸運であるとも言えるわけで。おかげで未だに苦い思い出を作ってしまった地域はありません。

さらに今回の台湾の旅では多くの方から情報を頂戴したり、はたまた現地在住の方からお誘いがあったりと思いがけない展開もあり嬉しい驚きが多数ありました。

肌トラブルのせいでちょっとびっくりな顔になってしまっていたり、さらには極度の照れ屋さん←なものでどうしようどうしようともじもじしている間に旅を終えてしまいましたが(バカ)、今後は世界のどこかでこのブログをお読みいただいている方とお会いする、なんてことも可能なのだなと新たな可能性を実感しなんだかドキドキしている次第であります。

今回ご連絡を下さった方には大変失礼をいたしました。心の準備を整えて、次回はきっと!



旅から戻ったらまず何をするか

skirt2

さて、毎回旅から戻ると真っ先に手をつけることがあります。

それは、バラし。
旅に持って行った荷物を片付ける作業ですね。

本当は最後に泊まった場所で洗濯も済ませてしまおう、なんて考えていたのですが残念ながらランドリースペースがない宿だったのでとにもかくにも洗濯。といっても持って行った衣類の分量が少なかったのでさほど大仕事ではありません。普段の洗濯と何ら変わらない作業であります。
そして靴やら帽子やらサングラスやらを元の場所に戻してカメラやらバッテリーやらも定位置に落ち着かせ、鞄を空っぽにしたらあんこを詰めてこれまた元の場所に戻す。
ソファに座ってお茶を飲んだり郵便物をチェックしたりベッドに横たわったり、なんていう休憩的なあれこれは全部後回しでまずは全部片付けてしまう。それが旅の終わりのルールになっています。

なんていうとまるで几帳面アピールみたいですがそうではなく。
旅の準備が面倒、嫌い、と散々言い続けていますが、なぜかこの最後の儀式である片付けは妙に好きなのです。

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない

taitung_62

思えば引越し作業も同様。

引っ越すためにモノを整理してダンボールに詰めたり紐で結わえたり、という準備作業は嫌いなのですが、いざ新居に到着したらあっという間に設営作業をしてしまう。午前中に荷物がついたら昼には全ての作業を終えてダンボールも潰してゴミも捨ててしまっています。引越し当日にダンボールを開封できなかったのはただ一度、今の住まいに越してきた時だけです。

関連 収納がない部屋だからできる「地球家族ごっこ」。

我が引越し記録に残る唯一の敗北…!

まあこれも今となればなかなか貴重な経験だったので今後に活きてくるのでしょうが。

で、なぜに引越し後や旅の荷物のバラしが準備より好きなのかというと、多分妙な達成感があるからだと思われます。

もともと全く片付けられない子供だったので随分大人になってもやっぱり片付けられなかったのですが、それが引越しとか旅を繰り返すことで

「いかにしてラクできるか」

を考えるようになったのも大きいでしょう。ズボラでがさつな人間にありがちなことですね。

関連 収納術に興味もなければセンスもない、だから他に選択肢はない。

引越し後も旅から帰った時も、一旦座ってお茶なんか飲み始めちゃうともう二度と動けなくなる怠惰な自分をよくわかっているからこそ座る前にやれ、と経験から学んだのでしょう。そして光のスピードで片付けを終えた際におお、やればできる私って結構すごいじゃないか、なんて滑稽な自画自賛をしながら感じるあまりにも程度の低い達成感がなんとも心地よい。

普通にきちんとした人にとってはこんなのは当たり前のことなんでしょうが、私にとってはちょっとした片付けすら賞賛に価する行動なわけです。こんな程度のことで達成感なんて感じちゃえるからこそ、面倒でもやるのです。

いやはや、満足感のハードルが低いこともたまには役に立ちますな。

ミニマリストの持たない暮らし

というわけで今回も秒速で元の位置に戻った旅の友たち、お疲れさまでした。

そして東京での生活に戻りつつ台湾旅記録はもう少し続きますのでどうぞ最後までおつきあいくださいませ。

 




関連記事

couple

今日捨てたもの 8/21 食器は揃いじゃないとダメ?

8月は 「毎日ひとつづつ捨てる」 というルールを決め、日々実行中です。 お

記事を読む

141115lg

今日捨てたもの 11/15 自分では選ばなかったであろうもの。

「一日一捨」運動を実施していた今年の8月ほどではありませんが、最近また少しづつモノを減らして

記事を読む

cebu-diary-04-1

落ち着く暇などありゃしない。セブ日記 4

本日のセブシティは晴れ。日中の最高気温は32℃。 日中はさすがにムッと暑い瞬間があるも

記事を読む

By: David A Ellis

英語ができない、海外一人旅は無理なのか。

By: Mark Hillary[/caption] 旅先でトラブルがあった時のことを考えて

記事を読む

hongkong-foods-62

海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたもの その1。

ローカルフードを楽しむ一人旅が大好物の私。 関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみ

記事を読む

140819lg2.min

今日捨てたもの 8/19 一人暮らしのタッパー適正数。

8月は毎日何かひとつづつ手放す月間と決め、毎日実行しています。 月半ばあたりには捨てる

記事を読む

aloegel

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

blackshirts

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

white_spring

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

By: Mustafa Sayed

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tainandog2
いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後

なすのにんにく炒め
なすのにんにく炒め、ちくわとピーマンの塩昆布和え献立。

そろそろなすが手に取りやすくなってきたような。 今日日な

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

→もっと見る

PAGE TOP ↑