旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

RICHO caplio GX100

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。

関連 手放すか否か。今、運命に試されている。

旅の荷物軽量化のためにいつもの一眼レフではなくしばらく使っていなかったコンデジを持ち出そうという試みでしたが、買うか修理か諦めるかなかなか決められずにいた優柔不断な私。

そうこうしているうちにゴールデンウィークも近づいて来たので流石に決断した、というわけであります。



散々迷った挙句に下した決断

By: J B

カメラは代引きにて返却されました。支払った額は1,600円。

そう、結局手数料のみお支払いして修理自体はは見送りました。そして新品購入も見送りました。

一番最初に候補から外れたのは新品を買うこと。「新品」と言っても単なる未使用品であって製造年月日が新しいわけではないので、それなら新しい機種を買うほうがいいだろう、と。そして実は見積もりが来た時点ではバカかなあと思いつつも修理する気満々だったのです。が、通常は数ヶ月間の保証期間が設けられており、修理後に同じ部分が再度故障した場合は無償にて再修理してもらえるサービスだったのですが、我がカメラは適用外との通達が。つまりは結構無理矢理な修理ってことなのかなあなどと考えたりして。

多少の予算オーバーはいいんだけど、なんだかこういうのって流れに逆らってるのかなあ、なんだかなあ。

などとイマイチ踏ん切りがつかず、カメラ売り場をうろつくもこれといった出会いもなく、あれこれ考えてやっぱり一眼を持参するのがいいんじゃないかとかぐるぐるして結局振り出しに戻る。

なんだったんだ。

というわけで今回も結局一眼レフを持ち出すことに決定いたしました。
一眼も同時期購入ゆえどのみちそう先は長くないんだよなあ。となれば、使えるうちにしっかり使いつつ新しいカメラについてはまた考えよう。

問題先送り問題と隠れ自己愛考察

しかし久しぶりにカメラみっちり見てきたけど、もうお手軽なコンパクトカメラは完全にスマホに取って代わられた感がありますね。わざわざカメラを別持ちする必要がないもの。よって、次に買うなら機能性と軽さを鑑みてミラーレス一眼を選ぶのかしら。モニター画面みて撮影するの苦手だからファインダー付きがいいなあ。

いずれにしても、もう少し先のお話でしょう。そして戻ってきたGX100は今すぐ処分する気にもなれず、またもや部屋で鎮座することとなりました。問題先送り体質ここに極まれりですね。こう、問題も寝かせておいたら熟成していい感じになるんじゃないの?とか思ってしまう部分が問題なわけです。

軽量数量第一でもなく、機能性重視でもなく、思い出至上主義にもなれず、コスト最優先でもなく。
相変わらず何を基準に物事を判断しているのかあやふやで、効率悪いったらありゃしない。いやいやこの効率の悪さこそが我が個性なのだ、とはなかなか開き直れないし、そんな妙なところで開き直っても仕方ない。

しかしながら人生は大なり小なり決断の連続だ。毎度毎度感覚だけに頼って長期熟成させるのもいいけれど、私の場合はもう少し明確な判断基準を見つけたほうがいいのではないか。

ミニマリストの持たない暮らし

なんて相変わらずちんたら考えているわけですが、先日ある人が

「自分がどう思ってるか、何を感じるかなんてことを延々と考え続けるなんてどんだけ自分好きなんだ」

というようなことを言っていて目からウロコでした。

そうか。自撮りもしないし手放しで自分を好きとは言えないというかかなりの自己嫌悪型人間だと思い込んでいたけれど、日々ああでもないこうでもない自分は一体何を考えて生きているのだと散々深堀りできる程度には私も自分に興味があって、そこそこ自分好きなのかもしれない。

そう仮定するとなんか色々合点がいくような気もするのですがここ広げちゃうとまた夜が明けてなんなら翌日の日が暮れるくらいの勢いになりそうなのでちょっと寝かせましょうね。←先送り

 




関連記事

By: sagesolar

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

oldradio

今日捨てたもの 8/9 カセットテープを処分。

今月は毎日1つづつ何かを手放す月間です。 本日で9個目ですが、また凄いものが出てきましたよ

記事を読む

naruto_24

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。 昨年の同じ時期にはフェリーで同

記事を読む

臭くないバブーシュ

ルームシューズの寿命、臭い。

底が抜けました。 いえね、数日前からルームシュースのヘタリ感には気づいておったのですが

記事を読む

cebu-diary-06-2

今見えている現実は真実ではない。セブ日記 10

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように青い空なのだから、そろそろまた

記事を読む

By: Stein Magne Bjørklund

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

taitung_51

台湾一周一人旅 鐵道芸術村に太麻里の海。台東の街歩き。

台湾一周一人旅、6都市目の台東に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

key

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

40代、独身。自分と似た境遇の人の暮らしぶりや考え方を知ることができるので、見知らぬ方のブロ

記事を読む

By: Gavin St. Ours

あちらのお客様からです(スッ)。

By: Gavin St. Ours[/caption] ドラマでよくあるバーでのシチュエー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

休肝日ごはん 
休肝日ごはん 焼きなす、島オクラとわかめの味噌汁献立。

夏野菜の中でも特に好きなオクラ。 今年はなかなか夏らしい

takamatsu_114
Tシャツしか着ない夏。

この夏はほぼTシャツで過ごしています。 少ない服で着回す

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、島オクラのおひたし献立。

蒸し鶏。平素はむね肉を使い、そして蒸さずにゆでることが多いです

tainandog9
その後の毛の話、抜けても生えるありがたさ。

お盆休みも終盤戦ですし、毛の話でも回収しましょう。 毛に

tokyostation_7
フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大

→もっと見る

PAGE TOP ↑