お手入れ上手になりたくて。

公開日: : ミニマルライフ, 捨てる

shibamata1508_15

前回熱を出したのははていつのことだったかしら、と考えてみても思い出せない。

何においても人並み以上の能力を持たない私にとって、体が丈夫な点は数少ない自慢のひとつです。

もちろんわたくしとて人間ですから、腰とか肌とか少しばかりの弱点もありますけども、まあ概ね問題なしできております。

しかしそれも良し悪しというか、自分の丈夫さに胡座をかいているところが大アリだなあと感じているのです。

今日捨てたもの

170524lg

  • カッティングボード

以前友人から誕生日だかなんだかのお祝いにもらった木製のカッティングボード。もう随分長い間捨てようか、いや待てよと手に取ったり戻したりを繰り返していたものです。

その昔はそれなりに活躍していたのですが、久しぶりにキッチンのある生活になって以降はとんとご無沙汰しておりました。

関連 トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

ってことは、もう3年も経ってるじゃないか。

本来であれば3年前にバッサリものを減らした段階で処分していてもおかしくない代物がなぜ今まで生き残っていたのか。

その理由はメンテナンス。こまめなお手入れへの淡い憧れ、とでもいいましょうか。

メンテナンスに憧れる

写真にはちらっとしか写っていませんがこのカッティングボード、もう表面がかなり黒ずんでおり使うのが少々ためらわれるビジュアルになっています。

あー、こりゃもうダメだよね。と思いつつついつい調べてみると、なになに、木製のカッティングボードは表面が黒ずんでもヤスリをかけたりカンナで削ったりなどのメンテナンスを施せば使える場合が多い、などという情報があるではないですか。

木製のカッティングボードをきちんとお手入れして、丁寧に、長く使う。カッコイイ。などと一丁前にときめいてしまい、保留。

でもね、いくら私の想像力が逞しくても、妄想しているだけじゃ表面の黒ずみは消えないよね。勝手に削れも剥がれもしないよね。そして40余年の人生、プライベートで紙やすりとかカンナとか使ったことないよね。中学の時文化祭の展示用に木のブロックから人形を彫る課題があったけど授業中サボってばっかりで全然期限に間に合わなくて、苦し紛れにちょこっとだけくぼみ作ってヤスリかけて真っ白に塗ってテッカテカにニス塗って「スノーマン」ってタイトルつけて提出した程度には不器用だしね。

結局、憧れは憧れでできずじまいで、というか、3年放置しておいて今後チャレンジする気ないだろうお前は、という内なる声が聞こえました。

ごめんなさい。

お手入れ上手になりたくて

tmt1

使い捨てって切ないよね、とかいいつつこういうこまめなメンテナンスも苦手という絵に描いたようなどっちつかず。

関連 乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

これでも最近はちょっとマシになったと思っているのだけど、持て余した挙句ダメにしてしまったカッティングボードがお手入れ下手を見事に物語っているようで切ない。切ないなあ。

そして頑丈さにかまけて自分の体のメンテナンスにも無頓着すぎた人生だったとつくづく思っています。親知らずのことだって、多分以前治療に行った時にも指摘されてるはずなのに、全く記憶にないんだもの。

関連 失くしてからの後悔を防ぐためにすべきこと。

自信があるからこそ無関心でいられたのだけど、カッティングボード同様もうちょいきちんとメンテしたらもっといい状態で長く使えたパーツだってあったのかしら。いや、まだどこもさほどガタきてませんけどね。

ミニマリストの持たない暮らし

ああそうだ。憧れとかああなりたいとかこんな風に生きていきたいなんてのが明確にあるのにそれができない理由ってなんだろう、という禅問答的なアレを書こうと考えていたことを、ここまで来て思い出しました。覚えていたらまたいずれ。

 




関連記事

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

By: Elvert Barnes[/caption] 本当に必要なものだけを所有して大切に

記事を読む

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。

By: Grannies Kitchen[/caption] 旅の荷物を減らしたい、そして好きな

記事を読む

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久しいですね。 2017年

記事を読む

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

→もっと見る

PAGE TOP ↑