収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

公開日: : ミニマルライフ

ピューリッツアーホテルバルセロナ

再びきっちり測って、実物を店頭で確認し吟味して、ようや新たな収納具を購入。

関連 優柔不断なお片付け。

持ち帰っていざ設置してみたらばもうワンサイズ大きい物でも合うことが判明し、また返品。というか、交換。これは優柔不断云々の話ではありません。ミリ単位、誤差の範囲が引き起こしたちょっとしたトラブルです。

交換後はパズルのピースはパーフェクトに揃い、どうにか今年初月に部屋を気持ちよい状態に整えることができました。




バッグハンガーを導入

今回は寝室の壁際に設置している収納具とクローゼット内の配置を大改造。以前からの懸念材料であった鞄収納に大鉈を振るい、思い切ってハンギング形式を導入しました。

 

よく見かけるこういうヤツです。前から試してみたかったんだけど、使いこなせないパターンも想像できるので迷っておったのですよ。でもクローゼット内に鎮座する鞄類のスペースを他の物の収納用に空ければ部屋がよりすっきりしそうだし、とシミュレーションした結果、決心(大げさ)。

幸い我が家のクローゼット&鞄類とは相性が良く、いい具合に収まって今のところなかなかいい感じです。鞄を型崩れさせないようにするには棚に直置きよりも吊るし収納のほうがいいのだろうか、どうだろうか。

あとはずっと劣化が気になっていた棚の天板も新調。この機会にサイズも変更し、発生した空間に新たな収納スペースを作り、そこに合うカゴを入れ、と、近年稀に見る大改革となりました。

私だってね、いつまでもグズグズ迷ってばかりはいないですからね。やるときゃやりますよ。

収納グッズの恐ろしさ

ミニマリストのクローゼット

長らく便利グッズ売り場には近寄らない生活をしておりました。

関連 シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

よって、今回久々にいろんな店でいろんな商品を見たのですが、まあすごいですね。あんなものもこんなものもある。ないものがないんじゃないかってくらい、ある。

収納グッズとかアイデア商品的なものって見てたらすごく楽しくて、うわあこれ面白いなあ、うちでも使えないかななんて、必要だからというより単純なる興味関心だけでうっかり持って帰りたくなる不思議。

湧き上がる好奇心は止めるべきではない。対象はなんであれ、興味関心を抑え込んで何が人生か。何にも興味が持てなくなることほど悲しいことはない。

関連 モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

けれど私はこの手のものを上手に使いこなす技術が著しく欠けていると経験則からわかっているではないか。下手な背伸びは命取り、もとい、返品手続きの時間取り。

ウォールシェルフウォールポケット、憧れの、見せる収納。どれもが自分には、過ぎた品よのう。店頭でうっすらと微笑んで、素敵グッズの購入を諦めるのであった。

ミニマリストの持たない暮らし

別に失敗しても命奪われるわけじゃなし、そこまで怖がる必要もないのに、なんでこんなに臆病なんだろうか。買ったものが使えないのって、食材を無駄にした時のあのなんとも言えない罪悪感と似ているからかしら。

 






関連記事

flag.min

「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。 >>参考

記事を読む

By: Leland Francisco

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

namecard

今日捨てたもの 8/1 「名刺」

  昨日宣言した通り、今日から小さなものでも1日に1つは手放していきます。

記事を読む

By: Travis Wise

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

By: darwin Bell

キャパシティの小さい人間が持てるモノの数。

By: Bob[/caption] capacityという単語。日本で多用されるようになった

記事を読む

By: Nimrod Zaphnath

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

By: Derek Key

毛皮のコート 誰も着ないのにクローゼットにある理由。

By: Mic[/caption] とにかく気に入った洋服を長く使いすぎる傾向があるので古く

記事を読む

cebu-diary-16-1

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

By: Kate Ter Haar

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

By: Stephen Hennessey

今日捨てたもの 5/29 トリオ解散。

By: Stephen Hennessey[/caption] 今でこそ収納のない部屋でも問

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑