エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/11/14 家飯, 食べること ,

エリンギの卵とじ献立

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。

卵とじに加えるならば青ねぎでも白ねぎでも玉ねぎでもいいのですが、三つ葉はほんのちょっとだけ特別な存在。かきたま汁などのお吸いものでも、三つ葉があると俄然気分が盛り上がるような気がするのです。

しかし、残念ながら私には美しく卵でとじるセンスがない。

センスはなくともそれなりにいいつまみになってくれるのもまた卵とじの魅力でしょう。

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダで家飲み

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ

  • 白菜漬け
  • わかめと新玉ねぎの味噌汁
  • 蕪とツナのサラダ
  • エリンギの卵とじ

わかめと新玉ねぎの味噌汁

わかめと新玉ねぎの味噌汁

鰹出汁の味噌汁、具はわかめと新玉ねぎ、なのですが、こういう撮り方したら中身がまったくわかりませんね。

蕪とツナのサラダ

蕪とツナのサラダ

薄切りにした蕪をツナ、マヨネーズ、酢、塩昆布、大葉で和えたもの。マヨネーズは少なめにしてあまりこってりさせない方が好みです。

エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ

鰹出汁を塩、みりん、しょうゆで味付けして薄切りにしたエリンギと油揚げを煮ます。火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつけて三つ葉を加え、溶き卵を流し入れふんわり混ぜて固まったら完成。

とろみをつける必要は特にないのだけど、なんとなくトロリとした口当たりのものが食べたくなった次第。エリンギからもいい出汁がでるし三つ葉の香りもよいので味付けを控えめにできるのがいい。今日の献立ならば迷うことなく日本酒、ですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

三つ葉を頻繁に使うのは単に好きだからでもあるし、使い切るのにちょうどいい分量で買えるから、でもあります。

しかしいつからこんなに三つ葉好きになったんだっけ?と思い返してみれば、きっかけは弁当でした。

以前とある常駐仕事をしていた時、最初は現場のみなさまと一緒にランチに出かけたりしていたのだけれど、毎日ガッツリ外食の日々に胃腸が疲れてしまい、ほどなく弁当を持参するようになりました。

好きなんですよ、弁当。もちろんこういうものしか作らない私の弁当なぞ、ご飯に焼き鮭、卵焼き、漬けもの、おひたしあたりが色気なく詰められた超絶地味なもの。でも、ちゃんと美味しいご飯が詰まった弁当はそれなりに旨く、ランチタイムがちょっと楽しみになるほどでした(不憫)。

で、ある日珍しく弁当に親子丼を持参したのですよ。多分時間がなかったか詰める食材がなかったかの苦肉の策だったであろう、三つ葉だらけの親子丼を。

冷めた親子丼のぼやけた味の中でキラリと輝く三つ葉の香りを食みながら、ああ、私って三つ葉好きだったんだわ、と突然気づく。
今まで特に意識することのなかった食材が好物に認定された瞬間でした。

何がどんなきっかけで大切なものに変化するかわからないものですね。

 




関連記事

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

親子煮のレシピと献立

親子煮、セロリの塩昆布和え献立。

本日は蕎麦屋飲み風のつまみ、親子煮で一杯やりましょう。 蕎麦屋といえば先日、久しぶりに

記事を読む

切り昆布のネギ炒め

切り昆布のねぎ炒め、アボカド納豆献立。

海藻モリモリ。 八百屋の軒先にはこれまでは存在しなかった水煮コーナーが登場。たけのこと

記事を読む

サバ缶と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。 と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べている

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。 本日は、生で食べます。

記事を読む

豚汁で酒

晩酌献立 豆と豆腐の塩炒め、豚汁。

鍋ものなんかもそうですが、ここしばらくで 「汁で酒を呑む楽しみ」 なるものに開眼

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

今夜のメインは出汁巻き。でも、心のメインは、粕汁。 汁ものをアテに酒を飲むのが好きなの

記事を読む

牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。

こんにゃくが食べたい。突然そんな気分になる時は、体から何かしらの信号が発せられているのでしょ

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑