片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

公開日: : 最終更新日:2020/05/14 ミニマルライフ, 捨てる, 生き方と考え方

案ずるより産むが易し、という言葉があります。

物事はあれこれ心配するより実行してみれば案外たやすいものだ。(goo辞書

昨日の夕方、私の頭に突然この言葉が浮かびました。

何故か。

年内をメドにどうにか、と考えていた音楽CDのデータ化作業があっけなく終了したからです。

想像よりも簡単な現実

データ化のためにCDRドライブを購入したのが11/18。

関連 部屋にモノが多くて困っています。

道具を入手したのはいいけれど、なんだかんだでぐずぐずしちゃうだろうなあなんて思っていたのにいざ始めてみると予想以上に作業にはまってしまった私。
パソコンとCDドライブ、いずれも新しい機材を使ったからこその成果ではありますが、ジャケット画像を手動で当てはめていくというちょっぴりアナログな作業に楽しみを見出したのも勝因のひとつかと。

毎日嬉々としてデータの取り込み&ジャケット設定作業に勤しみ、気が付いたら手持ちの音楽CDは全て取り込んでいました。そして終わった瞬間、あれ?もっとあったはずなのに、失くした?残りはどっか行っちゃった?なんて思ってしまった。

そう、実際やり始めてみると私が想像していたよりもCDの数は遥かに少なく、作業自体には時間も労力もさほど必要ではなかったのです。

後回しにすればするほど重くなる不思議

終わってから考えてみれば、そもそも引越し時点で持っていたCDのうちかなりの枚数をもう必要ないと判断してリサイクルに出しており、さらにはすでに取り込み済みのCDもあったんだった。結果、今回新たに取り込む必要があったのはたった100枚程度でした。

1日10枚もやれば、たった10日で終わるレベルの話。それなのになぜここまで引っ張りに引っ張ってしまったのでしょう。

「CDの取り込みは面倒だ」

そう思い込んでしまった原因は旧PCのパフォーマンスの悪さでしたが、それならばMacBookに買い換えた時点ですぐに行動に移せたはず。それでも尚数ヶ月動けなかったのはあまりにこの問題を長く放置しすぎたせいで私の脳内における所有CD枚数及び所要作業時間がどんどんどんどん膨れ上がっていたからでした。

やれやれ。

未完了タスクが増えると自己評価が下がる説

これ、別に片付けや掃除に限ったことではなくなんでもそうなんだけど、嫌だなあと思うことを後回しにすればするほど手がつけ難くなっていく。そしていつかやらなきゃなのに今すぐできないその現実は

「なかなか実行できないぐすぐすした自分」

という著しく不名誉な自己評価と共に心と脳の中でどんどん重みを帯びていっていつしか身動きが取れなくなってしまう。

別に自分のことを素晴らしい存在だ!とかなんたる天才的才能!とまでは思わなくとも、誰かからアホでバカでグズでダメな奴呼ばわりされるのは精神的にキツいもの。やりたいけどやれていない「未完了」の項目を気になりつつも先送りにした結果、どんどん自己評価が下がっていく現象はまさしく一番近しい人間に四六時中ダメ出しされているようなものと言えるでしょう。

そりゃいかんよなあ、というか、もったいないよなあ。

案ずるより産むが易しとはよく言ったもので、実際やってみればさほど大変ではないことを勝手に難関だと決めつけてしまうのはよくないし、もったいない。

なんて、もちろんやってみたら思ってたより100倍大変だった!なんてことだって山ほどあるんですけどね。それでもやらないよりはやってみて大変だとわかるほうが遥かに建設的な一歩を踏み出せているような気もする。

やりたいこと、やりたくないけどどっちみちいつかはやらなきゃいけないこと、なんとなく興味があるけど自分の気持ちに気付かないふりをしてやり過ごしていること。

1日は24時間しかないのだから長年生きていればあれこれと「未完了」が溜まっていくのは仕方がないことなのかもしれません。それでもどうにか「やりたいこと」くらいはこの人生中でしっかり完了させたいと思う次第なのであります。

お楽しみは先に取っておく主義、なんてそれらしい言い訳をしながらいつまでもやりたいことを先送りにしても、この人生は永遠には続かないのだから。




関連記事

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

ゴールデンウィークが終わったら、今年前半のお楽しみは終了ですよ。 取引先の女性の発言の

記事を読む

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

奥さん夏です、7月です。 というわけで、いつもの定例ポストです。毎月月初に捨てたものと

記事を読む

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

去年発表された2014年のデータですが。 参考 じゃらん宿泊旅行調査2015(じゃらんリサーチ

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

By: Nishanth Jois[/caption] クリスマスイブですね。 子供た

記事を読む

遅刻をしても服に迷う女でいたい。

By: Ted Sullivan[/caption] 「会社に遅刻しても服に迷う女でいたい」

記事を読む

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

2020年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返ってああだこうだ書く行為も、すっかり恒

→もっと見る

PAGE TOP ↑