40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 ファッション

brawsing.min

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。

テーマは「シックでおしゃれは譲れないけど、もう、楽な服しか着たくない!」。

うーん、わかる。

今回クロワッサンが定義する楽な服とは「決してルーズではなく、体も気持ちも芯からリラックスできる服」とのこと。

少ない服でも、楽しても、お洒落はできるか?

確かに、単なる「楽」を求めてしまうとおしゃれとは程遠いところへ行ってしまいます。それは単に洋服を少なくすることだけを求めても同じ結果に。

この号では

  • 楽だけどトレンド感のある着こなし
  • スタンダードな服を効かせてラクちんアイテムをおしゃれに
  • 人気ブランドの着心地よくておしゃれな服

などが紹介されています。
そろそろ気合が入りまくりのファッションに手が出なくなってきたな、と感じている方には参考になるのではないでしょうか。

40代女性に心地よい「楽なファッション」とは

かく言う私もここのところ「ヒールを毎日履くのはキツイ」と感じています。
もともと形状問わずヒールのある靴が大好きで、数年前までは毎日7cm以上のヒールがある靴を履いていました。当時は年上女性に

「あなた毎日そんな気合入った靴履いてえらいわね。しんどくないの?」

とよく言われたものです。
ヒールは慣れれば特に足は辛くないのですが、腰に来るのがやっかいなところ。もともとヘルニア持ちの癖にヒール愛用って、体のことまったく考えてないですよね。

>>参考
40代でも変われる。快適に過ごすための自分ケア。

が、暫くギョサンばかり履くような日々を送っていた今となっては、もう毎日細いヒールでガシガシ歩くのはキツイかな…。
今までの靴選びはまずはデザインありきでしたが、これからは同じヒールでもウエッジソールのような安定感があって歩くのが楽、尚且つスタイリッシュな靴が気になりそうです。

>>参考
ミニマリスト女性のファッション。

洋服に関してもあまりに動きが妨げられるような作り込みのものは避けたいかなあ。あとはトレンドを意識して毎年買い換えるよりも、きちんと手入れして長く使えるものを選びたくなってきました。風合いがものを言う秋冬ものは特にそうですね。
食べるものでもそうですが、「いいものを少しだけ」が今の気分かもしれません。

あと、服とは少々外れますが、下着選びも変わりました。
若い頃はがっちがちに補正の効くしっかりした下着が好きだったのですが、今はもう補正に興味がないし、あんな肩の凝る堅いワイヤーもの1日中着けていられません。以前は全く興味がなかったカップつきキャミソールも、実際に使用してみると夏場にはかなり使えることもわかりました。

うーん、やはり服選びの着眼点は確実に変わりつつありますね。

甲田益也子さんが気になる

表紙を飾っている甲田益也子さんが巻頭ページで着用している黒のチュールワンピースが凄く可愛い。甲田さん、50歳を過ぎて最近ますます魅力的になられた気がします。

若い頃からそれはそれはお綺麗でカリスマ的存在ではありましたが、どちらかといえばエキセントリックな雰囲気があった記憶があります。それが気づけばなんとも自然な佇まいが似合う大人の女性になっていました。うーん、いいなあ。

そりゃモデルなんだから綺麗に決まってるでしょ、なんて言ってしまえばそこでおしまいなんですが、こういう素敵な年上女性がたくさんいるのって嬉しいです。

クロワッサンのターゲット層は40代以降の女性。
ついこの間までマガジンハウスならGINZA一択だったのに、と思うといやはや、時の流れを感じます。が、環境や体の変化に伴って趣味嗜好が変わるのはとても自然なこと。楽な服が欲しくなるのって、歳を取って外見に気が回らなくなったとか、おしゃれでいたいという好奇心が失せたということではないはず。

肩の力は抜いても気は抜かず、いくつになっても堂々と「楽なおしゃれ」を楽しめるのといいですね。




関連記事

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

「汚れてもいい普段着」の謎。

By: Luke Ma[/caption]   本気で寒い! というシ

記事を読む

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

ラクな服、これでいいのか。

台風まで来てしまったし、今回はやや失敗気味だったか。 関連 重視すべきは大きさよりも重

記事を読む

要らない機能がついたハンガーを廃止する。

久しぶりに服を捨てたからでしょうか。 女が服を、捨てる時。 現住まいから数えるこ

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

レースアップサンダルのコーディネイトを再考する。

By: Maegan Tintari[/caption] お気に入りなのに使っていないアイテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑