黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。みんなの味方、黒。

私もこれまで黒には散々世話になってきたクチではありますが、ここしばらく少々黒とのお付き合いに変化が生じておりまして。

関連 コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

とはいえ、金輪際黒は着ません!なんて訳ではもちろんなく。

本日は久しぶりに長年愛用している黒のシャツを着ました。

3色大人買いした結果

blackshirts
ご無沙汰していた黒のシャツは黒のジャケット、デニム、足元はスニーカーというかなりシンプルなコーディネイトを施しましたがバッグの派手さを引き立てるにはこれくらいがちょうどいいのです。

さて、この黒のコットンシャツ。かなり細身のシルエットで裾の長さがボトムにインしてもモタつかず、アウトにしても長すぎない絶妙なサイズ感が気に入っていて10年以上使い続けている代物です。

最初に黒を購入してピッタリきたので、同型の白、赤と計3枚を続けざまに購入。いわゆる大人買いってやつですね。

が、結局愛用品となったのは最初の黒だけでした。

関連 今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

おお、赤を手放したのは1年前だったか。
もしも去年手放さずに手元に置いていたとしても、やっぱり赤のシャツは未だに活用させることができなかったと思います。

褪せた黒の記憶

さて、10年以上も着ていたら洗濯回数も半端ないし、色がすっかり褪せてるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、その通り。購入当初は確かに真っ黒だったシャツ、今では年季が入ってすっかり薄くなってしまっています。

ただでさえ物持ちがいい私。最近は古くなったものはきちんと手放すように心がけているのですが、この黒シャツに関してはこれでいいか、と思ってしまっているのはなぜだろう。

と考えてみてふと古い思い出が蘇りました。

「気に入って、使って使って色褪せてしまったような黒のアイテムをカッコよく着こなすのがまた楽しいの」

そんな言葉がなんとなく頭に残っていたのです。

はて、誰が言ったんだったかな?と考えてみたのですが発信は恐らくアニエス・ベー氏。

私が10代の頃アニエスがめちゃくちゃ流行ったんですよね。黒のスナップカーディガンにカルソン、フラットシューズのコーディネイトは青春の思い出、とふと懐かしくなりサイトを覗いてみたら、これらのアイテムは今もラインナップされているようで。さすがは定番。

その頃はAgnes-bの他、KOOKAIやPETIT BATEAUなどのブランドが人気でちょっとしたフレンチカジュアルブームだったのだけど、確か雑誌のインタビューか何かで褪せた黒に関する言葉を見た気がします。

その頃の私にとって黒とは自分をキリリと大人っぽく見せてくれる絶対的にカッコいい色。褪せた黒なんてシャープさに欠けて嫌だなあ、なんて思っていました。けれど、今の私はちょっと褪せた黒いシャツに風格と愛着に似た何かしらの感情を抱きつつ気負わずデニムに合わせている。

そうかそうか。やっぱり、黒との付き合い方は変わりつつあるんだな。と、黒シャツ1枚から大昔の記憶を辿り妙に納得した1日になりました。
とはいえ、破れたりほつれたりしたものを着続けるのは避けたいのでコンディションはしっかり見極めないとね。

 




関連記事

tramando コーデ

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

By: ParisSharing[/caption] 寒いじゃないか。 ということでロ

記事を読む

旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまとまりました。 さて、どの

記事を読む

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

気に入らないもの一気に捨てて全とっかえなんてしなくても。

By: Ged Carroll[/caption] 昨日に引き続き月初の定例ポスト。

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

ブックオフが9/15までキャンペーンを実施中。

いつも書籍やCDの買取でお世話になっているブックオフが今日9/10から9/15までの6日間「

記事を読む

ドミニック・ローホー シンプルを極める 成熟した自我とは。

ドミニック・ローホー氏。 シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も著書を

記事を読む

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑