肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること

肉じゃが

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。

ならばどこへ向かおうか、とあれこれ候補を思い浮かべると同時にああ、新じゃががまだ少し残っていたなあ、漬物もあるなあ、と家にある食材を脳内整理。

突然肉じゃがが食べたくなり、結局家飲みすることに。

肉じゃがに決めたはいいけど残念ながら牛肉が手に入らず。
最近肉豆腐も肉じゃがも豚で作る割合が多くなってきたなあ、昔なら考えられなかったことです。

肉じゃがで晩酌

肉じゃが 献立

  • 糠漬け
  • 茹でキャベツのサラダ
  • 青梗菜のオイル蒸し
  • 肉じゃが

糠漬け

糠漬け

今日の糠漬けはにんじん、茄子、大根、キャベツの4種盛り。

茹でキャベツのサラダ

茹でて絞ったキャベツをオリーブオイルとポン酢で和えたもの。

青梗菜のオイル蒸し

青梗菜のオイル蒸し

青梗菜を塩、にんにくと共に鍋に入れ、ごま油を回しかけてさっと蒸したもの。青梗菜はくたっとなるまで蒸すよりしゃきしゃき感が残る程度にさっと火を通すのが好み。

肉じゃが

肉じゃが

豚コマと玉ねぎを油で炒めて醤油とみりんで濃い目に味をつけてからじゃがいもを加えて炒めあわせ、水を加えてじゃがいもが柔らかくなるまで煮ました。一旦冷ましたほうが味が染みて美味しい。

珍しく牛肉を買う気満々だったのに、特売日だかで大きいパックでしか売ってなかった…。残念だけど、最近は豚は豚でまたいいよね、と少々考えが柔軟になってきています。

そういや昔、蕎麦屋で呑んでて最後に「肉せいろ」を頼んだら豚肉が出てきて心底驚いた思い出が。ああ、東の豚文化はこんなところにも、と食の地域性をまざまざと感じた出来事でした。関西で「肉」って言ったら99%牛肉だからねえ。

日本酒にあうおつまみレシピ

ところで肉じゃがってお袋の味とか、男性の胃袋を掴む的な勝負料理という扱いをされることがしばしばあるようですが、実際ご飯のおかずとして肉じゃがが好き、という男性に会ったことがありません。
大体男の人ってイモ類あんまり好きじゃない印象があるのだけどどうだろう。私の周りが酒飲みばっかりだからそういう印象になるのかしら。

酒飲みのイモ料理と言えば居酒屋で根強い人気のポテトサラダでしょうか。
最初に知った時にすごくびっくりしたのですが、一部ではポテトサラダにソースをかけるという文化があるようで。

あれはどういう感覚なんでしょうか。

ビールに寄せる戦法としてのソース?スパイス的な?
自分があまりポテトサラダを頼まない人間なので未知の世界で興味津々です。

 




関連記事

鯖納豆献立

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあた

記事を読む

金目鯛のかぶと煮、なすのねぎ塩和えで晩酌

金目鯛のかぶと煮、蒸しなすのねぎ塩和え献立。

また目が合ってしまった。 どうして私はこうも魚のあらに弱いのでしょうか。 大根と

記事を読む

水菜のレシピと献立

水菜と油揚げの煮びたし、新玉ねぎとツナの塩昆布和え。

こいつらに任せておけば、必ずなんとかしてくれるだろう。 上司からの期待を一身に担う黄金

記事を読む

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

パクチーが食べられない人間がベトナムを旅できるのか。

一人旅でベトナムに来ています。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。 一人

記事を読む

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で晩酌。

I'm back. 恥ずかしながら、帰ってまいりました。 あんなことを言っておきなが

記事を読む

鶏豆腐 レシピ

鶏豆腐、セロリ卵の家飲み献立。

今朝は朝から税務署に行ってきました。 いやー、真っ最中ですからね、かなりの混雑。

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

塩豚とキャベツのしょうが炒め

塩豚とキャベツの炒めもの、蕪の梅サラダ献立。

先日普通に入手したキャベツを大事に食べています。 いやー、つかめない。野菜の動きがつか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑