鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鯖納豆献立

鯖水煮缶をパカリと開けて簡単サラダにしたならば、その翌日の2日目は、納豆と合わせる。

関連 鯖と新玉ねぎのサラダ献立。

1日目のつまみから、毎度お決まり2日目つまみへの流れ。

こういうのを様式美というのでしょうね。いいませんね。

鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもので晩酌

鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。

  • 白菜の酒粕味噌汁
  • 新玉ねぎの梅サラダ
  • 豆苗と豆腐の炒めもの
  • 鯖納豆

白菜の酒粕味噌汁

白菜の酒粕味噌汁

いりこだしに白菜、油揚げの味噌汁に、ほんの少量の酒粕を混ぜました。アクセントには黒七味

新玉ねぎの梅サラダ

新玉ねぎの梅サラダ

叩いた梅干しをオリーブオイル、酢、少量のしょうゆで伸ばしたドレッシングで薄切りにして水にさらした新玉ねぎと千切り大葉、鰹節を和えたもの。玉ねぎのカット具合が不細工なのは私の技術不足3、玉ねぎの形状問題7。ほんとに。

豆苗と豆腐の炒めもの

豆苗と豆腐の炒めもの

フライパンに油を引き潰したにんにく、唐辛子を入れ火にかけ、香りがたったら水気を切った豆腐を投入し、軽く崩しながら炒めます。最後に豆苗を加えて塩、酒、胡椒で調味したら完成。

鯖納豆

鯖納豆

鯖水煮缶と納豆を合わせ、さらしねぎをたっぷり乗せるだけ。

鯖と納豆。見た目はお世辞にも美しいものではありませんが、いいつまみ。このままうどんやそうめんなどの麺類、はたまた王道の白飯にそっと乗っけるのもまた正しい食し方と言えるでしょう。いや、むしろそちらのほうが本式か。

毎度しつこく書いて恐縮ですが、これ、元ネタは山形の「ひっぱりうどん」ですからね。

家飲みブログ

メインを常温料理にしてもいいかな、と考え始めるといよいよ春という実感が湧きますね。さらに今日はサイドにも冷菜の代表、サラダが控えていますから。但し、冷たいばかりではまだまだ落ち着かないので、酒は燗で、そして守りの味噌汁を。しかも酒粕を追加してのやや濃いめ汁を据え、暖を取ることも忘れない、という作戦です。

などと晩酌献立バランスについて改めて書き出してみれば鬱陶しいことこの上ないですが、おかげで本日は好みのバランスに着地し上機嫌、大満足。

人生もつまみも、大切なのはバランスとリズム感ですね。(適当)

 




関連記事

いり焼き豆腐で晩酌

いり焼き豆腐、しらすおろしで晩酌。

レシピを見ながらキッチンに立つことはほとんどありません。 毎夜の晩酌に並べるつまみは切

記事を読む

鮭と小松菜のオイル蒸し献立

小松菜と塩鮭のオイル蒸し、しいたけと三つ葉のおろし和え献立。

魚類の入手困難問題は、未だ解決できておりません。 頼りにしていたご近所店の棚変更が要因

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、豆苗の煮浸し献立。

麗しき粕汁週間。 粕汁さえあれば満足に飲めることが確実なので、毎度副菜が頼りなげになり

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯

玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りましたが、作った、というほどの料理で

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変えて初

記事を読む

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入

記事を読む

砂肝とねぎの塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。

記事を読む

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘

記事を読む

出羽桜 つや姫

山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸で晩酌。鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立。

鶏むね肉を食べるとなると、蒸し鶏になるパターンが多い。 蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    今日の献立を見てしみじみ思いました。
    わたしに足りないのは、さらしねぎ、叩いた梅干し、黒七味であると…。
    このへん、無くっても献立として成立しますよね?でも、あると、そりゃもう圧倒的にうれしい。こういう、相手が自分自身であっても、もてなしに手を抜かないっていう姿勢、ほんとあこがれます。

    大変たのしそうな企画のアンケートに回答しました。しかし、テイクはしたくてもギブできるものが無い者としては、参加したいとは言いにくいですね。もしや、あとで座談会ダイジェストみたいな記事が…いや、それは無いな。せっかく呑むならその場を楽しむことだけ考えなくちゃ。

    春は気持ちが浮き立ちますが、同時に花粉禍にもみまわれ、わたしにとっては、なんとももどかしい季節です。
    crispy-lifeさんには、悪い夢のない春眠が訪れていますように!

    • crispy-life より:

      memeさん

      薬味、ですかね。何を足して何を引くかはその塩梅が非常に難しいところではあります。

      ひとりだから別にいいや、という怠惰の誘惑は私の日常に溢れまくっているのですけども、よくよく考えてみれば自分で自分の面倒を見ない限り誰ひとり私の面倒を見てくれない一人暮らし、さすがに放置はよくないな、と思うようにはしています。但し、実行できているのは酒とつまみに於いてのみ。

      そしてアンケートご協力ありがとうございます!
      まだ何をするのか、しないのか、全然未定なのですが、するにしても参加者の方のご負担(絶対に何かしら発言せねばならなぬ、とか)になるような形式は考えておりませんので、もしもの折はお気軽にご参加を〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑