湯たんぽで足をロックする季節になりました。

公開日: : 最終更新日:2018/10/15 冷え性改善

いやー、寒い。

ここしばらく暖かい日が続いていたものだからすっかり油断していましたが、さすがに11月。ぐっと冷え込んで参りました。

どうやら私の場合は気温20度を切ると辛いらしい。

参考 本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

今後はガンガン寒くなってくるので覚悟が必要です。

湯たんぽの季節になりました

2yutanpo

というわけで、とうとう湯たんぽが今季初登場です。

今の部屋にはエアコンはあるもののもともとあまり得意ではない+なんだか効きが悪い+足元が寒くてエアコンでは到底問題が解決できないとマイナス要因が三拍子揃っているのであまり期待できず。
昨シーズンに電気ストーブやらあったかブランケットやら、足元の冷え対策グッズをあれこれ検討した結果、湯たんぽひとつでの越冬に成功しました。

参考 湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

湯たんぽといえば就寝時のお供といったイメージが強いですが、私の場合は風呂上がりすぐ就寝すれば布団の中での寒さはあまり感じなくなりました。

が、問題なのは起きている時。

建物の構造の関係なのか、外より部屋のほうが寒いという有様。椅子に座って仕事をしている時、そして食事中など起きている時間に感じる冷えのほうが圧倒的に辛いのです。

その昔はつま先が冷たくてなかなか寝付けないという典型的な末端冷え性の症状に悩んでいた私。寝る時に辛さを感じなくなったということは去年の対策によって多少冷え性が改善されたのかな?

まあ、起きている時と寝ている時、どちらも冷えを感じなくなるのが理想なので今年も頑張ります。

動けないほど寒い時、一番効果的な解消法は

昨日は雨も降っていてぶるぶる震えざるを得なかったわけですが、足元と腰に湯たんぽを当ててブランケットをかけていると極感の部屋でもなんとか平常心を保つことができます。

しかし問題なのはこの体勢。
足元拘束、腰暖かい、ブランケット暖かい=動きたくない、という魔のこたつ状態になるわけです。デタクナイヨーってヤツね。

でも、冷え・寒さ対策として最も効果的なのは

「動く」

こと。
ぬくぬくした現状を捨て、心を鬼にして外に飛び出してこそ本当の勝利が見えて来る。そう、暖かい環境を準備してそこにじっとしていては根本的な解決にならないのです。

参考 寒過ぎて動けない? それは発想が逆だから。

湯たんぽのぬくもりは永遠ではないですからね。時間が経てば冷めてきて、湯を沸かしにキッチンへ行かねばならないところも理にかなっているのかも。なんか無理やりですが、やっぱり動かないと体温まらないですよ。

いずれにしても部屋が寒いのでこれからの時期はできるだけ家の中でもぱたぱた動く、そして部屋にいる時間をできるだけ短くする作戦で凌ぎたいと思います。そうだそうだ、寒さにかこつけていっぱいお出かけしよっと。

※ 翌年の冬もお世話になっております
湯たんぽメインで寒い冬を乗り切れるか ’16。




関連記事

本気の冷え性改善記録 18日目 外側からの防寒を施す。

つま先が氷のように冷たくなってしまいなかなか寝付けないほどの末端冷え性に悩んでいた私。 今

記事を読む

本気の冷え性改善計画、今年の冬こそは。

ここ数日は天気もよく「過ごしやすい気候」と言えるかもしれませんが、もう既に辛いです。

記事を読む

Aurora Soho

冷え性で早起きが辛い、朝が寒い。

根っからの夜型だったのに朝型に変化してしばらく経ちます。 早起き習慣のコツと効果。超夜

記事を読む

本気の冷え性改善記録 7日目 お風呂は正義。

10月の時点でつま先が冷たくなってしまったことで、この冬こそは末端冷え性を内側から改善したい!と

記事を読む

本気の冷え性改善記録 13日目 極力部屋から遠ざかる。

11月に入りましたね。 今から準備しておけば、本格的な冬の到来に間に合うかも?と淡い期待を

記事を読む

本気の冷え性対策記録 1日目 簡単なことから。

今年の冬こそは治す!と宣言した末端冷え性。 そもそも一冬頑張ったくらいで症状が改善するもの

記事を読む

本気の冷え性改善計画 4年目開幕。

夜、部屋でじっとしていると足元が寒くて、そろそろアレが必要だなとクローゼットから取り出す。

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

ずいぶん前にこんな記事を書きましたが。 関連 私がカフェに行かなくなった理由。

記事を読む

持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先日友人と話していて 「おまえは寒

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑