本気の冷え性改善記録 6日目 ベッドの誘惑。

公開日: : 健康と美容, 冷え性改善

stove
あれ、なんかタイトルがいやらしいですね。

この冬こそは末端冷え性を改善するぞ!と日々できることからコツコツとよい習慣を付けるべく取り組んでいます。

参考 本気の冷え性改善計画

が、体質改善云々以前に「部屋が寒すぎる」ことが発覚。これは何か防寒器具を投入しなければ、という状況です。

本気の冷え取り対策 6日目

babyfoot

運動

6日目は気合いいれて歩きました。1時間ちょっとくらいかな?時間とタイミングさえ合えば、歩くのは大好きなので全く苦にならないです。
が、「1日最低30分」のウォーキングだけでは気休め程度の運動量でしかないし、目的である筋力UPには到底繋がらないでしょう。だからといって止めてしまっては全く意味がないのでウォーキングはこれからも意識して続けますが、何か他のことも必要かも。すきま時間にやってるストレッチをもっと本気でやったほうがいいのかしら。以前2年間ほどヨガをやっていたことがあるのですが、最近ご無沙汰だしなあ。

しょうが

昨日も相変わらず部屋は寒かったのだけど、しょうがを入れたミルク煮のおかげで「落ち着いて食事ができない」程の寒さは感じませんでした。しょうがはもともと好きだけど、こんな風に毎日意識して取り入れたことはないので、続けることで果たして効果があるかどうか楽しみです。

飲み物

またまたコーヒーをたくさん飲んでしまいました…。コーヒーの適量ってどれくらいなんだろう?と調べてみるとやはりマグカップ2杯まで、という情報が多いよう。なんですが…

参考結局コーヒー1日何杯飲んだらどうなるの?(Naverまとめ)

ちょっと検索すればこういう情報が山ほどヒット。もう何がなんだかわからなくなってきませんか?身体を温める食品についても、情報元によって内容はまちまちだったり間逆のことが書かれていたり。
こんな状態じゃ、そりゃ情報に疎い人や老人、子供たちが簡単にデマにひっかかるわけだ。
これだけ簡単に情報が入手できる時代だからこそ、正しいもの、自分にあったものをきちんと選び取るリテラシーが必要ですね。いろいろ読んでいるうちに混乱してくるので情報を入れすぎるのもよくないかも。

とにかく、コーヒーはできるだけ1日1杯にしたいです。

あと、夕食時にビールを呑むという行為はあまりに部屋が寒すぎて幸か不幸か現時点では不可能。昨日は白よりなんとなく体が温まりそうな赤ワインにしてみましたが、煮込みとの相乗効果なのか、結構ほかほかと晩酌タイムを楽しむことができました。しばらく、夕食には赤ワインか熱燗が頻繁に登場することになりそうです。

ベットの誘惑に抗えない

temptation
と、なんだかいい調子で晩酌を楽しめたのはいいのですが、やはり部屋が寒いことには変わりなく。

「ああ、ちょっと寒いからお風呂入る前に5分だけ布団に包まりたいな…」

という欲望を断ち切れず、ごろんと。
ええ、そのまま朝まで寝てしまいました。

これが一番イヤなんですよね。
私は毛布の類は一切使わないので季節を問わず寝具は羽根布団1枚なんですが、あの暖かさときたらもう。一度絡めとられたら抜け出すのが困難な羽根布団の誘惑に冬場はついつい負けてしまいベッドで過ごす時間が多くなってしまうのです。「しまうのです」って、そんなものは自分のさじ加減ひとつなんですが。

あー、久しぶりにやってしまいました。反省。

せっかく本気で対策すると心に誓ったのにこの体たらく。全く、困ったものです。
が、ベッドに入りさえすればすぐに寒さを忘れる状態は決して悪くはありません。真冬はつま先が冷たすぎてベッドに入ってもなかなか寝付けないことのほうが多いですからね。

なんとかベッドの誘惑に負けず、正しい生活パターンと体質改善のための習慣を作ることに注力していきたいです。




関連記事

突然の体調変化 原因を検証する。

By: Samantha Forsberg[/caption] ここのところ体調がおかしい日

記事を読む

履かない靴は、売る?処分? それでもまだ持ち続けている。

By: J. Triepke[/caption] 日が長くなったな、と気づく今日この頃。

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

本気の冷え性改善記録 4日目 冷たい雨が降る日のつま先の状態。

辛い辛いと言いながらも根本的な対策を取らずに放置したままだった末端冷え性。 今年は一念発起して本

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その4 ~粗食に大興奮~

以前自宅でファスティング(断食)にチャレンジした時の記録です。 参考 ファスティング(

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

鼻ニキビと赤鼻の対策に取り掛かる宣言から早くも2ヶ月が経過し、季節はすっかり赤鼻のトナカイ。

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑の結果。

カラートリートメントの一種であるカラーバターなるものがあります。 ジャー入りでペースト

記事を読む

シャンプーやめました。湯シャン生活4週間の効果は?

シェアハウス入居を機に、シャンプーをやめました。所謂「湯シャン」ってヤツですね。 私の

記事を読む

肌断食、「悪魔の書」を手に入れた。

By: La Melodie[/caption] 先日からほうれい線がー、とぶつぶつ言ってま

記事を読む

ぎっくり腰の痛み対策、あってよかった意外なもの。

By: Simply CVR[/caption] 腰の調子が悪いと自覚していた矢先のぎっくり腰。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑