湯たんぽメインで寒い冬を乗り切れるか ’16。

公開日: : 最終更新日:2018/12/17 健康と美容, 冷え性改善

11月の東京に雪が降るとか降らないとか。

参考 【東京】11月の初雪、記憶にありますか?(ウェザーニュース)

現在の部屋は太陽の恩恵を存分に蓄積できる作りなのかどうかはわかりませんが、晴れた日には夜まで驚くほど暖かく助かっています。それでも真冬になればそれなりに寒くなるでしょうが、以前の部屋と比べれば随分マシになりそうで寒がりかつ冷え性の身としてはうれしい限り。

関連 外より寒い家は、ある。

一方で、ものすごく寒い場所もありまして、すでに足元温めグッズの使用を開始しております。

湯たんぽで足を温める

2yutanpo4

今年もやわらか湯たんぽを使い始めました。気付けば早くも使用3年目です。

関連 末端冷え性におすすめ やわらか湯たんぽで足を温める。

旧住まいではすきま風なのか床から上がってくる冷気なのか、部屋で椅子に座って仕事をしている時や食事をしている時は凍えるほどの寒さでエアコンでは全く対応できない状態でした。が、現在の部屋は厚手の靴下を履いていれば今のところさほど足元に冷たさは感じません。

が、なぜかキッチンが寒い。すごーく寒い。

立って料理をしている時は動いているせいであまり気にならないものの、座って食事をしましょうとなった時に床のひんやりとした冷たさがルームシューズと靴下を通しても伝わってくるような、なんというか硬い冷たさ。旧住まいと同様エアコンでは対応できない系統のこの寒さ、足元が冷たくてはせっかくの晩酌タイムが寒々しいものになってしまいます。

ということで現在は主に食事中の足元に湯たんぽを使用中。キッチンで使うならそのまま歩けるブーツ湯たんぽもいいなあと思うものの、そんなに湯たんぽばっかり何種類もいらないのでダメになるまでは今あるものを使います。さすがに3年目ともなると当初はやや気になっていたウェットスーツ素材独特の匂いもほとんど感じなってきたしね。

湯たんぽと羽毛布団でこの冬を乗り切りたい

そして失敗したと思っていた新しい寝具が意外や意外、今の時期でも全然問題ありません。

関連 1枚でオールシーズン使える布団を探して。

お風呂上がりで温まった体のまま潜り込めば瞬時にほかほかと温まるのでこれは湯たんぽと併用すればオールシーズンいけるかも。もともとずっしりと重量のある布団が苦手だからかもしれないけれど、この軽さが頼りなくなければ真冬の使用もアリ、なのかもしれません。

妙に暖かい部屋と羽毛布団とやわらか湯たんぽ。寒くなりそうな今年の冬、これらでどうにか乗り切れるでしょうか。

ミニマリストの持たない暮らし

精鋭部隊に期待しつつ、さらなる冷え性改善を目指して自らの努力も続ける所存であります。

※ 早いもので、湯たんぽ愛用歴4年となりました
本気の冷え性改善計画 ’17。




関連記事

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

湯たんぽの季節、寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽ。

湯たんぽの季節になりました。 現在使用している湯たんぽを導入したのは、2014年の冬の

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑。

いい加減観念すればいいものを、しつこく抗い続けています。 いつまで続く、この負け戦。

記事を読む

布団の酷使とピンチの劣化。

シーズン毎に取り替えられることもなく、1年中酷使されている我が布団。 1枚でオールシー

記事を読む

持っていることを忘れていたもので助かる。

足が妙にしんどいな。珍しくそんな風に感じるここ数日。 しんどいという表現はえらく抽象的

記事を読む

汗疱来たりて、酒を断つ。

かゆい!かゆいったらありゃしない。高頻度の手洗い・消毒が原因かと睨んでいた手湿疹ですが、そ

記事を読む

美への執着、失くしたくないもの。

運動をしないので筋肉痛になる機会などない。そう思っていたけれど、前回筋肉痛になったのはなんと

記事を読む

ワンタフトブラシ

もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人知れず涙したあの日から早3週間

記事を読む

転ぶ女。

旅先でよく転んでいる。 記憶に、そして体に傷として残って覚えているだけで、ここ半年で2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑