本気の冷え性改善計画。寒過ぎて動けない? それは発想が逆だから。

公開日: : 最終更新日:2018/08/03 健康と美容, 冷え性改善

泣く子も黙る末端冷え性を根本的に改善するぞ!

と、決意を固めた2014年の秋。
コツコツと地味な対策に取り組み始めて2ヶ月が経過しました。

参考 本気の冷え性改善記録

10月から寒い寒いとビビリまくっていましたが、ここ数日で本格的に寒くなってきました。

最高気温8度とか。
やっぱり冬って怖い。



 

その後の冷え性改善対策

さて、私の冷え性改善対策といえば腰を抜かすほど地味なものばかりで基本は

  • 運動
  • しょうが
  • シャワー

この3つです。

新しい習慣を定着させるためにブログで3週間記録したのがよかったのか、はたまた「きちんとやればマシになる」ことがわかったからか、以後もこの習慣は継続しています。

 

 

寒いから動けないんじゃなくて、動かないから寒いのだ

そもそも運動量が少なすぎる生活を送っているので、少しでも改善しようと義務づけているウォーキング。寒くなると外を長時間歩くのは正直億劫なのですが、毎日最低1時間は歩く生活が続いています。

歩き始める前はいやだなあ寒いなあと思ってしまうものの、いざ歩き始めると寒さがマシになるのがありがたい。
天気のいい日だとうっすら汗をかくくらいなので、多少の運動効果は得られているようです。

そして寒空の下帰宅したら椅子に座ってまったりしたりはせず、真っ先にお湯を沸かしにキッチンへ向かいます。

一度座ってしまうともう二度と動きたくなくなるのが(すぼらな)人間の性。
面倒でも、寒くても、細かく動いているほうが体は冷えない、という当たり前のことがわかったのでじーっと同じ姿勢で過ごす時間は格段に減りました。というか、意識的に減らしました。

そう、寒いから動けないんじゃなくて、動かないから寒い。とても簡単なことでした。

 

足とお腹を温めることも忘れない

さて、帰宅後即効で沸かしたお湯の行方は湯たんぽ。

参考 本気の冷え性改善記録 やわらか湯たんぽで足を温める。

使い始めてすぐの頃は主に就寝時に利用していましたが、現在は部屋にいる時は常時使うようになりました。
というのも、私の部屋はあまりにも寒すぎるため、エアコンを稼動させたところで暖かさを感じることができません。特に足元は絶望的に寒気があがって来るのでいつもこの湯たんぽに足を突っ込んでいます。足とお腹を同時に温めれば、部屋でも常に温泉気分。

おかげで部屋にいる間はつま先の冷たさに悩まされることはなくなりました。

もちろん、湯たんぽなしで常に足が温かい状態にまで体質が改善されるのが理想ではありますが、エアコンでもたちうちできない寒い部屋では足元を温める何かが絶対に必要。
暖房器具は増やしたくないなあと思っていた私には、場所を取らずともきっちり働いてくれる湯たんぽが合っているようです。

※追記
そぞろあるきさんからコメントでアドバイスをいただきました。

参考 冷え予防 | 仙骨を温める(そぞろぐ)

確かに、シャワーも腰を集中的に温めるとかなり気持ちいい。もともと腰に難アリの私、腰の大切さは重々承知しております。というわけで早速仙骨も湯たんぽで温め開始。有益な情報をありがとうございます!

 

細く、長く。地味に続けられる方法を選ぶ

今回冷え性改善対策に取り組むにあたって、どういう対策をすべきなのか、何が効果的なのかをあれこれ調べました。
その中から無理なく実践できそうだった運動(といってもウォーキング止まりですが…)、シャワー、しょうがという3つに絞って続けてきましたが、結果これがよかったと思っています。

ダイエットでも美容法でもそうですが、世の中には魅力的な情報が溢れていて、私たちはいつも惑わされがち。
情報やちょっとした知識が簡単に手に入るからこそ、情報収集そのものよりも、膨大な情報群の中から何を選び取り、何を実行するかを見極める力が重要になっています。そもそも自分のことがきちんとわかっていなければ、自分に本当に合う方法を選択することなど不可能です。

そして永遠に情報だけを捜し求めることに。
悲しすぎる。

実際、しょうがに関しても「冷え性に効果なし」という情報はたくさん見かけました。
が、私はしょうがが好きだし、しょうがを使った料理を食べることで体が温まるのを実感できるし、さらに胃腸も強いので、しょうがを積極的に食べる方法を採用しました。

必要なのは多くの情報を集めることではなく、

「この方法、私に合ってる?」

と、自分の体に聞いてみること。自分にとって何が必要なのかを判断できることが大切なのだと、冷え性を通じて痛感しています。

 

そして冷え性は改善できたのか

体質改善には時間がかかると覚悟してスタートしたこの取り組みでしたが、つま先が冷たすぎて眠れなかった頃のことを考えると思いの他早く結果が出ていることに驚きます。

もちろん完全に冷え体質ではなくなったわけではありませんが、少なくとも眠れない程に酷い状態は改善されたし、何よりいい生活習慣が身につきつつあると実感しています。

2ヶ月でここまでくれば、未来は明るい!
はず。

まだまだ寒い日が続きます。
私と同じく冷え性に悩むみなさん、あきらめずにコツコツと対策を続けましょう!

※追記 2016年も冷え性対策に励んでおります。
関連 湯たんぽメインで寒い冬を乗り切れるか ’16。

 




関連記事

cryingbaby

ほうれい線改善 舌回しストレッチを3週間続けた結果。

ほうれい線改善のための「舌回しストレッチ」が泣くほど辛い、と書いてから3週間が経過していまし

記事を読む

mikli

充血とパンダが止まらない。

I can't stop the loneliness. いや、別に悲しくはないけれど

記事を読む

brownhair

白髪を染めたくない。ヘアカラートリートメントを使ってみた 5回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、5回目のレポートです。 &nbs

記事を読む

chiangmai12

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

japanesepic

ファスティング(家断食)の記録 その6 ~ゴール目前の心境~

  今回の断食は、断食ジュース食(?)3日に回復食3日、と設定しています。よ

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

トラブル肌のシンプルケア、例の不正入手問題で考えた。

今年は大きなトラブルもなく逃げ切れそうです。 関連 肌トラブルの原因を探る皮膚科で受け

記事を読む

1905kakegawa_2

休肝日にはバナナを食べる。

思わぬトラブルに見舞われた先週。 参考 ぎっくり腰になりました 2015 初めてのことで

記事を読む

mikli

現実から目を背けて生きる人。

生活や精神状態の他に、ある程度の年齢になれば安定すると思い込んでいたものに、視力がある。

記事を読む

konbu

昆布で白髪は染まるのか問題。

先日ぴよこさんより白髪問題に関する耳寄りなコメントを頂戴しました。 関連 カラーバター

記事を読む

bodybrash

本気の冷え性改善記録 13日目 極力部屋から遠ざかる。

11月に入りましたね。 今から準備しておけば、本格的な冬の到来に間に合うかも?と淡い期待を

記事を読む

Comment

  1. そぞろあるき より:

    はじめまして。そぞろあるきといいます。

    わたしも冷え(としもやけ)に悩まされているひとりです。
    湯たんぽのエントリーの時に気になって…やっぱりお伝えしたくてはじめてコメントさせていただきます。

    鍼灸の世界では「冷えには仙骨に灸」と言われているそうで、内臓をを温めるには、お腹より脂肪の薄い腰(仙骨)を温めた方が効果があるそうです。
    もしお腹でなく腰を温めたことがなかったら、是非、試してみてください。

    わたしも冷え性改善、焦らず諦めず続けていきたいと思います。

    • crispy-life より:

      そぞろあるきさん

      コメントありがとうございます。

      おおお、確かに!
      ブログの記事も拝見して、早速仙骨の温めを開始しました。

      アドバイスありがとうございます。
      お互い寒さに負けず、がんばりましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きかぶ
冬限定の定番道具、これでよかった。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑