本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 健康と美容, 冷え性改善

ladysfoot

末端冷え性に長年悩んできた私。
PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くことがよくありましたが、今年はまだ手の冷たさは感じていません。やっぱり気になるのは、つま先かな。

本格的に寒くなるシーズンに備えて、冷え性体質を改善すべく日々地味な取り組みを続けています。

参考 本気の冷え性改善対策記録

目標はもちろん末端冷え性を治すことなのですが、体質改善に時間がかかることは覚悟の上。まずはむやみに身体を冷やさないための「新たな習慣作り」を直近の目標としています。

体質改善って、結果を急ぐタイプの取り組みではないもんね。結果をあせらず、着実に進もう。

 

本気の冷え取り対策 16日目

sparklingwine

運動

お昼まで寒い部屋で冷たい足と格闘していたのですが、昼過ぎに外出するととたんにぱあっと温まるつま先。歩き始めるとすぐに凍えたつま先が緩んでいくような感覚がありました。
うーん、やっぱり寒くて冷たい部屋は冷え性の大敵ですね。って、そこで暮らしていくしかないんですが。
ウォーキング程度の運動では冷え性改善にはならない、といった意見もありますが、少なくとも部屋でじっとしているよりはよさそうです。
ちなみに、私の場合はつま先が冷えた時には「歩く、動く」のほうが、「靴下の重ね履き」より即効性があるように感じています。

しょうが

昨夜は早い時間にしょうがメニューの食事を採りました。が、気温があまり下がらない予報だったので冷やしたスパークリングワインをお供に。
今確認してみると、昨夜の気温は16度。あれ、めちゃくちゃ暖かいというわけでもなかったのですね。でも全く寒さを感じなかったのはしょうがメニューのおかげなのか、ただ酔っ払っていただけなのか。多分後者ですね。昨夜のブログ読み返してみたら自分でも何書いてるかまったく意味不明だったので。
が、食後とお風呂上りにしょうが紅茶を飲むことは忘れませんでした。

シャワー

昨夜もしっかりぽかぽかシャワー法を実践。温もった身体が気持ちよくて、せっかく編み出した(?)しょうが紅茶サンドイッチ作戦の効果をじっくり検証することもなくさっさと寝てしまいました。おかげで今朝は5時過ぎにしゃきっと目覚めたのですが、まだ薄暗く寒い時間帯でもあまり足が冷たく感じることがなかったです。
うーん、やっぱり湯船につかれなくてもシャワーは浴びなきゃダメですね。

調子にのって冷たいお酒をたくさん呑んでしまいましたが、まあ、たまには…。

今になって考えると、これまでは真冬でもベランダで冷やしたビールを毎日呑んで

「寒い」

って、そりゃアンタ寒いでしょうよ。ねえ。
冷たいビールもスパークリングも大好きではありますが、冬場は控える決断も重要。幸い、日本酒も赤ワインも好きなので苦労はなさそうです。

たまに持ち前のずぼらさを発揮してシャワーをサボったりしていますが、冷え取り習慣づくりは自分のなかでかなり定着しているようです。方向性は間違っていないと感じるので、自分の身体が変わっていくことを信じて、コツコツ続けていきます。




関連記事

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

湯たんぽに「たっぷりの湯」は必要なかった。

冷え性対策としてすっかり愛用品となった湯たんぽ。 参考 本気の冷え性改善記録 部

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

失ってから後悔したものは。

年をとってから後悔すること、とか、死ぬ前に後悔すること、というネタが嫌いです。 関連

記事を読む

心電図に所見あり。右軸偏位、BMI値、健康診断の結果が出た。

By: Kiran Foster[/caption]   1年ぶりに健康診断

記事を読む

残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、

記事を読む

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

ヘアカラートリートメントで白髪ケア、の進捗状況。

夏頃から白髪対策として使い始めたカラートリートメントについて。 参考  【白髪ケア】ヘ

記事を読む

本気の冷え性改善記録 17日目 驚きの事実に気付いた日。

末端冷え性を根本から改善すべく地味な取り組みを続けています。 新たな行動を習慣化するまでに

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

鼻ニキビと赤鼻の対策に取り掛かる宣言から早くも2ヶ月が経過し、季節はすっかり赤鼻のトナカイ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑