足首のある暮らし、もうむくまない足。

公開日: : 最終更新日:2019/11/22 ファッション, 健康と美容, 冷え性改善

履かない靴

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

40も半ばを過ぎてようやく風呂推しとなり、そのせいか長年手を焼いていた冷え性も改善傾向にあります。

さらに、目に見えて改善したのは、むくみです。

足首のある暮らし、もうむくまない足

カリッとした毎日。白湯。

体に比べて足が異常に太すぎる、こんなにむくんでいて辛くないのか。

マッサージを受けるたびにそう指摘されていた足のむくみは、すっかりなくなりました。

むくみ解消ネタは4年ほど前にすでに書いておりましたが、現在も維持できているということは、むくみレスが定着したといってもよいのではないでしょうか。

むくみ解消で足は細くなる!効果を実感した4つの習慣。

ちなみに「4つの習慣」のうち現在も続いているのはアーモンド以外の3つ。ナッツも長らく続けていたのですが、別の問題が浮上したので現在はちょっとおやすみ中です。いや、ナッツは続けて酒止めろよという話ではありますが、ナッツがあると飲みたくなっちゃうんだから仕方ない。

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

まあそのうちナッツ生活も復活することでしょう。

つらさを当たり前にするべからず

むくみって、つらかったんだな。

そう実感したのは、むくみがなくなってからのことでした。

サリーちゃんから逃がれられない。

突然足首がなくなる悲劇、そして重苦しさ。すぐに緩和できたからよかったものの、あのどんよりさはなかなかヘヴィでキツかった。でも、その昔の私はずっとむくんでいて、足首はなく、靴下のゴム跡が痛々しいまでに残っていたわけで。

年がら年中むくんでいると、もはやその状態が当たり前になってしまって、辛さに鈍感になるものなのかもしれません。

そしてこれって何もむくみに限ったことではなく。

辛い状況とか酷い状態にあまりに慣れきってしまうと、人は改善しようという発想や気力が失われるのではなかろうか。などと恐ろしいことを考えてしまい、震える。

よくない。よくないねえ。

とにかく、遅まきながら手に入れた足首のある暮らし。それでもやっぱり足を出すスタイルには慣れておらず、今から膝丈スカートを多用する気配は薄い。

おばさんのミニスカートは迷惑論。

でもまあ、春だし、たまには虫干しよろしくコスプレに興じてみるのもいいのかね。




関連記事

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その8 ~断食で得たものとその効果~

連続でお伝えしてきた自宅でのファスティング記録。 参考 ファスティング(家断食)の全記

記事を読む

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

持っていることを忘れていたもので助かる。

足が妙にしんどいな。珍しくそんな風に感じるここ数日。 しんどいという表現はえらく抽象的

記事を読む

白髪ケア カラートリートメントジプシー卒業なるか。

毎度辛気臭い話ですみません、白髪ネタです。 先日バッサリ髪を切りまして。 田舎暮らしや社会貢

記事を読む

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

タイトルの通りです。 先週末からたった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cmの超

記事を読む

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

激しい雨音で早朝に目覚め、慌てて起き出し開け放していた窓を閉める。 この雨のせいか、少

記事を読む

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

私は現在都内で一人暮らしをしております。 会社勤めをしていないフリーランスの身なので、

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑