足首のある暮らし、もうむくまない足。

公開日: : 最終更新日:2019/11/22 ファッション, 健康と美容, 冷え性改善

履かない靴

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

40も半ばを過ぎてようやく風呂推しとなり、そのせいか長年手を焼いていた冷え性も改善傾向にあります。

さらに、目に見えて改善したのは、むくみです。

足首のある暮らし、もうむくまない足

カリッとした毎日。白湯。

体に比べて足が異常に太すぎる、こんなにむくんでいて辛くないのか。

マッサージを受けるたびにそう指摘されていた足のむくみは、すっかりなくなりました。

むくみ解消ネタは4年ほど前にすでに書いておりましたが、現在も維持できているということは、むくみレスが定着したといってもよいのではないでしょうか。

むくみ解消で足は細くなる!効果を実感した4つの習慣。

ちなみに「4つの習慣」のうち現在も続いているのはアーモンド以外の3つ。ナッツも長らく続けていたのですが、別の問題が浮上したので現在はちょっとおやすみ中です。いや、ナッツは続けて酒止めろよという話ではありますが、ナッツがあると飲みたくなっちゃうんだから仕方ない。

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

まあそのうちナッツ生活も復活することでしょう。

つらさを当たり前にするべからず

むくみって、つらかったんだな。

そう実感したのは、むくみがなくなってからのことでした。

サリーちゃんから逃がれられない。

突然足首がなくなる悲劇、そして重苦しさ。すぐに緩和できたからよかったものの、あのどんよりさはなかなかヘヴィでキツかった。でも、その昔の私はずっとむくんでいて、足首はなく、靴下のゴム跡が痛々しいまでに残っていたわけで。

年がら年中むくんでいると、もはやその状態が当たり前になってしまって、辛さに鈍感になるものなのかもしれません。

そしてこれって何もむくみに限ったことではなく。

辛い状況とか酷い状態にあまりに慣れきってしまうと、人は改善しようという発想や気力が失われるのではなかろうか。などと恐ろしいことを考えてしまい、震える。

よくない。よくないねえ。

とにかく、遅まきながら手に入れた足首のある暮らし。それでもやっぱり足を出すスタイルには慣れておらず、今から膝丈スカートを多用する気配は薄い。

おばさんのミニスカートは迷惑論。

でもまあ、春だし、たまには虫干しよろしくコスプレに興じてみるのもいいのかね。




関連記事

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅の荷物について考えています。 また旅行かよ!といい加減言われそうですが。 関連 旅人への道。

記事を読む

40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

By: Christian Schnettelker[/caption] 髪でも切るか、と考

記事を読む

足を組む癖をなおしたい。

タイトル通りです。 私は座っているとき必ずと言っていいほど足を組む癖があり、しかも必ず

記事を読む

変化に気づく大切さ お腹ぶよぶよ大作戦。

願ってもいないのに、どんどん膨張してゆく腹回りの肉。 関連 おなかぶよぶよ大作戦。

記事を読む

むくみを解消すれば足は細くなるけれど、油断するとまたすぐむくむ。

冷え性改善に取り組んだ結果、むくみが解消されて足が細くなったと書きました。 参考 むく

記事を読む

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

ヘアスタイルを頻繁に変える女は気が多い。なんてことを子供の頃よく周りが言っていたように記憶し

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

先日集英社FLAG SHOP「BAILA」のイベントにお邪魔してきました。 お誘いいた

記事を読む

ココナッツオイルでオイルプリングって、なんか意味あるの?

先日ココナッツオイルについて書きました。 参考 乾燥肌を今すぐ解消。ココナッツオイルで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑