朝は一杯の白湯を飲むことから始める。

公開日: : 最終更新日:2019/08/07 健康と美容

白湯(フリー素材じゃありません)

朝が早いからか、ここ数日ぐっと冷え込んできたように感じます。

うーんめっきり秋っぽい。

というわけで、最近の朝のお供は白湯です。

朝の白湯、本当は暑い時期にも続けるほうがいいんでしょうけど、夏場はどうもその気になれずついつい常温の水を飲んでしまいます。今くらい気温が下がってくると毎日美味しく飲めるんですよね。

朝白湯の効果

>>参考
お湯だけでできるデトックス!白湯の効果と正しい作り方(マイナビニュース)※リンク先の記事が削除されました

「アーユルヴェーダではヴァータ・ピッタ・カパという3つのエネルギーがあるという考え方があります。白湯はこの3つのバランスが最も整った状態のものです。そのため、白湯を飲むことで体内のバランスも整えられるという考え方があります」

もともとは母が毎朝飲んでいたのを真似ただけですが、なるほど、アーユルヴェーダーの考え方のひとつと言われれば合点がいきます。

 

ダイエットやデトックス、冷え性改善など、白湯の効果はいろいろあるようですが、私の場合は朝一に飲むと胃腸と頭がすっきりするのが気持ちよく感じます。目覚めの悪い方や前夜の食事が遅くなって胃がなんとなく重いと感じる時などに身体をしゃきっと起こす効果があるかもしれません。
私は朝だけでなく夕食後にも飲みますが、これも食後の胃をすっきり洗い流してくれる感覚があっていいですよ。

ただ、白湯って味については好き嫌いが分かれる気も。
朝一のお茶やコーヒーに馴染んだ舌にはかなり物足りなく感じるかもしれません。

しかし茶葉もフィルターもいらず、お湯を沸かすだけでOKという手軽さは白湯の大きな魅力。いくら身体にいい、美容効果が高い、と言われても、今手元にないものをわざわざあれこれ買い揃えないとできないような方法はどうも好きになれません。

白湯はずぼらかつモノを持ちたくない私にぴったりの「朝の一杯」なのです。

 




関連記事

食べなきゃ痩せる、は当たり前?休胃日生活1ヶ月。

By: Sonny Abesamis[/caption] 週に一度の休肝日を設けるようになっ

記事を読む

足を組む癖をなおしたい。

タイトル通りです。 私は座っているとき必ずと言っていいほど足を組む癖があり、しかも必ず

記事を読む

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

白髪との戦いと10年、20年後の顔。

相変わらず白髪との戦いは続いております。 前回白髪ネタを書いたのはいつだったかと遡って

記事を読む

もう2~3年まともに休んでない。

今年のGWは10連休。 連休前から予定を入れているので、今月前半はかなりタイトなスケジ

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

ほうれい線対策以前に知っておくべき自分の現実。

By: anfhoang[/caption] 来る乾燥の季節にそろそろ備えたい、と書きました

記事を読む

右軸偏位って何?健康診断で心電図に所見あり。

先日の健康診断の結果が出ました。 >>参考 何年かぶりの健康診断で発覚し

記事を読む

関連痛?抜歯痕以外の痛み 40代の親知らず抜歯記録。

By: Steve Snodgrass[/caption] 経過はすこぶる順調かに思われたの

記事を読む

旅を支えるシンプルケアと日焼け肌のアフターケア。

いやー、焼けた。 関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。 今回は到着日の天

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

Comment

  1. 真夏 より:

    はじめまして

    いつも楽しく読まさせています。

    素敵な写真、そして内容、参考にしたいと思います。

    私の考え方と同じだと思い、共感しています。

    これからも応募しています。

    それでは失礼いたします。

    真夏

    • crispy-life より:

      真夏さん

      コメントありがとうございます。

      内容に共感していただいているとのことで嬉しく思います。
      ぼちぼち更新を続けていきますのでまたお越しいただけると幸いです。

      今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑