里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

里芋のねぎ油炒め献立

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ねぎ油が手元になくても、この組み合わせの妙が楽しめる。

それが本日のメイン、里芋炒めのいいところです。

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立

  • キャベツとえのきの味噌汁
  • 漬もの
  • 春菊の白和え
  • 里芋のねぎ油炒め

キャベツとえのきの味噌汁

大きめに切ったキャベツとえのき、油揚げの味噌汁、出汁はいりこ。写真はなぜか撮り忘れ。

漬もの

漬もの

本日の漬ものは、にんじんの酒粕漬けとセロリのぬか漬けの盛り合わせ。

春菊の白和え

春菊の白和え

さっとゆでた春菊にごま油をまぶし、粗塩で味付け。水を切ってざっくりくずした木綿豆腐とを合わせます。

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め

里芋は蒸して皮をむきます。フライパンに油と小口に切ったねぎを入れ、弱火でじっくり炒め、ふつふつを泡が立ったら里芋、塩、少量の湯を投入。全体を炒め合わせて、里芋のとろみが全体に回ったら完成。

味付けは塩だけ。なのに、こんなに味わい深くなるのね、と素材の持つ力の偉大さにひれ伏すしかない一品。献立によっては紹興酒もいいけれど、今夜はひや酒を添えて。

日本酒にあうおつまみレシピ

あれ。今日の献立、調味料は味噌と塩しか使ってませんね。それでも、十分すぎるほどに満足できるのだから、家庭料理とは。

厳密に言えば、味噌、塩、太白ごま油、ごま油。酒粕と糠は調味料に入りますか。入らないか。春菊を白和えじゃなくてしょうゆ味のおひたしにするという手もあったがしかし、豆腐を食べてしまいたかったのです。

最近白和えはこの「塩とごま油バージョン」ばかりになっています。

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め、京にんじんの白和え献立。

材料が少なくて済むし、作り方がシンプルすぎて失敗がないし、副菜らしい箸休め感があるし、なにより旨い。これも豆腐と野菜、素材の味に頼り切った一品ではありますが、立ってるものは親でも使えというし、これからもどんどん頼って、素早く晩酌にありついてやれ、と思っています。

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

 




関連記事

家飲み献立 10/19 鶏とトマトのしょうが蒸し他全5品で晩酌。

部屋の向きのせいか、夕方以降はとても寒く感じます。が、今日はそんなに風は冷たくなかったのかな

記事を読む

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

先日書いた千葉の酒・五人娘。 関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生

記事を読む

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり。いずれにしても、魚です。ぶり

記事を読む

マッシュルームサラダ

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立。

どうしてもサラダにして食べたくて、おかしな品揃えに。 生ハムとマッシュルームのバケット

記事を読む

ジューシーきのこ 7/28 マッシュルームのガーリックソテー。

なーんか拍子抜けってくらい涼しい1日でしたね。 連日暑いと体が持たないので、束の間の休

記事を読む

神戸 新開地「大谷」の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め、トマトの塩昆布和え献立。

今季初とうもろこし、かな? 信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。 初

記事を読む

豚ロースの柚子味噌焼き

豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立

記事を読む

じゃがいものそぼろ煮あんかけ

じゃがいものそぼろ煮、人参の卵炒め 家飲み献立。

たまには和食献立的なものでもひとつ。そう思い立って 「普通の晩御飯」 っぽいメニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑