里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

里芋のねぎ油炒め献立

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ねぎ油が手元になくても、この組み合わせの妙が楽しめる。

それが本日のメイン、里芋炒めのいいところです。

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立

  • キャベツとえのきの味噌汁
  • 漬もの
  • 春菊の白和え
  • 里芋のねぎ油炒め

キャベツとえのきの味噌汁

大きめに切ったキャベツとえのき、油揚げの味噌汁、出汁はいりこ。写真はなぜか撮り忘れ。

漬もの

漬もの

本日の漬ものは、にんじんの酒粕漬けとセロリのぬか漬けの盛り合わせ。

春菊の白和え

春菊の白和え

さっとゆでた春菊にごま油をまぶし、粗塩で味付け。水を切ってざっくりくずした木綿豆腐とを合わせます。

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め

里芋は蒸して皮をむきます。フライパンに油と小口に切ったねぎを入れ、弱火でじっくり炒め、ふつふつを泡が立ったら里芋、塩、少量の湯を投入。全体を炒め合わせて、里芋のとろみが全体に回ったら完成。

味付けは塩だけ。なのに、こんなに味わい深くなるのね、と素材の持つ力の偉大さにひれ伏すしかない一品。献立によっては紹興酒もいいけれど、今夜はひや酒を添えて。

日本酒にあうおつまみレシピ

あれ。今日の献立、調味料は味噌と塩しか使ってませんね。それでも、十分すぎるほどに満足できるのだから、家庭料理とは。

厳密に言えば、味噌、塩、太白ごま油、ごま油。酒粕と糠は調味料に入りますか。入らないか。春菊を白和えじゃなくてしょうゆ味のおひたしにするという手もあったがしかし、豆腐を食べてしまいたかったのです。

最近白和えはこの「塩とごま油バージョン」ばかりになっています。

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め、京にんじんの白和え献立。

材料が少なくて済むし、作り方がシンプルすぎて失敗がないし、副菜らしい箸休め感があるし、なにより旨い。これも豆腐と野菜、素材の味に頼り切った一品ではありますが、立ってるものは親でも使えというし、これからもどんどん頼って、素早く晩酌にありついてやれ、と思っています。

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

 




関連記事

好物は何かと問われれば鰻と答えたい。 銀座 『ひょうたん屋』。

暑い。暑いですね。 しばらく涼しかったのでこのまま夏は来ないんじゃないかと余計な心配を

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

酒粕クリームシチュー献立。

先日久しぶりに粕汁を作りました。 関連 ぶりの粕汁献立。 残りの酒粕をどうしたも

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

豚薄切り肉レシピ

晩酌献立 9/30 蕪の葉と豚肉の生姜ポン酢和え、きのこと豆腐のスープ。

無駄に葉野菜が好きなのですが、安く出ているとついつい手に取ってしまうのが蕪。 葉と本体

記事を読む

いわしの梅蒲焼献立

いわしの梅蒲焼、おつまみ奴献立。

駅を出て、帰り道とは逆側にある店に足を伸ばず余裕がある日は、絶対にいわし。 そう、次に

記事を読む

1人暮らしの晩ご飯 8/29 2色ピーマンの炒め物。

うーん…今日も肌寒い1日でしたねえ…。 ここ数年、日本の気候はあきらかにおかしくなっていると感

記事を読む

ぶりと青菜のごま油蒸し、きのこ汁で晩酌。

珍しく休肝日明けにワインメニューだったのでなんとなく久しぶりな感じがするいつもの晩酌。

記事を読む

休肝日の献立 せりの味噌汁

休肝日ごはん 小松菜の納豆和え、せりと揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。かつては 「酒が飲めないならごはんも食べたくない」 などと恐ろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑