サリーちゃんから逃がれられない。セブ日記 5

公開日: : 最終更新日:2018/02/01 旅人への道, 英語

cebu-diary-05-1

本日のセブシティは晴れ。日中の最高気温は32℃。

32℃はそこそこの気温のように思えるが、到着してから今まで一度も部屋のエアコンを稼働させていない。これを書いている今もやや肌寒く感じるほどの
強さで風が窓から吹き込んでくる。

近頃は日の入り時刻は屋上で過ごすのが日課となっている。

音読がてら毎日違う色に染まる広い空を眺めるのが心地よい。今日は雨こそふらなかったものの、遠くの空で稲妻が瞬いているのが見えた。




早寝早起き、昼寝の時間ももったいない

今朝も目出度く朝5時に目が覚めたものの、外がまだ暗かったのでうっかり二度寝。次に目が開いたときはすでに6時近くになっていた。

初週は戸惑いながらもやる気満々ハイテンションでかっ飛ばしたけれど、体力のなさには自信がある、さすがにそろそろペースダウンしてもおかしくはない。なんだかんだで平日の睡眠時間は6時間に満たないし、ここらで好物の昼寝でもぶっこむか。そう考えて、昼過ぎの空き時間に自室のベッドに腰掛けてはみたが、思い直して自習スペースに戻る。

どうにも、もったいないのだ。大好きなお昼寝の時間すらもったいないと思ってしまうのだ。

もちろん眠気で頭が働かなくなれば潔く休息をとったほうがいいし、そうしたほうが効率的。でも、そこまでは追い込まれてないし、別に昼寝せずとも大きな問題はない。ならばワンフレーズでも多く音読したい。

やれやれ。私も結構環境に左右される人間らしい。

加えて今日は積極的なスパイ活動も行った。そう、今回の留学体験の最大の目的は、この学校を選んだ生徒がなぜ抜きん出た成果を出しているのか、その秘密を探ること。今回は英会話未経験の状態でこの学校に来て、3週間で突然話せるようになったという羨ましいエピソードをお持ちの方を発見。その体験に至った経緯や学習法について根掘り葉掘り聞きまくってみた。

ある日突然、英語が話せるようになる。

文字にすれば嘘くさいことこの上なしだけど、実際にその体験をした本人から話を聞くと、あながち不可能でもないのだなと思えるから面白い。

スパイ活動の詳細についてはまた改めてまとめることとする。

※追記 スパイ活動報告
関連 英会話経験ゼロから短期間で淀みなく話せるようになった人の勉強法。

本日の食事

cebu-diary-05-2

  • 朝 ボイルドソーセージ、パンシット、トマト、ごはん、バナナ、アスパラガススープ
  • 昼 韓国風唐揚げ、空芯菜炒め、オクラの煮もの、とうもろこし、ごはん、レモングラススープ、すいか
  • 夜 ロールキャベツ、冬瓜の煮もの、大根の浅漬け、ペンネバジルソース、ごはん、きしめん入りスープ、パイナップル

パンシットとはフィリピン風の焼きそば。朝食はどちらかといえばパン派なのだけれど、朝一は食堂が混んでいてトースターもフル稼働。ゆえに、本日は手早く食せるごはんを選択した次第。焼きそばにごはん、やきそばにパン。この炭水化物重ねはフィリピンではよく見られる組み合わせのように思う。加えて夜はペンネにごはんにきしめんのトリプルコンボが披露され、これもなかなか興味深い。

味付けは日本人に合わせて薄味になってはいるが、どうしても普段自分が食べているものよりも濃い味付けが多くなるのは致し方ないこと。さらに連日缶詰状態で座っている時間が長いので、足のむくみが最高潮に達している。

ここ数年冷え性対策として継続していたあれこれは、結構効果があったのだな。と、驚きのサリー足を眺めて思う。

関連 むくみ解消で足は細くなる!効果を実感した4つの習慣。

もともとむくみやすい体質なのに、ここのところはふくらはぎから下が比較的すっきりしていた。足首もしっかりとあったように記憶している。しかしこの1週間で再び見事に膨れ上がってしまった。このたくましさ、もはや懐かしい。

さすがに危険を察知したので本日からこまめにストレッチを取り入れ、歩きながら音読し、夜は数分でも近隣ウォーキングに出かけ、就寝前にマッサージを施すことにする。さて、うまい具合にリカバーできるか。

つづく

※ 今回滞在した語学学校についての詳細はこちらで。

 






関連記事

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

Hualien_lunchbox18

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

By: Barbaro Bar Bar Notable

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

By: Moyan Brenn[/caption] 去年発表された2014年のデータですが。

記事を読む

taiwan20163

台湾一周 一人旅。鉄道の旅で駅弁を堪能する。

ゴールデンウィークも終わり本日からお仕事の方も多いでしょうか。 そんな時になんですが、

記事を読む

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

narita1512233

荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

記事を読む

ave40

バルセロナからマドリードへAVEで列車移動してみた。

スペインの旅記録です。 関連 スペインの旅2015。 今回はスペインとポルトガル

記事を読む

NY ホテルエジソン窓からの景色

ニューヨークで迎えるクリスマスの過ごし方。

2016年のクリスマスはニューヨークで過ごしました。 滞在中は残念ながら晴れの日が少な

記事を読む

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑