大事に扱われるのが、やたらうれしい。

公開日: : 日常, 食べること

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。

デリバリーを利用するなんて、知人宅で集まるときにピザや寿司を取るくらいのもの。自宅で、自分だけのために「出前」を頼むという発想がそもそもないのです。

少し前から街であの専用バッグを担いだドライバーや、店頭で品物をピックアップしている様子をよくみかけるようになっていて、ずいぶん利用者が増えているのだな、とは思っておりました。

ものは試しと初めて利用してみたわけですが、これがいろんな意味でたのしかったのです。

はじめてのUberEats

きっかけとなったのは、初回利用1,500OFFのクーポン。たまたま自宅のポストに投函されていたチラシが目に留まり、一度使ってみるかなと思ったのです。

配達員がたのしそう、という話は1年前にブログに書いていました。

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

けれどユーザーとして利用したことはなく、サイトもアプリも見たことがなかったもので、今回改めてそのバリエーションの多さに驚く。大型チェーンとかファストフード店がほとんどなのかと思っていたら、個人店を含む和洋中エスニックドリンクアルコールスイーツと、なんでもありなのですね。今さらですけどね。

メニューを見ているうちに久しぶりにインドカレーが食べたくなり、頃合いの店を検索していたはずが、いつの間にか心変わりして結局ケバブの店のサラダ盛りをオーダー。だって、ケバブのほうがビールに合いそうだったんだもの。

大事に扱われるのが、やたらうれしい

アプリに「お届けまで最大30分」と表示された後は、あっという間に調理が終わり、ベトナム人と思しき若者(顔と名前がアプリに表示される)が商品ピックアップを済ませ、我が家を目指して向かってくる様を、地図で見つめる。

迷っている。明らかに、迷っている。

いや、なんでそこ曲がった?という道に入り、行きつ戻りつしている様子がバイクアイコンの動きから伝わってくるのです。いや、この動きが100%正確ではないのだろうし、道案内も地図アプリにお任せなのだろうから、大きく迷ったりはしないはずだけど、なんかこう、よろしく、という気持ちになる。さあさあ頑張って、おばさんここで待ってるからね、という気になる。

間もなく到着という段になって、これ以上迷わしてはならぬという謎の正義感からはりきって表で待機し、走ってくる自転車に手を振る私。あ、やっぱりバイクじゃなくて、自転車だったか。あの動き、そうだと思ったよ。

「タイヘン、オマタセイタシマシタ」

若き配達員くんは満面の笑みで、まるで高価な陶器でも扱うかのようなそれはそれは慎重な手つきで、私にケバブを差し出してくれたのでした。

まあ、当たり前だよね、食べ物運んでんだから。注文品の配達を請け負う仕事をしてんだから。でも、大事に大事に扱うその所作が、妙にうれしかったのです。

ねえねえ、場所ちょっとわかりにくかった?途中迷ったよね?でも、早かったね!などと話しかけてみたのだけど、日本語があまり得意ではないらしく、あるいはめんどくさいおばさんに当たってしまったこりゃいかんと思ったのか、彼はただただニコニコするだけで、そのままニコニコ去っていきました。

肝心の味は、ケバブをまともに食べたことがないからか、よくわからなかったというのが正直なところ。でも、手数料の数百円だけでたのしめた経験と考えればとても面白く、クーポンありがとう、という感じ。出前には縁がない人生を送ってきたけれど、また使ってみてもいいかな、という思い。

2020年4月現在の配達地域は東京、横浜、大阪、名古屋、京都、神戸、広島、福山、仙台、福岡と限られているし、しばらくはデリバリーも気軽に利用できない状態になりそうだけど、状況が改善したら、スキマ時間を活用して働く若者や、普段はあまり行かないジャンルの店をデリバリーで応援、なんてこともできるかな。

いかにして働かずに暮らすか。

 




関連記事

トマトの卵炒め献立

トマトと卵の炒めもの、青梗菜のしょうがスープ献立。

霧雨が降っているし、なんとなく肌寒いからスープでも投入しますかね。 そんな風に感じた火曜日

記事を読む

家飲み献立 9/23 酒肴としての肉豆腐他全4品の晩酌メニュー。

冷蔵庫にある余りものでどうにかこうにか成り立つなあと考えた今夜。 ボーっと作ってたら、まさ

記事を読む

なすの味噌炒め

なすの味噌炒め、小松菜とツナの塩昆布和え献立。

この夏はなすをたくさん食べている。 エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きび

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。 葉物摂取量が高くどうして

記事を読む

新年に考える今年の食計画。

1週間ぶりに自宅に戻ったので、毎度おなじみきのこスープで体内のご機嫌を伺いました。 旅

記事を読む

白菜漬け キャベツの塩昆布和え 納豆汁 蕪とツナのしょうが蒸し焼き

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

またまた撮りための晩酌献立。 そろそろ冷蔵庫を空っぽにしたい時期だったこともあり、買い

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

きつね丼

休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐献立。

冷奴に、油揚げ。かように大豆製品だらけなのには訳がありまして、若い娘さんとお豆腐屋さんに寄り

記事を読む

なすとひき肉の塩炒め

なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出ないなんてことはまずありません。

記事を読む

青梗菜塩炒め

青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不

→もっと見る

PAGE TOP ↑