趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

公開日: : 最終更新日:2019/04/21 これからの働きかた

NB

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。

マラソンなんて、走るのキライな人が上達するスポーツじゃないでしょうし、運転好きな人のほうがキライな人よりも長距離トラック運転手という職に対する適性はあるはず。

何事も努力できる、それ自体が才能だとは思うけれど、どうせなら努力しやすい分野で努力するほうが良好な結果が得られるのではないでしょうか。

副業がグンと身近になった今の時代。「好きを仕事に」とか、ふんわりしたお花畑的思考じゃなくても、どうせなら好きなこと、苦にならないこと、興味のあること、はたまた勉強してみたいこと、知りたいことなどで収入を得る作戦は案外好都合ではないかと考えています。

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休

edogawa46

趣味にお金を使うんじゃなくて、お金をもらいながら趣味をやるってのが効率の良い方法。という話が、年明けのイベントでも出ましたが。

「今から10年後の働き方を考えよう」イベントレポート。

もうこの考え方はすっかり一般的になりましたね。普通に街を歩いているだけでも、やってる人人いっぱい見かけるもの。

音楽とかイラスト、漫画や執筆系など、芸術分野の活動だけで「食っていく」のは確かに厳しいけれど、他に本業があるし、収入の有無に関わらずどのみち好きで毎日やってんだし、という創作活動こそ、幾ばくかの収入につなげる。こういう考え方って、無駄がなくていいなあと思うのです。中には

「好きなことは仕事にしたくない、趣味や芸術をお金にしたくない」

なる意見を持つ人もいるのでそれはそれですが、収入があれば活動時間の確保が可能になるのもまた事実であります。

することがなく退屈なゴールデンウィーク

とはいえ普段は誰もが忙しい。ならば、間も無くスタートする大型連休にそんな無駄なしスキームを開拓してみるのも楽しいのではないでしょうか。というのも、少し前に書いたこの記事。

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

連休、退屈、することない、といったキーワードでやってくる方が意外に多かったので、未来の皮算用に時間を注ぐのはいかがでしょう、というご提案をしてみた次第です。

ハンドメイド系に明るい方が活動を広げる方法は今や無限大、なのだけど、私を始めとするチーム不器用にはこの手は使えまい。

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

が、近頃は体力自慢さんのご活躍も目覚ましいですね。Uber Eatsの自転車とか、バンバン走ってるの見かけるもの。

自転車、原付バイク、軽貨物車両のいずれかの車両で配達することができます。各都市の規則によって異なります。

自転車やバイクが趣味、または、運動不足解消のために、自転車に乗りたい。そんな人には一石二鳥。本業とするには稼働時間や住む場所などいろいろな条件を整える必要があるのでしょうが、休みの日のお出かけやエクササイズのお供にと考えれば面白そう。

寒い時期や暑い盛りに始めるのはハードルが高そうだし、この連休中から参入するサイクリストは結構多いのではないかと睨んでいます。

自転車か。昔はご近所散策にフル活用していたけれど、最近は全然乗ってないなあ。

今日捨てたもの 思い出が詰まった愛車。

趣味が多い、何かにハマりやすい、好きになりやすい人は、この先何かと生きやすいと思う。惚れっぽさは、立派な長所。思いの外長くなるかもしれないこの先の人生を、愉快に生き抜くために必要な要素に思えて仕方ありません。

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

 




関連記事

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

【キャンセル待ち受付中】たくさんのお申し込みありがとうございました。

来年1月に開催予定のイベント「今から10年後の働き方を考えよう」。 人生100年時代、

記事を読む

苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

自分の中に専門的な知識が溜まっていない分野について書かねばならない機会が多いこの頃。背景や用

記事を読む

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

40代残りの20年、その先の20年。

ざっと残りは20年、ってとこか。 その言葉に、思わず顔を見合わせる。 「まあまあ、長

記事を読む

台風で電車が止まっても定時で会社に行きたい人。

台風一過。 当日は午前中に渋谷方面で予定があったのだけれど、JRが止まっていたので地下

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑