趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

公開日: : 最終更新日:2019/04/21 これからの働きかた

NB

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。

マラソンなんて、走るのキライな人が上達するスポーツじゃないでしょうし、運転好きな人のほうがキライな人よりも長距離トラック運転手という職に対する適性はあるはず。

何事も努力できる、それ自体が才能だとは思うけれど、どうせなら努力しやすい分野で努力するほうが良好な結果が得られるのではないでしょうか。

副業がグンと身近になった今の時代。「好きを仕事に」とか、ふんわりしたお花畑的思考じゃなくても、どうせなら好きなこと、苦にならないこと、興味のあること、はたまた勉強してみたいこと、知りたいことなどで収入を得る作戦は案外好都合ではないかと考えています。

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休

edogawa46

趣味にお金を使うんじゃなくて、お金をもらいながら趣味をやるってのが効率の良い方法。という話が、年明けのイベントでも出ましたが。

「今から10年後の働き方を考えよう」イベントレポート。

もうこの考え方はすっかり一般的になりましたね。普通に街を歩いているだけでも、やってる人人いっぱい見かけるもの。

音楽とかイラスト、漫画や執筆系など、芸術分野の活動だけで「食っていく」のは確かに厳しいけれど、他に本業があるし、収入の有無に関わらずどのみち好きで毎日やってんだし、という創作活動こそ、幾ばくかの収入につなげる。こういう考え方って、無駄がなくていいなあと思うのです。中には

「好きなことは仕事にしたくない、趣味や芸術をお金にしたくない」

なる意見を持つ人もいるのでそれはそれですが、収入があれば活動時間の確保が可能になるのもまた事実であります。

することがなく退屈なゴールデンウィーク

とはいえ普段は誰もが忙しい。ならば、間も無くスタートする大型連休にそんな無駄なしスキームを開拓してみるのも楽しいのではないでしょうか。というのも、少し前に書いたこの記事。

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

連休、退屈、することない、といったキーワードでやってくる方が意外に多かったので、未来の皮算用に時間を注ぐのはいかがでしょう、というご提案をしてみた次第です。

ハンドメイド系に明るい方が活動を広げる方法は今や無限大、なのだけど、私を始めとするチーム不器用にはこの手は使えまい。

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

が、近頃は体力自慢さんのご活躍も目覚ましいですね。Uber Eatsの自転車とか、バンバン走ってるの見かけるもの。

自転車、原付バイク、軽貨物車両のいずれかの車両で配達することができます。各都市の規則によって異なります。

自転車やバイクが趣味、または、運動不足解消のために、自転車に乗りたい。そんな人には一石二鳥。本業とするには稼働時間や住む場所などいろいろな条件を整える必要があるのでしょうが、休みの日のお出かけやエクササイズのお供にと考えれば面白そう。

寒い時期や暑い盛りに始めるのはハードルが高そうだし、この連休中から参入するサイクリストは結構多いのではないかと睨んでいます。

自転車か。昔はご近所散策にフル活用していたけれど、最近は全然乗ってないなあ。

今日捨てたもの 思い出が詰まった愛車。

趣味が多い、何かにハマりやすい、好きになりやすい人は、この先何かと生きやすいと思う。惚れっぽさは、立派な長所。思いの外長くなるかもしれないこの先の人生を、愉快に生き抜くために必要な要素に思えて仕方ありません。

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

 




関連記事

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

愛用中のToDoリストマネージャを教えてください。

日々のタスクは少ないに限るな! 仕事がなくなれば入るものも入ってこないフリーランスのく

記事を読む

【キャンセル待ち受付中】たくさんのお申し込みありがとうございました。

来年1月に開催予定のイベント「今から10年後の働き方を考えよう」。 人生100年時代、

記事を読む

一人で生きていくために大切な、稼ぐ力。

近頃、公私ともに「働くこと」に関連した話題を見聞きすることが多い。時期が時期だし、働き方改革

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャ

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

40代フリーランス、就職したい金曜日。

金曜日ですね。 残念ながら今のところそんな可能性も予定もありませんが、就職したいです。

記事を読む

胃が痛い悩みは放置する。

ここ数ヶ月、頭が痛くなるというか、胃が痛くなるというか、とにかく厄介な問題を抱えておりました

記事を読む

プロの仕事が求められない時代の仕事の作り方。

By: Thomas Duesing[/caption] フリーランス、自営業で仕事をしてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑