白ワインで家飲み 豚もも肉のソテーフレッシュトマトソース。

公開日: : 最終更新日:2016/09/22 家飯, 食べること ,

豚肉のソテー

以前から週末はワインに合わせた料理になることがなぜか多かった我が家。

ここ暫くは月曜日が休肝日となったために最後の晩餐的意味合いも兼ねて益々日曜日のワイン熱が盛り上がるのであります。

といっても、メインはワインと美味しいバケットなので、用意するのは一皿にがさっと盛るだけの簡単な料理になります。

山盛りのサラダやスープ、も考えたのだけど、程よいサイズの厚切り豚もも肉を発見したので今夜は肉だ。




豚もも肉のソテーと白ワインの晩酌メニュー

豚もも肉のソテーフレッシュトマトのソース

  • バケット
  • 蕪の葉のアンチョビソテー
  • 焼き蕪
  • 豚もも肉のソテーフレッシュトマトソース

蕪の葉のアンチョビソテー

フライパンにオリーブオイルとつぶしたニンニクを入れて弱火にかけ、香りがたったらアンチョビを加えます。さらに蕪の葉を加えて塩で調味したら完成。

焼き蕪

4つ割りにした蕪をオリーブオイルと塩で焼くだけ。

豚もも肉のソテーフレッシュトマトソース

150628d3
塩胡椒した豚もも肉はオリーブオイルで両面を焼いて取り出しておきます。同じフライパンに角切りのトマトを入れて炒め、塩、胡椒、レモン汁、バジルを加えてさっとあわせたら豚のソテーと合わせて完成。

豚肉はしっかり火を通さなきゃ、と思う余りに焼き過ぎると固くなってしまうと残念。予め室温に戻しておいて短時間で焼き上げ、取り出してから暫く休ませて余熱で完成させて最後にカットすれば美味しくできるはず。

後は美味しいバケットと白ワインを添えて。この季節はやっぱり軽く冷やした白がいいよねえ。

ワインを飲む日のおつまみ

先週に引き続き一皿盛りの肉料理。やっぱり楽チン。
肉売り場でももと肩ロースを両手に持って暫し悩んだのだけど、今回はもも肉にして正解。ロースもね、美味しいんだけど、脂身の少ない赤み肉をもきゅもきゅ食べる快感ってものもあります。
ソースのトマトはもう少し小さく切ったほうが見栄えはいいのだけど、ソースも1品として食べたかったのでこれくらいのサイズのほうが食べ応えがあるかな、と。

メインは決まっていて、付け合せはキャベツのアンチョビソテーとあと豆かなにか青いものが欲しいなあ…と思っていたのですが、蕪がバラ売りされていたので急遽変更。1粒で二度美味しい蕪はこういう時ホントに使えます。アンチョビソテーはワインに間違いない美味しさだし、何しろ焼いただけの野菜も大好物。齧った時に中からじゅわっと甘味が溢れだすジューシーさがたまりません。

と、肉メインなんだけど野菜も十分な存在感を発揮したワンプレートメニューでした。

暫くこの一皿盛りシリーズで遊んでみようかな。自由に考えるのも楽しいけど、何かしらのルールを設けてその中でメニューを構築するのもそれはそれで面白みのある作業のような気がします。

 






関連記事

171006ienomi_9

肉豆腐、なすと三つ葉のサラダで家飲み。

帰宅途中のスーパーで、とりあえず豚薄切り肉を買ったものの、迷う。 普段は買い物した時点

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

砂肝サラダ献立

砂肝と玉ねぎの香味サラダ、ピーマンとしらすの酒炒りで家飲み。

スーパーで砂肝を1パック買うと結構な量が入っているので一人暮らしの場合数日に分けて消費するこ

記事を読む

Aurora Soho ブランチ

エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイル ハンバーガーにホットドッグ

記事を読む

ブコディムーロ 恵比寿

恵比寿Buco di Muro(ブコディムーロ)で週末の昼ワイン。

By: yoppy[/caption] 友人から昼酒のお誘いメッセージを受信した週末。

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏のねぎソース、たたききゅうりのにんにく風味献立。

先日届いた野菜セットのおかげで、ここのところ珍しくきゅうりを食べています。 きゅうりに

記事を読む

一人暮らしの家飲み

家飲みメニュー 5/28 塩豚とキャベツの煮込み、鯖納豆。

あれ、なんかちょっとたんぱく質が多いなあ。 冷蔵庫の中身を脳内で確認してふと思った夕方

記事を読む

さつまいものグラタンで赤ワイン

さつまいもときのこのグラタン、キャベツの温サラダで赤ワイン

グラタンが恋しい季節がやってまいりました。 近頃はめっきり日本酒贔屓なこともあり、普段

記事を読む

谷川岳 源水吟醸

群馬の酒 谷川岳 源水吟醸とピェンローで晩酌。

残る関東地方の酒でお目当てがなかなか入手できず、今週は諦めて別の地方へ飛ぼうかなと思ったので

記事を読む

150127d6

せせりの葱塩ダレ、もやしのからし和え。

あれ、なんか日が長くなってる...? 夕方外を歩いていてふと気がつきました。 そうい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑