鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め献立

以前晩酌献立シリーズをお読みいただいているどなたかに、えらい細かく食材使い回しますよね、とのご感想をいただいたことがあります。

確かに、そうかもしれない。

食材ストックが苦手なので買ってきたものはその日のうちに食べきってしまうのが理想ではあるけれど、何しろちょこちょこいろんなものをつまみたい体質。青菜一束一気食いのハードルは高い上に、もうさほどたくさんは食べられないお年頃。すぐに食べきる、は、現実的に難しい。

結局、ちょっとだけ余ったものを翌日の副菜にまわしたり、漬ものにしたりしつつ、決して余らせないよう、ちまちまちまちまスライドするけち臭いスタイルとなったのでした。

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和えで晩酌

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え

  • 卵とわかめのスープ
  • ぬか漬け
  • ししとうのしらすおろし和え
  • 鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め

卵とわかめのスープ

卵とわかめのスープ

鶏がらスープでわかめをさっと煮て水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を流し入れてふんわり固めます。味付けは胡椒とごま油。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、大根、なすの3種盛り。

ししとうのしらすおろし和え

ししとうのしらすおろし和え

素焼きしたししとうに大根おろしとしらすを添え、ポン酢でいただきます。

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め

鶏むね肉は繊維を断ち切るようにそぎ切りし、塩、胡椒、片栗粉をまぶします。油をひいたフライパンでむね肉を焼き、色が変わったら小松菜と千切りにしたしょうがを投入。小松菜がしんなりするまで炒めたらしょうゆと胡椒で味付けします。

日本酒でもいいし、ビールでもいいし、さて、どうしたものか、と少々悩む献立。こういう場合は焼酎を選ぶパターンが多いこの頃です。氷の入ったグラスにキンミヤ+ちょいソーダ、あとはレモンを絞るだけ。

焼酎を飲む日のつまみ

ちょこっとだけ余ったししとう、しらす、大根。これまた余っていた小松菜、鶏むね肉を使い切った献立。計画的なまとめ買いをしているわけではないので、毎度パズルを解くような感覚で、食材と調理方法を組み合わせているのです。

この手法がさほど面倒ではないのは、献立内容がすでにパターン化しているからなのでしょう。汁もの、漬もの、副菜1~2品、メイン。煮る、蒸す、焼く、炒める、和える。これをただただぐるぐると回し続けているだけですからね。

マンネリ上等、ワンパターン万歳。

 




関連記事

焼き鳥、鶏皮とキャベツのスープ。

料理記事を書くのはなんだかちょっと久しぶりですね。 今年に入ってからうろうろしていたの

記事を読む

牛肉とセロリのしょうゆ炒め

牛肉とセロリのしょうゆ炒め、エリンギの梅和え献立。

炒めもの、特に野菜炒めは難しい料理説を唱え続けています。 料理に時間をかけないための、

記事を読む

家飲み献立 12/26 鶏もも肉のソース焼き、にんじんナムル。

窓の外から「火の用心」の声が聞こえてくる師走の夜。本日で2014年の仕事納め、という方も多か

記事を読む

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

家飲み献立 11/27 砂肝のソース焼きで赤ワイン。

うーん、なんだかでたらめというか中途半端な夕食を準備してしまった今夜。 いえ、別に料理

記事を読む

さばと白菜のしょうが煮

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、みつばときのこのおひたし献立。

ねえねえ、買って!これ買って! 頬が赤い愛くるしい女児(推定4歳)が母親のコートの袖口

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

ネギ入り卵焼き献立

ねぎ入り卵焼き、かぶのゆず風味サラダ献立

サイズいろいろミックス卵を買ったんです。その中に、明らかに小さいサイズのものが2つ入ってお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑