「 日常 」 一覧

自分でできるならまだマシ、の落とし穴。

2021/12/09 | 日常

師走はなぜ忙しくなるのかよくわからないけれど、もしかしたらそう思い込んでるだけなのかもしれないけど、とにかくどこもかしこも気忙しい。 この忙しなさこそが、12月ですね。 などと優

続きを見る

怒れるおじさんと、聞かない若者。

2021/12/02 | 日常

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカフェに突如響き渡った怒声に、店内の空気が一気に冷えた気がしました。早朝の駅前カフェという場所は、毎日ほぼ同じ顔が揃うもの。ずっと窓

続きを見る

冬はカイロにもなります(嘘)。

2021/05/27 | 日常

大騒ぎしていた割にサクッと終了した、モバイルWiFiのプロバイダー乗り換え。 長きに渡るご利用、まことにありがとうございました。 おかげさまでその後も特に問題なく使用しております

続きを見る

春にして、君を想う。

2021/04/01 | 日常

奥さん、4月です。私はこの春から一念発起して、ザンジバルで手打ちそばの店を始めることにしました。4月1日のお約束を、今年も雑にこなしたところで、春ですね。先週末は、桜が見頃でしたね。

続きを見る

「ついてない日」の言い分。

2021/02/19 | 日常

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが貼られている。時間にはかなり余裕があったので、運転再開までホームで待つかと一瞬考えるも、結局別ルートをとり地下鉄の駅へ。「でんしゃ

続きを見る

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかしなことになってしまったので、寿司じゃなくとも人と食事を共にするのは数ヶ月ぶりのこと。いつものように、

続きを見る

残酷な真実と、壁の血のり。

2020/06/05 | 健康と美容, 日常

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、先に2階に上がり席を確保しようとしたら、一番乗りだった。開店時間すぐに入店したのだから、当然か。朝の

続きを見る

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に仕事に出向いた4月頃とは明らかに季節が変わっていて、これ、真冬だったら、例えば10月末からのおこもり

続きを見る

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそれは。 冷凍保存する気満々の50個計画。野菜過多バージョンと肉っけの強いにら餃子の2種を仕込む算段

続きを見る

自室トレーニングで美ボディをキープしています。

2020/04/22 | 日常

珍しく、就寝時の記憶がない。深酒をしない健全な生活を送っていたので、いつベッドに入ったのか思い出せない朝は久しぶりだ、などとぼんやり考えながら目覚める。片付けも、着替えも、目覚ましのセットもきちんとな

続きを見る

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑