「 日常 」 一覧

「ついてない日」の言い分。

2021/02/19 | 日常

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが貼られている。時間にはかなり余裕があったので、運転再開までホームで待つかと一瞬考えるも、結局別ルートをとり地下鉄の駅へ。「でんしゃ

続きを見る

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかしなことになってしまったので、寿司じゃなくとも人と食事を共にするのは数ヶ月ぶりのこと。いつものように、

続きを見る

残酷な真実と、壁の血のり。

2020/06/05 | 健康と美容, 日常

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、先に2階に上がり席を確保しようとしたら、一番乗りだった。開店時間すぐに入店したのだから、当然か。朝の

続きを見る

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に仕事に出向いた4月頃とは明らかに季節が変わっていて、これ、真冬だったら、例えば10月末からのおこもり

続きを見る

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそれは。 冷凍保存する気満々の50個計画。野菜過多バージョンと肉っけの強いにら餃子の2種を仕込む算段

続きを見る

自室トレーニングで美ボディをキープしています。

2020/04/22 | 日常

珍しく、就寝時の記憶がない。深酒をしない健全な生活を送っていたので、いつベッドに入ったのか思い出せない朝は久しぶりだ、などとぼんやり考えながら目覚める。片付けも、着替えも、目覚ましのセットもきちんとな

続きを見る

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがないのがなんとやらを地でいく一家なのである。 しかし我が故郷であり、今でも両親が暮らしている神戸は兵庫

続きを見る

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作業をしていると、いつものカフェの常連らが同じくこちらの店に流れてきているらしく、あっという間に馴染み

続きを見る

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

2020/04/05 | 日常, 食べること

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。 デリバリーを利用するなんて、知人宅で集まるときにピザや寿司を取るくらいのもの。自宅で、自分だけのために「出前」を頼むという発想が

続きを見る

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していたことに気づく。3月からだ認識はしていたが、実際こうして通過するまではすっかりその存在を失念していた。

続きを見る

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑