「 日常 」 一覧

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかしなことになってしまったので、寿司じゃなくとも人と食事を共にするのは数ヶ月ぶりのこと。いつものように、

続きを見る

残酷な真実と、壁の血のり。

2020/06/05 | 健康と美容, 日常

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、先に2階に上がり席を確保しようとしたら、一番乗りだった。開店時間すぐに入店したのだから、当然か。朝の

続きを見る

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に仕事に出向いた4月頃とは明らかに季節が変わっていて、これ、真冬だったら、例えば10月末からのおこもり

続きを見る

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそれは。 冷凍保存する気満々の50個計画。野菜過多バージョンと肉っけの強いにら餃子の2種を仕込む算段だ。

続きを見る

自室トレーニングで美ボディをキープしています。

2020/04/22 | 日常

珍しく、就寝時の記憶がない。深酒をしない健全な生活を送っていたので、いつベッドに入ったのか思い出せない朝は久しぶりだ、などとぼんやり考えながら目覚める。片付けも、着替えも、目覚ましのセットもきちんとな

続きを見る

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがないのがなんとやらを地でいく一家なのである。 しかし我が故郷であり、今でも両親が暮らしている神戸は兵庫

続きを見る

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作業をしていると、いつものカフェの常連らが同じくこちらの店に流れてきているらしく、あっという間に馴染み

続きを見る

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

2020/04/05 | 日常, 食べること

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。 デリバリーを利用するなんて、知人宅で集まるときにピザや寿司を取るくらいのもの。自宅で、自分だけのために「出前」を頼むという発想が

続きを見る

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していたことに気づく。3月からだ認識はしていたが、実際こうして通過するまではすっかりその存在を失念していた。

続きを見る

そもそも他人を一切部屋に招かない生活。

3ヶ月に一度の歯科検診の日。いつものように口内状況のチェックとクリーニングをしてもらう。 早いもので、あれからもう3年。 40過ぎた大の大人が歯科で泣く 以降定期検診を欠かし

続きを見る

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑