ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ぶりと小松菜のしょうが蒸し献立

あら、ここ数日魚多めですね。

福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献立。

そしてまたカマかよ、という感じ。

ここ数年の統計を取ってみるともしかして、切り身よりアラとかカマ使ったつまみのほうが多いのではなかろうか。そんなに好きか、カマが。

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダで家飲み

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ

  • 豚肉ともやしの味噌汁
  • 大根の梅和え
  • 蒸しなすのサラダ
  • ぶりと小松菜のしょうが蒸し

豚肉ともやしの味噌汁

豚肉ともやしの味噌汁

昨日の残り食材をそのままスライドさせた、出汁いらずの味噌汁。小さく切った豚バラ肉を炒め、色が変わったところでもやしを投入。ざっと炒め合わせたら水を注ぎ軽く煮てから味噌を溶き入れます。汁椀に盛ったらねぎをのせて、黒七味を振って。

大根の梅和え

大根の梅和え

薄く切った大根を塩もみし、水分を絞ってから梅肉と和えたもの。

蒸しなすのサラダ

蒸しなすのサラダ

細切りにして蒸したなすをねぎ、唐辛子、レモン汁、ナンプラーで和えてよく馴染ませたサラダ。

ぶりと小松菜のしょうが蒸し

ぶりと小松菜のしょうが蒸し

ぶりカマは霜降りにして血合いやうろこを取り除いてから塩を振り、ざく切りにした小松菜、しょうがの薄切りと一緒にフライパンに入れ、酒をまわしかけます。蓋をして小松菜がくったりとするまで蒸したら完成。レモンを添えていただきます。

とにかく暑くて喉がかわいていたので、まずは焼酎ソーダ割りを1杯。のちに日本酒に切り替えました。どうやったって失敗しようがない魚と青菜の酒蒸しは我が晩酌献立の定番中の定番。これからもずっと、飽きずに食べ続けていくことでしょう。

おつまみレシピブログ

まぐろ、いわしときて今日はぶり。魚といえば、そろそろ大好物である秋刀魚の季節ではないですか。

秋刀魚の梅昆布蒸し、塩焼き芋献立。

実は先日、近所の鮨屋にて今季初秋刀魚の儀を済ませて参りました。

何しろ奥さん、今年は秋刀魚が豊漁だっていうじゃありませんか。シーズン中に何尾摂取できるかしらと今から楽しみです。

あ、なんか秋刀魚の話ばっかりになっちゃったけど、ぶり、あなたのこともちゃんと好きだからね。拗ねたりしないでほしい。

 




関連記事

出羽桜 つや姫

山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸で晩酌。鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立。

鶏むね肉を食べるとなると、蒸し鶏になるパターンが多い。 蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

野菜たっぷり晩ご飯 9/24 鶏スープ春雨。

昨夜はなんとなく肉々しかった。 よって、本日は野菜多めで簡単なメニューにしよう、と決め

記事を読む

紅芯大根と貝割れのサラダ

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。

記事を読む

稲里純米 磯蔵酒造

茨城の酒 稲里純米で晩酌 ピーマンの卵炒め、蒸し鶏と小松菜の和えもの。

昨日は珍しく1合缶。 当然あっという間になくなったので補充が必要です。 最近近所の

記事を読む

塩手羽大根献立

塩手羽大根、にら納豆献立。

妙に肌寒かったので、汁っぽいおかずをこしらえました。 塩手羽大根は文字通り手羽先と大

記事を読む

大きいソーセージのポトフ

大きいソーセージ入りポトフ、アボカドのサラダで白ワイン。

先日登場した大きいソーセージ。 関連 大きいソーセージとローズマリーポテトで家飲み。

記事を読む

塩豚とキャベツの蒸し煮

家飲み献立 2/28 塩豚とキャベツの蒸し煮、出し巻き卵。

今日スーパーに行く道すがら、衝撃シーンに遭遇しました。 それは70代と思しき男性が自転

記事を読む

手羽元と大根の生姜煮

手羽元と大根のしょうが煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立

寒くなってから妙に味噌汁率が上がっております。 味噌汁の具は各家庭によってさまざまでま

記事を読む

焼き鳥

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

年末年始の帰省中に、家族で焼き鳥を食べに行ったんですよ。 ここ数年、帰省時外食は中華と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑