ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ぶりと小松菜のしょうが蒸し献立

あら、ここ数日魚多めですね。

福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献立。

そしてまたカマかよ、という感じ。

ここ数年の統計を取ってみるともしかして、切り身よりアラとかカマ使ったつまみのほうが多いのではなかろうか。そんなに好きか、カマが。

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダで家飲み

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ

  • 豚肉ともやしの味噌汁
  • 大根の梅和え
  • 蒸しなすのサラダ
  • ぶりと小松菜のしょうが蒸し

豚肉ともやしの味噌汁

豚肉ともやしの味噌汁

昨日の残り食材をそのままスライドさせた、出汁いらずの味噌汁。小さく切った豚バラ肉を炒め、色が変わったところでもやしを投入。ざっと炒め合わせたら水を注ぎ軽く煮てから味噌を溶き入れます。汁椀に盛ったらねぎをのせて、黒七味を振って。

大根の梅和え

大根の梅和え

薄く切った大根を塩もみし、水分を絞ってから梅肉と和えたもの。

蒸しなすのサラダ

蒸しなすのサラダ

細切りにして蒸したなすをねぎ、唐辛子、レモン汁、ナンプラーで和えてよく馴染ませたサラダ。

ぶりと小松菜のしょうが蒸し

ぶりと小松菜のしょうが蒸し

ぶりカマは霜降りにして血合いやうろこを取り除いてから塩を振り、ざく切りにした小松菜、しょうがの薄切りと一緒にフライパンに入れ、酒をまわしかけます。蓋をして小松菜がくったりとするまで蒸したら完成。レモンを添えていただきます。

とにかく暑くて喉がかわいていたので、まずは焼酎ソーダ割りを1杯。のちに日本酒に切り替えました。どうやったって失敗しようがない魚と青菜の酒蒸しは我が晩酌献立の定番中の定番。これからもずっと、飽きずに食べ続けていくことでしょう。

おつまみレシピブログ

まぐろ、いわしときて今日はぶり。魚といえば、そろそろ大好物である秋刀魚の季節ではないですか。

秋刀魚の梅昆布蒸し、塩焼き芋献立。

実は先日、近所の鮨屋にて今季初秋刀魚の儀を済ませて参りました。

何しろ奥さん、今年は秋刀魚が豊漁だっていうじゃありませんか。シーズン中に何尾摂取できるかしらと今から楽しみです。

あ、なんか秋刀魚の話ばっかりになっちゃったけど、ぶり、あなたのこともちゃんと好きだからね。拗ねたりしないでほしい。

 




関連記事

鯖と新玉ねぎのサラダ

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

新玉ねぎが並び始めましたね。 日の出時間が早まったり、上着を変えたくなったり、花の香り

記事を読む

一人晩酌 9/1 豚の蒸し鍋、レンコンとにんじんのきんぴら。

週末は立て続けに外食して、しかもがっつりフレンチとかいっちゃったものだから、心なしか体が重い…。

記事を読む

焼きかぶ

焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお得感から、ついつい手に取ってし

記事を読む

塩豚と三つ葉のおろし和え 献立

塩豚と三つ葉のおろし和え、ひじきのアーリオオーリオ。

家飲みが基本の私ですが、実はものすごーく食べるのに時間がかかります。 かかります、って

記事を読む

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

焼き油揚げ

家飲み献立 焼き油揚げ、蒸しなす。

晩酌スタイルを変えてからなかなか好調です。 関連 一人晩酌のあり方を考える。 し

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、キャベツの香味醤油和えで晩酌。

ゴーヤ2日目は定番のゴーヤチャンプルーで。 と言っても具材がかなりシンプルであんまりチ

記事を読む

蕪とツナのサラダ、トマト塩奴で家飲み。

三度の飯より家飲み晩酌好きな私でも、旅から戻るとしばらくは自炊が面倒になります。 面倒

記事を読む

海老とキャベツのにんにく蒸し

海老とキャベツのにんにく蒸し、ピーマンと葱の梅和えで晩酌。

昨日は休肝日、だったのでこれは週末の食卓です。 肉抜き週最終日、さて何をメインにしよう

記事を読む

手羽焼きで晩酌

手羽焼き、おつまみ奴献立。

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。 焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑