牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

公開日: : 最終更新日:2020/12/01 家飯

ステーキ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは肉に限らずなにがしかの素材をフライパンで焼いたものであるケースが多い。

たとえば、こんにゃくとか。もしくは、白菜とか。

カヴァで家飲み、白菜ステーキ

しかし本日は正真正銘の肉。しかも牛肉であります。

おろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

おろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立
  • 白菜としめじの味噌汁
  • ぬか漬け
  • レタスと海苔のサラダ
  • 牛ロースおろしステーキ

白菜としめじの味噌汁

白菜としめじの味噌汁

昆布とえのきを水から煮てとった出汁に白菜もたっぷり入れた味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶとにんじんの紅白コンビ。

レタスと海苔のサラダ

レタスと海苔のサラダ

ちぎったレタスに太白ごま油としょうゆをまぶし、焼き海苔をたっぷり加えます。

牛ロースおろしステーキ

牛ロースおろしステーキ

フライパンに油をひき薄切りにしたにんにくを入れ、カリッとしたら取り出します。室温に戻して塩、胡椒を振った牛ロース肉とピーマンを同じフライパンに入れ強火で両面さっと焼いて取り出し、余熱で火を通します。一口大に切ってうつわに盛り、大根おろしを添えたら完成。

肉は100gにも満たないくらいの量だけど、焼きピーマンとたっぷりの大根おろしのおかげで、皿の上が賑やかになりました。まずは塩胡椒の味付けだけで食べて、あとはおろしポン酢で…と目論んでいたのに、うっかり先にポン酢をかけてしまった。ステーキの味付けも、副菜も和テイストなので、いつものように日本酒を添えました。和食にだって、ワイン合わせちゃえばいいんだけどね。

ワインに合うおつまみ

こんにゃくや白菜以外に何かステーキと言い張ったものはあるかいな、と考えたら、ありました。しかも私が勝手に言ってるんじゃないんですよ。立派な郷土料理なんですよ。

漬ものステーキ献立

いや、漬ものだって白菜ですけども。そして肉とは別ベクトルでありがたい魚のステーキってのもありますね。

まぐろの尾の身ステーキ献立

あれ、おかしいな。ここにも白菜が。

そろそろ本格的に冬野菜が安く美味しくなってくる時期。白菜の登場回数が飛躍的に伸びることでしょう。と、ひさしぶりの牛肉をよそに白菜の話で締めくくることになってしましたがごきげんよう。

大人のたのしい一人暮らし




関連記事

家飲み献立 12/10 干しキャベツで簡単ロールキャベツ。

今朝出掛ける時に近所の八百屋の前を通ったら、かごに山盛りのみかんが100円で売られていました。

記事を読む

家飲み献立 12/2 鶏肩肉の香味ダレ、白菜とツナの蒸し煮他全5品。

冷え取り対策のウォーキングに出かけていて発見してからとても気に入って通っているスーパー。そこ

記事を読む

青菜炒め献立

青菜炒め、トマトのナムルで晩酌。

青菜の中で最も摂取量が多いのは絶対に小松菜、だと思う。 旧住まい近くのスーパーではタア

記事を読む

新玉ねぎの卵炒め献立

フラれた日の晩酌。

会食の予定がキャンセルになり、あらどうしましょ、外で食べる気満々だったから、何にも考えてない

記事を読む

たらこ豆腐 レシピ

たらこ豆腐、菜の花のおひたし。

なんだかんだでスライド食材が多かった今週は、いつも以上に調理に時間をかけない1週間でした。

記事を読む

あみエビのだし巻き

あみエビと三つ葉のだし巻き、にら納豆献立。

あみエビ連投する中で、せっかくだから卵は焼いておこうかなと思っておりました。 景気良く

記事を読む

スパークリングワインのおつまみ 10/5 アボカドとツナのグラタンメインでワンプレート。

昨夜は友人と外食。 参考 鶏のあちこちを串で楽しむ。白金高輪 「酉玉」 焼き鳥を

記事を読む

おひとりさまの家飲み セロリ葉のサラダ、トマトのオイルマリネ。

昨日はワインが吞みたくなったので、近所の美味しいパン屋さんへ。 いつも行くスーパーと正

記事を読む

アンチョビブロッコリー献立

アンチョビブロッコリー、具沢山納豆献立。

ブロッコリーにアンチョビの組み合わせは白ワインの鉄板つまみですね。 が、今日は日本酒で

記事を読む

蕪と手羽先のしょうがあんかけ、梅えのき納豆献立。

本体はアメリカにおりますが、撮りためていた晩酌献立を。クリスマスとはおよそ無関係です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑