牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

公開日: : 最終更新日:2020/12/01 家飯

ステーキ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは肉に限らずなにがしかの素材をフライパンで焼いたものであるケースが多い。

たとえば、こんにゃくとか。もしくは、白菜とか。

カヴァで家飲み、白菜ステーキ

しかし本日は正真正銘の肉。しかも牛肉であります。

おろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

おろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立
  • 白菜としめじの味噌汁
  • ぬか漬け
  • レタスと海苔のサラダ
  • 牛ロースおろしステーキ

白菜としめじの味噌汁

白菜としめじの味噌汁

昆布とえのきを水から煮てとった出汁に白菜もたっぷり入れた味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶとにんじんの紅白コンビ。

レタスと海苔のサラダ

レタスと海苔のサラダ

ちぎったレタスに太白ごま油としょうゆをまぶし、焼き海苔をたっぷり加えます。

牛ロースおろしステーキ

牛ロースおろしステーキ

フライパンに油をひき薄切りにしたにんにくを入れ、カリッとしたら取り出します。室温に戻して塩、胡椒を振った牛ロース肉とピーマンを同じフライパンに入れ強火で両面さっと焼いて取り出し、余熱で火を通します。一口大に切ってうつわに盛り、大根おろしを添えたら完成。

肉は100gにも満たないくらいの量だけど、焼きピーマンとたっぷりの大根おろしのおかげで、皿の上が賑やかになりました。まずは塩胡椒の味付けだけで食べて、あとはおろしポン酢で…と目論んでいたのに、うっかり先にポン酢をかけてしまった。ステーキの味付けも、副菜も和テイストなので、いつものように日本酒を添えました。和食にだって、ワイン合わせちゃえばいいんだけどね。

ワインに合うおつまみ

こんにゃくや白菜以外に何かステーキと言い張ったものはあるかいな、と考えたら、ありました。しかも私が勝手に言ってるんじゃないんですよ。立派な郷土料理なんですよ。

漬ものステーキ献立

いや、漬ものだって白菜ですけども。そして肉とは別ベクトルでありがたい魚のステーキってのもありますね。

まぐろの尾の身ステーキ献立

あれ、おかしいな。ここにも白菜が。

そろそろ本格的に冬野菜が安く美味しくなってくる時期。白菜の登場回数が飛躍的に伸びることでしょう。と、ひさしぶりの牛肉をよそに白菜の話で締めくくることになってしましたがごきげんよう。

大人世代がひとりで暮らす




関連記事

夏野菜の焼きびたし

夏野菜の焼きびたし、ちくわチーズ揚げ。

てんぷらとかとんかつとか、揚げ物は基本的に 「お店で食べるもの」 と考えています

記事を読む

澤乃井しぼりたて純米生原酒

東京の酒 澤乃井 純米生原酒しぼりたてで晩酌、塩肉じゃが 献立。

今年ラストの日本酒全国ツアーは、一周回って東京の酒。 勝手に日本酒全国ツアー そ

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全国ツアー 今回は高知の酒

記事を読む

砂肝のにんにく炒め

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

天気のせいでしょうか、スーパーの品揃えが不作です。 毎日お世話になっているのに不作など

記事を読む

福井の酒 白龍 純米吟醸

福井の酒、白龍純米吟醸で晩酌。焼ききたあかり、ほうれんそうのからし和え献立

お久しぶりの日本酒ツアーです。 2020年4月以来、まさかの今年2発目。なにしろ

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し

一人晩酌献立 鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し、水菜と油揚げのサラダ。

週末に外食が続いたせいか、山盛りの野菜が食べたくて食べたくて。 そうでなくても基本葉野菜を

記事を読む

カシラの塩焼きねぎダレ

カシラの塩焼きねぎダレ、紫大根のサラダ献立。

紫大根ってすごい色ですね。なんという鮮やかさ。 めったにお目にかかることはないこの大根

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、豆苗と卵の炒めもので晩酌。

先日に引き続き鯖缶メニューです。 鯖の水煮缶詰は割と大きめのタイプが多いので一食で全部

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑