漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 家飯, 食べること ,

漬物ステーキ

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

そう考えて毎度多めに白菜漬けを準備していたのですがついついうっかり食べきってしまうというミスを数回繰り返しておりました。

今回ようやくかなり漬かった白菜と塩もみ大根をタイミングよく余らせることに成功。

ちょっと豪華に豚肉入りにしてみました。

家飲みつまみ 漬物ステーキ、トマト納豆

漬物ステーキ献立

  • セロリのスープ
  • タアサイの辛子和え
  • トマト納豆
  • 漬物ステーキ

セロリのスープ

セロリのスープ

先日作った蒸し鶏のスープをベースにたっぷりのセロリとセロリ葉を入れたスープ。ナンプラーで味付けしようかと思ったのですがスープ自体の塩気とセロリの風味で十分だったので胡椒を振るだけにとどめました。

タアサイの辛子和え

タアサイの辛子和え

出汁割しょうゆで辛子を溶いたものに茹でたタアサイをしっかり浸したもの。

トマト納豆

トマト納豆

付属のタレで和えた納豆にトマトと大葉の千切りをのせただけ。オリーブオイルと黒胡椒を少々。

漬物ステーキ

漬物ステーキ

フライパンにごま油を熱し、豚薄切り肉を炒めます。色が変わったところで水気を切った漬物を加え炒めあわせ、醤油を少々。最後に溶き卵を加えて全体をまとめたら完成。ネギと鰹節をのせて。

うん、やっぱり美味いね。

漬物ステーキは本場モノを見たことも食べたこともないのでこれが正解なのかどうなのか皆目わかりません。調べるとバターを使うレシピが多くてそれも惹かれなくはないのだけど、やっぱり少々重いかなあと及び腰にて今回もごま油を使用。いずれにしても、漬物を炒めるってのが酒に合わないわけがない。豚キムチとか、高菜漬けとか、あのあたりもそうだよねえ。

日本酒にあうおつまみレシピ

豚肉を追加することでグッとメイン的な表情を見せるこの炒めもの。むしろ卵はなくても十分つまみとして戦える気がしますが、豚肉と2種の野菜の漬物、卵という異なる歯ごたえが一体となる感じがまた楽しいんですね。何より簡単だし、わざわざ漬物を余らせたくなる一品。しかしちょっとたんぱく質多すぎたか。納豆もあるし。

さて、そろそろ白菜漬けの季節も終了。ということはぬか漬けシーズン突入ですね。
次の旅から戻ったらぬか漬けに移行しよう。で、古漬けにしてまた炒めものにして楽しもう、そうしよう。などとあまりにもささやかすぎる夏の計画を立ててご満悦の晩酌時間なのでした。

 




関連記事

家飲み献立、鶏豆腐、椎茸と三つ葉の和え物。

寒い寒いと暖を求めてのあたたかメニュー続き、ということで鶏豆腐です。 毎度書いていま

記事を読む

家飲み献立 11/18 キャベツステーキ、干し野菜のスープ。

風の強い1日でした。 帽子を被って出かけていたのですが、何度も飛ばされそうになって押さえな

記事を読む

トマトと紫蘇のサラダ

トマトと大葉のサラダ、なめこ納豆。

桜咲き始めてますね。 早咲きの種類なのでしょうか、ちらほらと花が開いているのを目にする

記事を読む

晩酌 おつまみ 秋刀魚の生姜蒸し、焼きレンコン。

この秋秋刀魚も3匹目。 日本人が食べる秋刀魚の量は平均すると3匹程度らしいのですが、あれ?な

記事を読む

焼き大根、ピーマンの丸煮献立

焼き大根、ピーマンの丸煮で晩酌。

焼き大根、ピーマンの丸煮。 地味野菜ばっかりじゃないかこの草食が、と罵られそうな献立で

記事を読む

天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌。

前回の帰省時に引き続き、今回も贅沢なお取り寄せで家族に恩を売る作戦を実行致しました。

記事を読む

鱈(たら)豆腐の献立

たら豆腐、白菜のサラダで晩酌。

帰宅途中電車に揺られながら今夜の晩酌のことを考えていてふと鱈が食べたいな、と思いました。

記事を読む

里芋とベーコンの味噌汁 新玉ねぎのサラダ 水菜とえのきの塩ワサビ和え 白菜の黒酢炒め

白菜の黒酢炒め、ベーコンと里芋の味噌汁献立。

久しぶりに焼酎を導入しました。 これからの季節、ビールが登場する日が増えそうではありま

記事を読む

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

家飲み献立 10/21 豚と白菜のかさね蒸し、ニラだれ温奴など。

私の趣味のひとつにご近所店舗パトロールというのがあります。 これは帰り道に点在しているスー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑