カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

160408wine3

そろそろ冷やすかな。

1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡でも行きますか、という気分が盛り上がる季節がやってまいりました。まあ寒い時期でも呑むときは呑んでるんですけども。

さて泡のお供は何にするかと考えるも、冷蔵庫には生ハムがあるしなんだか野菜もあれこれ残っている。

結局バケットだけ買ってありもので済ませました。

白菜ステーキ、アボカドのグラタンで家飲み

カヴァで家飲み

アボカドのグラタン

アボカドのグラタン

アボカドをくりぬいて1cm角に切り、オリーブオイルと塩胡椒で味付けして皮に詰め、チーズをのせて焼いたもの。エビかツナか、何か具を入れようかと考えたのだけど、ハムもあることだし今回はシンプルに。

白菜ステーキ

白菜ステーキ

白菜の芯の柔らかい部分を弱火でじっくり焼いたもの。オリーブオイルで焼いて最後にトリュフ塩で味付けしました。毎度お馴染み焼いただけ野菜ですが、白菜をどかんと焼くとステーキ然とするよねえ、しませんか。

素っ頓狂な盛り付けの言い訳をさせてもらうと、当初の予定では丸皿に全ての料理を盛るつもりでした。が、焼けた時点で白菜が多いの他汁っぽいことに気づき、これじゃあ生ハムが水浸しというか白菜汁浸しになってしまう、と急遽小皿に退避。大皿には白菜とバケットだけが残されたのでした。なんだかなあ。

ワインを飲む日のおつまみ

葉野菜中心の軽めディナーだったけど、美味しい酒が呑めて満足。辛口のカヴァですっかりご機嫌になった私は夜の散歩に出かけたのでした。

なんか酒呑んで気分がよくなるとふらふら歩きたくなるのは私だけでしょうか。これが気分よくなるを通り越す量になると歩くよりさっさと寝たくなるんですけども。そして夜に散歩したくなるのは気候のいい時期だけと決まっているんですけども。意外に冷静。

そろそろ4月も中盤。これからは頻繁に夜の散歩に出かけることになりそうです。

 




関連記事

大根の塩昆布サラダ

大根の塩昆布サラダ、焼き葱と豆腐の味噌汁で家飲み。

和えものやサラダなど簡単で野菜が多くとれる料理が好きなので気付けば冷菜ばかりの献立になってい

記事を読む

ささみの葱塩ダレ

ささみの葱塩ダレ、キャベツの卵焼き献立。

ささみってアスリートの食材って感じしますよね。 しませんか。 高たんぱく低脂肪で

記事を読む

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさ

記事を読む

豚とごぼうの柳川煮

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌。

最近ごぼうを食べてなかったなあ。 ごぼう、好きなんだけどキャベツやら白菜やら大根やらと

記事を読む

家飲みおつまみメニュー 9/16 焼き厚揚げ、エリンギの吸い物。

豆腐、納豆、油揚げなどの豆製品は毎日何かしら登場させています。 これは健康のため、とか

記事を読む

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

岩手の酒あさ開純米吟醸

岩手の酒 あさ開 純米吟醸ひやおろしで晩酌 タアサイと豚肉のしょうが炒め、かぼちゃの塩煮。

勝手に日本酒全国ツアー、順調に進んでおります。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 自宅で全

記事を読む

きのこ鍋で晩酌。

寒ッ! なにこれ、すっかり春気分だったのにこの裏切り者! と悪態をつきたくもなる

記事を読む

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

福寿・神戸カップ

兵庫の酒 福寿 神戸カップで晩酌 豚肉と豆苗のおろし和え、白菜のしょうがスープ。

2016年の日本酒ツアーは兵庫県からスタートです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑