むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

しめじの黒酢スープ なすの浅漬け キャベツと卵のニョクマム和え むね肉のにらだれ

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

蒸し鶏のねぎソース、たたききゅうりのにんにく風味献立。

しかし、脳内で組み立てた献立を脳内でおさらいし、いやいや、ここは焼きか、と思い直す。

ゆで卵にゆでキャベツにスープ。なんだか、ゆで系ばっかりになっちゃうからねえ。

むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和えで晩酌

むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え

  • しめじの黒酢スープ
  • なすの浅漬け
  • キャベツと卵のニョクマム和え
  • むね肉のにらだれ

しめじの黒酢スープ

しめじの黒酢スープ

鶏がらスープでしめじを煮て水溶き片栗粉でとろみをつけます。黒酢をたらして小ねぎをちらしたら完成。

なすの浅漬け

なすの浅漬け

細く切ったなすを塩もみし、おろししょうがとごまをまぶします。

キャベツと卵のニョクマム和え

キャベツと卵のニョクマム和え

半熟ゆで卵とゆでキャベツをニョクマムで和えます。

むね肉のにらだれ

むね肉のにらだれ

刻んだにらとしょうゆ、酢、ごま油、ごま、小口に切った唐辛子、ごまをあわせたたれをしばらく馴染ませます。むね肉は繊維を断ち切るように一口大にそぎ切りし、塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけます。油を引いたフライパンにむね肉を入れ両面焼き色がつくまで焼き、うつわに盛り、にらだれをかけたら完成。

むね肉のにらだれ

ふわっとやわらかで淡白なむね肉とパンチのあるにらだれの組み合わせ。今日は献立の都合で焼きにしたけれど、もちろん蒸しでもいいし、豆腐にかけるとか、そうめんにのせるとかもいいですね。ピリ辛味を受け止めるべく、今宵はビールで。

ビールのおつまみ

あ。蒸し鷄作成でできる副産物でスープを作るつもりだったのに焼いちゃった。と、メニュー変更してすぐ気がつきました。豚や鶏のゆで汁系はスープに流用できるのがいいですね。肉だけじゃなくて、魚の出汁も使えます。

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

副産物がない今日みたいな日はお手軽な顆粒がらスープを使っちゃいますけど、素材から出る出汁をいやしく食べ尽くす行為には妙な満足感があるので、結構好きなのです。

ナンプラーがあれば ダシはいらない

 




関連記事

たらとわかめのしょうが蒸し献立

たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの関係で、またまた気持ち悪い色合

記事を読む

鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し

家飲み献立 2/15 鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し、茹でキャベツの卵ソース。

外食が続いてしまったので久しぶりの自炊、と思ったけど、家で食べなかったのはたった2日間だけだった

記事を読む

ニラ納豆、焼き人参献立

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁

記事を読む

白菜漬け キャベツの塩昆布和え 納豆汁 蕪とツナのしょうが蒸し焼き

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

またまた撮りための晩酌献立。 そろそろ冷蔵庫を空っぽにしたい時期だったこともあり、買い

記事を読む

大根葉と油揚げの炒め煮献立

大根葉と油揚げの炒め煮、きのこおろし献立。

大根は煮たり焼いたりおろしたり、どんな風に扱うのも好きです。 そして、大根葉も好きです

記事を読む

せせり塩焼き

せせり塩焼き、つるむらさきのおひたし。

徒歩圏内に使えるスーパーが何軒もあるのはとても便利なもの。 葉物が安い、たんぱく質に強

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

ピーマンの卵とじ献立

私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

記事を読む

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

きつね納豆で晩酌

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑