休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 家飯, 食べること ,

そら豆ごはん献立

そら豆のおすそ分けをいただきました。今年はまだ家で食べていなかったので、ありがたい。

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

塩ゆでにするだけで立派な酒のつまみになるそら豆ではありますが、本日は週明けの休肝日ゆえ、そら豆ごはんにしてみました。

そら豆ごはん。食べるのも作るのも、100年ぶりくらい。相当久しぶりなので、妙に緊張します。

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

  • 水菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • 塩トマト
  • 釜揚げえび入りそら豆ごはん

水菜の味噌汁

水菜の味噌汁

いりこ出汁で細切りにした油揚げを煮て味噌を溶き入れ、最後に水菜を加えた味噌汁。水菜は火を通し過ぎないよう仕上げ、シャキシャキ感を残します。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、大根とにんじん。

塩トマト

塩トマト

一口大に切ったトマトに粗塩を振っただけ。

釜揚げえび入りそら豆ごはん

釜揚げえび入りそら豆ごはん

米は洗って吸水させ、昆布、塩、酒、洗ったそら豆のさやと一緒に炊きます。ごはんが炊き上がったら昆布とさやを取り除き、塩ゆでにしたそら豆と釜揚げえびを加えてさっくり混ぜたら完成。

おかずと一緒に食べるならばこのままでも十分美味しいそら豆ごはんですが、買い物に行って目についた「釜揚げえび」なる愛知産の小海老を混ぜ込んでみたところ、塩加減がちょうどよく、旨味も加わりいい塩梅に仕上がりました。薄味のそら豆ごはんに何かしらのアクセントをつけるなら、しらすもいいし、塩昆布とかしょうがの千切りを混ぜ込むのもいいなあ。などと、妄想は広がる。

味付けごはんはそう頻繁には作らないけれど、たまに食べるとしみじみ味わい深くてホッとします。ごちそう、ごちそう。

休肝日の献立

そら豆をごはんを作ると決めたらば、まず考えるべき、決断すべきことがあります。それは、豆をごはんと一緒に炊き込むか、それともそら豆の鮮やかな緑を保てる混ぜごはん形式にするか、という問題。

しばし迷った結果、今回は色を優先することに。そら豆の風味をごはんにつけるには、さやを炊き込むとよいという情報を信じて試してみたところ、豆炊き込み方式同様に、ふわっと青い香りただようごはんが炊き上がったので満足です。

そういやとうもろこしごはんも芯の部分を入れて炊き上げれば香りがより強くなるらしい。可食部以外もいろいろ使い道があるってことですね。

 




関連記事

手羽元のレモン煮献立

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。 生ハムとマッシュルームのバケットグ

記事を読む

カヴァで家飲み 11/3 秋鮭と春菊のグラタン。

最近すっかり春菊づいている我が家の食卓。 ひと束買ったら、一人暮らしはとても1日では消

記事を読む

焼きレンコン

焼きレンコン、ニラの卵とじで一人晩酌。

近所に小さな八百屋さんを発見して早くも愛用しています。 かなり小さな店で大型スーパーと

記事を読む

やりいかとじゃがいものオイル煮

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

先日ひいかを煮てたいそう旨かったものですから。 ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラ

記事を読む

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージが強い野菜。よって、冬場に手を

記事を読む

あさりと白ねぎライム塩

あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料を使った献立の順番が回ってきて

記事を読む

キャベツの塩昆布炒め

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め献立。

野菜を塩昆布で和える。いまや定番の酒のつまみですね。 手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮のレシピと献立

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野

記事を読む

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑