休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 家飯, 食べること ,

そら豆ごはん献立

そら豆のおすそ分けをいただきました。今年はまだ家で食べていなかったので、ありがたい。

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

塩ゆでにするだけで立派な酒のつまみになるそら豆ではありますが、本日は週明けの休肝日ゆえ、そら豆ごはんにしてみました。

そら豆ごはん。食べるのも作るのも、100年ぶりくらい。相当久しぶりなので、妙に緊張します。

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

  • 水菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • 塩トマト
  • 釜揚げえび入りそら豆ごはん

水菜の味噌汁

水菜の味噌汁

いりこ出汁で細切りにした油揚げを煮て味噌を溶き入れ、最後に水菜を加えた味噌汁。水菜は火を通し過ぎないよう仕上げ、シャキシャキ感を残します。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、大根とにんじん。

塩トマト

塩トマト

一口大に切ったトマトに粗塩を振っただけ。

釜揚げえび入りそら豆ごはん

釜揚げえび入りそら豆ごはん

米は洗って吸水させ、昆布、塩、酒、洗ったそら豆のさやと一緒に炊きます。ごはんが炊き上がったら昆布とさやを取り除き、塩ゆでにしたそら豆と釜揚げえびを加えてさっくり混ぜたら完成。

おかずと一緒に食べるならばこのままでも十分美味しいそら豆ごはんですが、買い物に行って目についた「釜揚げえび」なる愛知産の小海老を混ぜ込んでみたところ、塩加減がちょうどよく、旨味も加わりいい塩梅に仕上がりました。薄味のそら豆ごはんに何かしらのアクセントをつけるなら、しらすもいいし、塩昆布とかしょうがの千切りを混ぜ込むのもいいなあ。などと、妄想は広がる。

味付けごはんはそう頻繁には作らないけれど、たまに食べるとしみじみ味わい深くてホッとします。ごちそう、ごちそう。

休肝日の献立

そら豆をごはんを作ると決めたらば、まず考えるべき、決断すべきことがあります。それは、豆をごはんと一緒に炊き込むか、それともそら豆の鮮やかな緑を保てる混ぜごはん形式にするか、という問題。

しばし迷った結果、今回は色を優先することに。そら豆の風味をごはんにつけるには、さやを炊き込むとよいという情報を信じて試してみたところ、豆炊き込み方式同様に、ふわっと青い香りただようごはんが炊き上がったので満足です。

そういやとうもろこしごはんも芯の部分を入れて炊き上げれば香りがより強くなるらしい。可食部以外もいろいろ使い道があるってことですね。

 




関連記事

にんじんとねぎのサラダ

豚バラとキャベツの味噌炒め、にんじんとねぎのサラダ献立。

豚肉とキャベツの味噌炒め。回鍋肉ってヤツですね。 常日頃から実は野菜炒めは難しい料理で

記事を読む

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮

さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたまりがちです。 ブログを書

記事を読む

稲里純米 磯蔵酒造

茨城の酒 稲里純米で晩酌 ピーマンの卵炒め、蒸し鶏と小松菜の和えもの。

昨日は珍しく1合缶。 当然あっという間になくなったので補充が必要です。 最近近所の

記事を読む

きぬかつぎ

白菜と蒸し鶏の梅和え、きぬかつぎ献立。

白菜が幅をきかせてまいりました。 白菜愛好家としては何かと捗るこの季節。どかんと大きい

記事を読む

金目鯛のかぶと煮、なすのねぎ塩和えで晩酌

金目鯛のかぶと煮、蒸しなすのねぎ塩和え献立。

また目が合ってしまった。 どうして私はこうも魚のあらに弱いのでしょうか。 大根と

記事を読む

肉豆腐の卵とじ、白菜とツナの温サラダ。

東京もうっすら雪が積もった今日。 昨夜から今日は寒くなると覚悟してはいたけれど、久しぶ

記事を読む

鯛のかぶと煮献立

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立。

習慣で日々の晩酌献立を撮影し、ちまちまと記録し続けております。 暮らしの定点観測のすす

記事を読む

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

家飲み献立 11/12 大根と手羽中の煮物、トマトのしょうが蒸しなど。

今日は寒かったですね。 昼から晴れるという予報だったので信じていましたが、結局さほど気

記事を読む

塩鮭の粕汁、菜飯献立。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

週の初めは休肝日、今週もノンアルコール献立でスタートです。 寒い日が続いたので、粕汁が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑