あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

あじとこんにゃくの梅煮

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。

牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。

何にして食べようかな、と考えていたところで目に入ったのは、あじと一緒に煮付けるレシピ。

魚とこんにゃくを煮る? なにその組み合わせ。

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁で晩酌

180621_ienomi_7

  • 水菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • 新玉ねぎとわかめのサラダ
  • あじとこんにゃくの梅煮

水菜の味噌汁

あじの頭出汁の味噌汁

あじの頭で出汁を取った味噌汁。頭出汁をシンプルに味わうべく、具は水菜のみ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはおくら、セロリ、にんじんの3種盛り。大好物のおくらのぬか漬け、今季初登場です。

新玉ねぎとわかめのサラダ

新玉ねぎとわかめのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとわかめをポン酢とオリーブオイルで和えたサラダ。鰹節をのせて。

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮

フライパンに酒、みりん、しょうゆ、みりんを煮立て、うろこ、ぜいご、頭とお腹を取り除いて切れ目を入れたあじ、下ゆでして小さくちぎったこんにゃくを入れ落し蓋をして煮ます。梅干しをちぎって入れてさらに煮て、最後は水分を飛ばすように軽く煮詰めから完成。

魚とこんにゃくとは謎だなあ。と思ったけど、よくよく考えたら粕汁もそうだった。ふっくらしたあじはもちろん、プリッと煮えたこんにゃくも非常に美味。これはいい組み合わせだなあ。純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日のメイン、元ネタはアプリ「土井善晴の和食」。落としたあじの頭を味噌汁の出汁に使うのも土井先生の教えでございます。詳しいレシピや調味料の割合などはアプリでご確認を。

最近はめっきり新しいレシピ本を見ることがなくなりました。理由は、調理が毎日続いているから。どんな料理を作ろうかと考えるのではなく、今あるものに何を足してどんな献立を構築するかというスタイルになってしまったので、新しいレシピを開拓するテンションではなくなってきた、のでしょうか。

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

でもたまにこうしてプロのレシピを見るとさすがだなあと唸ってしまう。あじの梅煮は普通につくるけど、そこにこんにゃくを入れようという発想は、私にはないもの。たまには新しい風も入れなきゃですね。

レシピ本といえば、最近みた「白崎裕子の必要最小限レシピ ――料理は身軽に」もよかったなあ。

塩だけ、フライパンとせいろで、手間いらず。
必要最低限の味つけ・調理器具・時間で、旬の食材をおいしくできる調理法を、プロセス写真入りで紹介します。

まさに必要最低限。塩を使うタイミングによっても出来上がりが変わるとか、そういうちょっとした、だけど確固たる正解がわかっているのといないのとでは、料理に対する意識は変わってくる。魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ、という言葉が頭に浮かぶ1冊です。

 




関連記事

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

豚肉と小松菜のおろし炒め

豚肉と小松菜のおろし煮、蒸しなすの揚げ玉和え献立

ご近所の八百屋を覗いてああ野菜の価格も随分落ち着いてきたなあとホッとしながら帰宅したらニュー

記事を読む

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。 まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だし、冷凍できるのも当然といえば

記事を読む

療養中の晩ご飯 8/5 鶏出汁卵とじうどん。

療養中、ってのも大げさですが。 ぎっくり腰発症当日はそもそも呑まず食わずの休肝日設定曜

記事を読む

小松菜の卵とじ献立

小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。 連休前から旅行に出かけ

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

岩手三陸 恋し浜ホタテのお取り寄せで贅沢晩酌。

先日、オンラインマーケットスマホアプリ・ポケットマルシェさんにご協力をいただきナイス贅沢をさ

記事を読む

賀茂鶴特製ゴールド大吟醸

広島の酒 特製ゴールド賀茂鶴 大吟醸 まぐろカマの塩焼きで晩酌。

近畿地方が終了し、さらにコマを進めます。 ツアー開始序盤になぜか島根は済ませてしまったので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑