かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

公開日: : 最終更新日:2018/10/17 家飯, 食べること ,

鰹のたたき献立

これくらいのサイズなら、どうにか戦えそうではある。そう判断して、かつおを柵で入手しました。

刺身もたたきも切ったものが売られているけれど、こうね、ガツンと分厚く切ってドカンと盛る豪快さも、たまには欲しい。

皮目を直火でパリッと焼いたものをたたきとするならば、今回は皮なしゆえに出来上がるのは似て非なるもの。

しかし、まあ、気分ってことで軽く表面を焼いていただきます。

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸しで晩酌

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

  • とうふと三つ葉のすまし汁
  • ぬか漬け
  • 白菜の塩昆布蒸し
  • かつおのたたき

とうふと三つ葉のすまし汁

とうふと三つ葉のすまし汁

鰹節と昆布の出汁を塩としょうゆで薄く味付けしたすまし汁。実は豆腐と三つ葉。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、大根、キャベツの三種盛り。

白菜の塩昆布蒸し

白菜の塩昆布蒸し

ざく切りにした白菜をフライパンに入れ、塩昆布と酒をまわしかけて蓋をして火にかけます。そのまま白菜がくったりするまで蒸し煮にして、汁ごとうつわに盛ります。

かつおのたたき

かつおのたたき

フライパンに油を引き、かつおの表面をさっと焼きます。やや厚めに切り分けて、薄切りにして水にさらした新玉ねぎ、にんにく、大葉と共にうつわに盛り、レモンを添えます。

さあ、問題は何で食べるかですよ。

このままポン酢を回しかけていくのもよし、しょうがじょうゆとレモン汁でいくもよし。迷うところではありますが、序盤は粗塩とわさびの合わせで、終盤はポン酢で野菜をワシワシといきました。

塩たたき、好き。添えるはもちろん、日本酒です。

おつまみレシピブログ

自宅での魚料理はほぼ蒸すか煮るか焼くかで、刺身類はほぼ食べません。理由は、外で食べた方が断然旨いからです。自分では到底再現可能なちゃんとした仕事が施された刺身が好みだからです。よって、今回は珍しいやつ。売り場でうっかり見かけて射抜かれたやつ。そりゃ藁焼きの風味も何もないのでアレですけども、これはこれで楽しめました。柵はいい、されど引き切りの難しさよ。

今年はじめての塩昆布

まつのはこんぶ

ところで塩昆布が久しぶりに登場しました。ずいぶんご無沙汰ですねと最終登場日を確認してみたならば、なんと去年の秋から交流が途絶えていたではありませんか。

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

あればあったで頻繁に使うのに、切れたらその後数ヶ月ないままに回してしまうとは。

いえね、ただこの後2ヶ月程家を空けるのがわかっていたので買い足さなかった。そして、そのまま現在に至るまで買いそびれていた。それだけです。先日日本橋にいる時に思い出し、ようやく入手したというわけです。

塩昆布なんて今日日コンビニでも売ってるのだから(多分)、数ヶ月つなぎの品を調達すればいいのです。そして電車代より送料のほうが安いんだから取り寄せすればいいのです。

まつのはこんぶ 花錦戸 をお取り寄せ。

なのに、しないんだな。じっと再会のチャンスを伺っていたんだな。会えない時間で愛育てたので、今後はまたまた使いまくります。

 




関連記事

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

鶏のくわ焼き

鶏のくわ焼き、柿としめじの白和え献立。

季節の柿です。 果物としての柿にはまるで興味が湧かないというのに、酒のつまみ材料として

記事を読む

鶏団子と大根のスープ煮

鶏団子と大根のスープ煮、焼きブロッコリー献立。

本日の献立はやや変則パターンで、サラダと、焼き野菜と、スープ煮。そして漬けもの。 いつ

記事を読む

ズッキーニのレシピと献立

新しい出会いを阻む思い込み。

この夏、いきなりズッキーニが好きになりました。 食べたことはあるけれど、積極的には手

記事を読む

塩つくね

焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。 と勘違いして酒を買わずに帰宅し

記事を読む

煮こごり

焼き油揚げの納豆のせ、煮こごり献立。

油揚げに納豆を詰め込むきつね納豆。ここではちょくちょく登場する定番つまみです。 きつね

記事を読む

台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。 道中で最も長く滞在したのは台南。

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。 本日は、生で食べます。

記事を読む

手羽先のローズマリー焼き

ワンプレートに白ワイン 手羽先と野菜のローズマリー焼きで昼酒。

先日ワインを飲んだ時に、つまみを一皿に盛ればよかったな、と思ったものですから。 関連

記事を読む

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑